秋の気配に包まれたこの時節、心地良い空気を感じながら、日常の合間にゆったりと読書を楽しんでいるという方もいらっしゃるかと思います。

読書は、感性が磨かれるほか様々な健康効果をもたらしますが、悪い姿勢で長時間没頭し続けるなど、読み方によっては視力低下につながる場合があるので注意が必要です。

視力低下の直接的な原因は、目のピントを合わせる筋肉の不調にあります。ピントが適切に調整できなくなることで、視界がぼやける、物が二重に見えるなどの症状を引き起こすのです。

対策としては、本と顔の距離を40cm以上は置く、姿勢に気をつける、時折休憩をはさむなどのほか、ピントを調節する筋肉を鍛えるのも有効とされています。

視力低下の原因

視力低下の原因は様々ですが、最も一般的とされているのが、毛様体筋の不調によるピント調節機能の不具合です。  

毛様体筋は目の焦点を変える筋肉(内眼筋)の一種であり、水晶体を調節する働きをしています。水晶体はカメラでいえばレンズの役割を果たし、近くを見るときは毛様体筋の収縮によって厚くなり、遠くを見るときは毛様体筋が弛緩し薄くなります。

このように毛様体筋が水晶体の厚さを調節し遠近にピントを合わせることで、私たちは見たいものをはっきり見ることができるのです。

そんな毛様体筋ですが、近くばかりを見続ければ筋肉の緊張(収縮)が続き、疲労が蓄積してしまいます。疲労によって毛様体筋の機能が鈍ると目のピントが合いづらくなり、結果として視力低下に至るのです。特に長時間の場合は、水晶体が厚くなったまま元に戻りにくくなり近視の原因になります。

パソコンやスマホ、読書などは常に近くを見続けますから、毛様体筋の緊張もずっと続くことになります。また、これらに没頭している人によくみられるのが、姿勢の悪さです。

集中するあまり前かがみの姿勢になると、対象物との距離がさらに近くなって毛様体筋にさらなる負荷を与えますし、血流も悪化します。血流の悪化は、目に関わる様々な筋肉の機能低下をもたらすでしょう。また、ねこ背が癖になると頸椎のゆがみを引き起こし、視神経を圧迫するともいわれています。

目の断面図

視力低下を引き起こす病気

特に明らかな異常がなければ、視力低下の主な原因は目に関わる筋肉の不具合などにありますが、病気が視力低下を引き起こす場合もあります。例えば、次のような疾患がそれに該当します。

白内障
水晶体が白く濁り、視力低下を引き起こします。原因のほとんどは加齢とされています。眼鏡やコンタクトレンズでの矯正は不可ですが、医療機関での治療によって回復は可能だそうです。

緑内障
何らかの原因で視神経が圧迫されることで視力低下や失明を引き起こす病気です。一般的には、眼圧(眼球内部の圧力)の上昇が原因とされています。障害された視神経を回復する方法はありませんが、治療によって進行を遅らせたり、失明を回避することは可能なようです。

加齢黄斑変性
眼球内部の網膜で視力の中心的役割を担う、黄斑と呼ばれる部分に変性が生じ、視力低下を引き起こします。主な原因は、加齢による網膜の傷害です。治療法としては、抗VEGF薬という薬剤を用いた注射が一般的です。

糖尿病網膜症
糖尿病の合併症として発症し、視力低下を引き起こします。原因は、血糖値上昇による網膜の血管障害です。血糖コントロールなどのほか、レーザー光凝固術、硝子体手術、抗VEGF薬の注射が治療として行われます。

網膜剥離
眼球内側の網膜が剥がれてしまう疾患です。視力低下はもちろん、失明に陥るケースもあります。原因は様々で、加齢による変性のほか、頭部や眼球への衝撃が引き金になるケースもあるようです。治療法としては、レーザー光凝固術、硝子体手術、網膜復位術が知られています。

 

視力低下を防ぐための対策

ホットアイマスクをする女性

視力を低下させないための対策としては、パソコンの使用、スマホ操作、読書などを長時間行うときには必ず休憩をいれるということです。「疲れたな」と一瞬でも感じたなら、目を離して毛様体筋の緊張を解いてあげましょう。

このとき、おすすめなのが遠くを見ることです。毛様体筋は近くを見るときは緊張しますが、遠くを見るときには弛緩しリラックス状態になります。つまり、遠くの景色を見ているとき、毛様体筋は休んでいるのです。時折、遠くの物や景色を眺めて、毛様体筋を休ませてあげましょう。

また、ただ休ませるだけでなく、遠近を交互に見るのを繰り返すことで、毛様体筋が鍛えられ、視力のトレーニングにもなります。

ほかにも、目をホットタオルで温める、目の周りを優しくマッサージする、目の周囲のツボを押すなども効果があるそうです。

ただしこれらはあくまで、症状が軽度の場合だったり、予防的な対策です。明らかな異常を感じた場合は速やかに医療機関を受診しましょう。

遠くの景色をみる

エミタス整体