ホーム > 適応症例 > 足底筋膜炎

足底筋膜炎を最短で治す。
本当の原因とその治療法。

”足底筋膜炎を無駄なく最短で治す治療法と本当の原因”

足底筋膜炎画像

あなたのツライ症状を私たちに教えてください

 

「立ち上がってもすぐには歩けずゆっくり歩きだしています。」

「朝起きて1歩目がとにかく痛い」

「立ち仕事で最初の3時間はそんなに感じないのですが午後からはもう激痛で歩くのがやっとです。」

「しばらく座っていてから立ち上がった時の歩き始めなどが激痛」

 

あなたは足底筋膜炎のどんな症状に1番なやんでいますか?

また、どれくらいの間、足底筋膜炎と一緒に歩いてきているのでしょうか?

 

何とか痛みをおさえようと、いろいろ試したし、努力もしてきた。病院で診てもらったし、痛み止めを飲んでいる、湿布もしてる、注射も打った、なのにどうしても痛みが消えない…

 

 

数か月も足のうらに痛みがあると「本当に治るのか?」「この痛みはなんとかならないんですか?」「せめて普通に歩きたいです。」と不安になっているのではないでしょうか?

 

しかし安心してください。足底筋膜炎は必ず完治します。

 

とは言っても、「治っても仕事に行ったらまたぶり返しちゃうんじゃないの?」とか「本当に完治するの?」

と思うかもしれません。

 

足底筋膜炎になやむ患者さんをたくさん見てきて、なるべく最短で無駄のない改善法をと、試行錯誤をくり返してきた中で、

 

足底筋膜炎の本当の原因と改善法が、私たちの中で明確になってきました。

 

あなたは足底筋膜炎の本当の原因を知り、正しい治療に取り組むことで、

 

・痛みを気にせず、思いっきり走ることができるようになります。

 

・朝起きた時の一歩目が、まったく怖くなくなります。

 

・仕事をしていても、痛くて座りたくなることがなくなります。

 

・旅行やお出かけも、我慢しなくてよくなります。

 

 

足底筋膜炎から早く解放されてやりたいことがある、あなたのために


エミタス整体では足底筋膜炎のあなた限定で、初回の料金を特別価格で施術させていただくことにしました。

足底筋膜炎 初回料金キャンペーン画像

 

初回割引をはじめた理由は1つだけです。

 

足底筋膜炎の患者さんの中で間違った認識、間違った対処法をしている人が多かったからです。

まず来ていただいて正しい認識・対処法を知っていただけたらと思っています。

 

そして私たちと一緒にツライ症状も、改善していく嬉しい過程も共有できたらいいなと思っています。

 

 

足底筋膜炎を治すためにはまずその原因を知ることが大切です。

 

 

このページにはあなたの足底筋膜炎が治るために必要なことが書かれています。

しっかり読んでいただいてから、電話かメールにて通いやすい院に予約のお問い合わせをしてください。

 

そして、そのときにはあなたの症状をくわしく教えてください。

 

 

※ご予約の際には「足底筋膜炎の初回割引のページを見ました」とお伝えください。

東京飯田橋院 03-5213-4868

埼玉川越院  049-257-5715

メールでお問い合わせの方はこちら

 

あなたが足底筋膜炎になってしまった本当の理由。

最短で、無駄のない治療をしようとするならば、あなたが足底筋膜炎になってしまった本当の原因を知らなければなりません。

 

原因を正しく理解することで、あなたの体に合った効果のある治療法が見えてきてます。

 

今一度、原因の心当たりをよく思い起こしてみましょう。

 

・ランニング、ジム通いを始めた。

・長時間同じ姿勢で座り身体を固めていた。

・長時間の立ち仕事をしていた。

・新しい靴に変えた。

・ヒールの高い靴や硬い革靴をいつも履いていた。

・スポーツの練習で足の裏を床や地面に勢いよく突く動作を繰り返していた。

・介護や育児で、足に無意識に強い力が入っていた。

・旅行で長い時間歩いてから痛くなった。

 

また、整形外科で診てもらったことがある方は、

 

「オーバーユース(使いすぎ・走り過ぎ)」

「老化にともなって足が弱ってきたから」

「かかとの骨からトゲ(骨棘)が出ているから」

「足の筋力が足りないから」

「扁平足だから」

「足の骨のアーチがくずれているから」

 

このようなことが原因です。と言われたことがあるかもしれません。

 

しかし、毎日ハードなランニングやスポーツをしていても、だれもが足底筋膜炎にかかるわけではありません。

 

一方で、運動する習慣がほとんどなく、一日の大半を家の中で過ごしている人が、それこそ10年ものあいだ足底筋膜炎に悩み苦しんでいる。というケースは過去に数多くありました。

 

扁平足でも、かかとの骨にトゲ(骨棘)があっても、痛みなく過ごしている方はたくさんいます。
筋力も全く関係ありません。

 

筋骨隆々な足をしている人にも、運動不足の人にも、足底筋膜炎は同じように発症しています。

 

足の骨のアーチが崩れているのであれば、体全体を足で支えていることができなくなるので、それこそ足の裏だけの問題ではなくなっているはずです。

 

ですから、使いすぎや足の疲労、老化、扁平足、骨棘(トゲ)、その他一般的に足底筋膜炎の原因と考えられていることは、症状を引き起こす1つのきっかけではあっても、真の原因は別のところにあることが推測できます。

足の骨や筋肉が根本の原因ではない3つの根拠。

足底筋膜炎 骨棘画像

出典:1138honey.blog.fc2.com

出典:healthil.jp

出典:healthil.jp

 

足底筋膜炎には、以下の3つの特徴的な症状があります。そこから足底筋膜炎の本当の原因がどこにあるのかを考えることができます。

 

⒈ 朝の一歩目や、休んでいた時の歩き始めの一歩目が最も痛い。

 

足底筋膜炎の患者さんが最もよく訴える症状に朝起きた時の一歩目の激痛があります。

 

おそる恐る1歩目を踏み出し、激痛に耐え、2歩目、3歩目とあゆみを進めていくにつれ、だんだんと痛みは軽くなる、ということを毎朝繰り返す方が多いのですが、

 

これは眠っている間に体を動かしていなかったため、一時的に筋肉が冷えて硬くなっていたことが一因と考えられます。

 

歩いて少しずつ体を動かすことで血がめぐり、筋肉に血液中の酸素が供給されるにつれて痛みが軽くなっていくのです。

 

足底筋膜炎を起こす原因が、足の筋肉や骨の炎症や損傷だとすれば、一歩目より二歩目の痛みが軽くなることはありません。むしろ歩みを進めるたびに痛みが強くなり、症状が悪化することだってあります。

 

 

⒉ ある日突然痛みが消える。

 

例えば捻挫や骨折、肉離れなどの症状は、たいていは数週間〜数ヶ月で回復します。しかし、足に負担がかからない生活をどんなに徹底しても、長い間足底筋膜炎が治らない人がたくさんいます。

 

そんな患者さんがエミタス整体に来られ、何回目かの施術の日、「先生、今朝おきたら痛みが無くなっていたんです!」と感嘆をあげて施術室に入ってこられることがあります。

 

大事な試合が間近だったり、マラソンなどの大会で良い結果を出すことを目指している患者さんは、私がどんなに走ることはしばらく控えるように言っても辛抱できずに激しい練習に参加したり、毎日何十キロも走ってしまっていることがあります。

 

やはり練習中や練習の後に痛みが強くなるのですが、翌日には元に戻っていて、足を酷使した割には以外と悪化しないことも多いのです。そして翌日もまた練習に参加し、走ってしまうわけです。

 

また、走っている間の方が、じっとしている時より痛みを感じないという人も多くいらっしゃいます。

 

安静にしていてもなかなか治らない人が多い半面、ランニングやスポーツを休まず続けている割には悪化することが少ない。ここが治療を考える上でとても重要なポイントです。

 

 

⒊ 痛みの強さや痛みが出る所に波がある。

 

「昨日は朝から痛みが無いからもう治ったのかと思っていたら、今朝また痛みが強くなっていてガッカリ」といったように、激痛が走る日と、ほとんど痛みが出ない日が、日替わりで来る人がいます。

 

また、日によって痛い部分が、かかと、母趾、土踏まず、足の甲、足の側面など、移動していく人もおられます。

 

これも特定の部位の筋肉や骨などの損傷が問題であるとすれば考えにくいことです。

足底筋膜炎の根本原因は患部とは別のところにある。ということがここで推測できます。

足底筋膜炎が起こる過程

足底筋という筋肉は、足の裏にあるのではなく、ふくらはぎの上の方にあります。

そこから長い腱が足の裏まで伸びていて、その腱の先が足の裏にきています。そこが足底筋膜です。

 

足の裏の足底筋膜が緊張を解いて、痛みが出ないようにしてもらうためには、ふくらはぎ上部にある足底筋を緩めて緊張を解いてもらうことが必要です。

 

かかってからまだそんなに時間が経っていない患者さんであれば、これだけで痛みが軽減する場合もあります。

 

しかし、足底筋は単独で働いているわけではなく、当然ながら他の筋肉とも繫がっています。

 

なので足底筋とは別の筋肉の疲労から影響を受けて足底筋が硬くなり、結果として足底筋膜炎が発症していることが実は多く起こっていると考えます。

 

さらに筋肉の表面を覆っている筋膜は、全身一枚で連なっています。

 

例えば一枚のシーツがあるとします。その端を少しつまんで引っ張るだけでも、シーツの反対側がつられるように、筋膜もある部分が硬くなると、他の部位を緊張させます。

 

足底筋膜炎の原因がどこにあるかは、患者さんによりいくつかパターンがありますが、ランニングやスポーツを激しくやって痛めた場合と、スポーツをやらないのに痛めた場合では原因が大きく違ってきます。

 

足底筋膜炎になった経緯がそれぞれ異なるため、同じ治療法では望ましい結果は出ません。一見足底筋膜炎の原因とは全く関係なさそうなことが、症状を引き起こす大きな要因になっていることが頻繁に起こっています。

 

また足底筋膜炎は、捻挫や肉離れなど、外からの衝撃により起こした症状とは違い、普段の姿勢や、全身の骨格のゆがみによる組織の緊張、または自律神経の乱れが原因で起こるので、どちらかといえば生活習慣病に近い症状であるといえます。

 

こちらの方はエミタス整体に実際来院された患者さんで施術前、歩行の映像です。

 

杖をつく程ですのでどれだけ痛みが強いかが目に見えて分かると思います。

 

下の映像は先ほど杖をついて歩いていた患者さんの施術後です。

明らかに動きが良くなっているのが分かると思います。

エミタス整体の施術では、痛みが出ている患部のみに気をとられることなく、これまでの経緯を詳しく聞かせていただいた上で全身の状態を検査します。

 

そして、筋肉にある感覚受容器に「特殊な働きかけ」をすることで自律神経を整え、過緊張を起こしている筋肉を緩めていきます。

 

関節のズレが整い、更に筋肉が緩むことで痛みを軽減させていきます。

 

また、固まっている場所の動きがスムーズになり、望ましくない姿勢や動作も修正することができます。

常識は非常識。早期回復を妨げる対処とは

 

良かれと思ってやっていることでも、実はそれが足底筋膜炎の早期回復を妨げていたり、悪化させていることがあります。

 

・湿布、痛み止めの薬

・アイシング

・注射

・テーピング、サポーター

・インソール

・筋トレ

・マッサージ

・電気治療

・手術

 

 

このような対処の方法は一時症状が治まりラクになることはあっても、原因をしっかり取り除いていくものではないため、痛みがぶり返してしまったり、悪化することがあります。

 

特に手術は1度切ってしまったら、もう2度と切る前の状態に戻すことはできません。

 

一日でも早く症状を改善させたい、という気持ちは分かります。しかし痛みや痺れなどの症状を引き起こしている原因が必ずあります。

 

ですから痛みなどの症状よりもまず先に原因を取り除いていくことが、最終的に最短ルートでの回復につながります。

 

エミタス整体の施術では、患部のみに気をとらわれることなく、これまでの経緯を詳しく聞かせていただいた上で全身の状態を検査します。

 

そしてあなたの身体の使い方やクセ、骨格の状態を詳細にチェックし、足底筋膜炎を引き起こしている原因がどこにあるかをチェックしていきます。

 

そして足底筋膜炎の根本の原因を取り除いていく施術を行います。

 

完治に向けて、心がけてほしいことや、ご自身で取り組んでほしいこと等も、今のお体の状況に合わせてお伝えします。

 

ですから施術は一人一人のオーダーメイドとなります。

 

実際の患者さんの声をご覧ください

足底筋膜炎 女性 匿名希望

足底筋膜炎 女性 JN

その他、足底筋膜炎の方の声はこちら

※これらは個人の感想です。成果や成功を保証するものではありません。

回復したときにやりたいことは何ですか?

ダンス

 

足底筋膜炎の痛みは、経験した人にしかわからないつらさです。

 

見た目は腫れたりしないためか、痛そうには見えないので、はじめは気遣ってくれた周囲の人たちも、「足の裏がそんなに痛くなる病気なんて聞いたことない。」「そんなに痛いの?気持ちの問題じゃない?」

 

と、なかなか理解してもらえないことも、この症状のとてもつらいことの1つです。

 

・マラソン大会に参加予定しているのに、練習もできないし間に合わないかもしれない。

 

・家事で立っていると痛みが強くなって我慢できなくなる。

 

・痛くてたまらないのに怠けていると思われそうで部活を休めない

 

・レギュラー、スタメンから外されそうで痛いのを我慢して練習に参加している。

 

・スポーツやダンス、ウォーキング、好きなことが楽しめない。

 

・旅行の予定があるのに、どうしよう、、、

 

・立ち仕事、このまま治らなくて仕事を続けられなくなったら、、

 

・介護、子供の世話、どんなに痛くても誰にも代わってもらえない。

 

・学校、職場まで、歩いて行くだけでもやっとな状態。

 

・とにかく何ともできない足裏の痛みで焦りと不安でストレスがたまる。

 

こういったストレスが体全体を硬くさせ、治癒力をさまたげていることも見過ごせません。

 

足底筋膜炎のつらさは早期に終わらさなければなりません。足底筋膜炎にかかったことは、あなたが真の健康を取り戻すきっかけにすぎません。

 

本気で治そうとする過程で、知らず知らずのうちに心身に負担をかけていた習慣に気づくこともできるので、足底筋膜炎が解消された日には真の健康を手に入れることができるはずです。

 

症状が改善した時には、どんなことが楽しみですか?

 

その楽しみを一日でも早く実現させるためにもしっかりとした治療、生活習慣をしていきましょう。

 

私たちにはそのお手伝いができます。