一般的に原因がはっきり解明されていないモートン病ですが、それでも人によって、なりやすい条件があるようです。以下に当てはまる方は注意が必要かもしれません。

 

■扁平足(偏平足)

扁平足とは、足の裏が平らで、土踏まずがほとんどみられない足のことを指します。歩く際に、通常、体重が親指側へ移動するはずが、人差し指・中指・薬指の付け根あたりで止まってしまい、モートン病の発症箇所となる滑液包や神経腫に負荷がかかりやすくなります。

 扁平足の図

■外反母趾

幅の狭い靴などで圧迫されて親指の先端が曲がってしまい、その結果、親指の付け根が外側へ突き出てしまった状態を外反母趾といいます。親指が正常に機能しないため、体重移動が不安定になりやすくなってしまっています。

外反母趾_ の図

 

■内反小趾

内反小趾は、小指が親指側へねじれるように変形し、小指の付け根が外側へ出っ張ってしまっている状態です。これもまた、足裏のバランスが不安定であるため、モートン病を発症しやすくなっている状態といえます。

 内反小趾_の図

■開帳足

本来、足指の付け根は、衝撃を上手く吸収するためにやわらかな横アーチを形成しているのですが、開帳足の場合、横アーチが崩れて平らに広がってしまっています。この状態で過剰な負荷が加えられると衝撃を上手く吸収できず、神経への圧迫も避けられないでしょう。

開張足 

■女性

実はモートン病は、女性の発症が圧倒的に多いとされています。その要因のひとつと考えられているのが、ハイヒールです。ハイヒールはつま先部分が非常に狭くなっており、しかもかかとが高くなっているため、余計に足指付近に負荷がかかりやすくなっているのです。

 

 基本的に、土踏まずがなかったり、足指の変形によってアーチが上手く機能していない方は、モートン病など足の疾患を発症しやすいといっていいでしょう。

また、現時点で足が正常だとしても、ハイヒールなど幅の狭い靴を愛用している方は注意が必要ですね。

 

>>「モートン病の本当の原因と治療法」について詳しくはこちらから

エミタス整体

東京飯田橋院:千代田区飯田橋1丁目8−9−301 03-5213-4868

埼玉川越院 :埼玉県川越市広栄町17−9 049-257-5715