ホーム > 適応症例 > 肉離れ

肉離れの原因や症状
正しい対処法や治療法について

運動をしている人にとっては非常に身近な体の故障原因である「肉離れ」という現象、実際にそういった経験をした人の多くは激しい負荷のかかる運動をしている人が多くいらっしゃいます。

 

ただ、普段運動をしていないのにもかかわらず肉離れを起こし、非常に痛い思いを経験したことがあるという人もいます。

 

運動してもなるし、運動しなくてもなるという不思議な感じがしますが、今回は肉離れの症状や、対処・治療法などをお話したいと思います。

肉離れとはどんな症状が発生するのか?

肉離れの初期症状として一番多く感じる症状は「強い痛み」です。

あまりの痛みにうずくまってしまうほどの痛みが走り、座り込んでしまうくらいの痛みです。

 

肉離れという言葉から、筋肉がどこかから剥がれたようなイメージがありますが、実際は筋肉が断裂している状態であり「筋損傷」「筋断裂」という言葉が正式名称です。

 

肉離れだから、安静にしておけば治るんでしょ?そう思いケアを怠ってしまうと完治まで時間がかかってしまったり、肉離れが再発しやすい身体になってしまう原因になってしまいます。

 

この記事を読み進めていくと肉離れの正しい治療法、対処法、根本的な原因がわかるようになります。

 

肉離れだから、と甘く見ずにしっかりと治療していきましょう。

肉離れになってしまう原因は筋肉に負荷がかかるから。だけではありません。

肉離れになってしまう主な原因として、筋肉に対し強い負荷をかけた場合に肉離れは発生します。

強い負荷というのは、サッカーやテニスなど走ったり飛んだりといった激しいスポーツをしている最中などです。

 

また、本来ならば強い負荷ではないのですが、運動不足が起因となり突然ウォーキングやランニング、遅刻しそうだからと猛ダッシュしたといったような「思わぬ負荷」が掛かってしまった場合に肉離れは発生します。

 

肉離れはふくらはぎに起こりやすいイメージがありますが、太ももの前面や裏面でも発生しやすいといわれています。

 

上記のように強い負荷がかかった時に、肉離れは非常に発生しやすいです。

 

しかし肉離れが起こる前の段階で体は肉離れを起こしやすい状態になっているのです。

 

肉離れを起こしやすい体になってしまう要因で最も大きな要因というのが姿勢の悪さです。

 

悪い姿勢が長時間続くことにより、体に歪みが生まれます。特に骨盤の歪み、歪んだ状態で固まっている状態が肉離れの発生率をグンと上げてしまいます。

 

筋肉は基本的にどの部位でも骨と骨に付いていて関節を跨いでいます。筋肉の付着部である両端の骨が歪んでいたりズレているような状態だと、それだけで筋肉に捻じれや張りが出来てしまいます。

 

筋肉がニュートラルの状態でこのような状態になっていると、強い負荷がかかった時、衝撃に耐えきれず肉離れを起こしてしまいます。

 

骨盤は身体すべての土台になっている場所です。特に太もも周りについている筋肉たちのほとんどは骨盤に付いています。

 

ですから肉離れを早期に完治させる為、また肉離れを事前に防ぐためには、普段の生活から姿勢に気を付け身体に歪みを生ませない様な状態を作っていく必要があります。

 

エミタス整体では、筋肉にある感覚受容器に「特殊な働きかけ」をすることで自律神経を整え、過緊張を起こしている筋肉を緩めていきます。

関節のズレが整い、更に筋肉が緩むことで痛みを軽減させていきます。

また、固まっている場所の動きがスムーズになり、望ましくない姿勢や動作も修正することができます。

思わずやってしまう対処は悪化の元!

痛みが強いともんだりさすったり色々痛みから解放されようと患部を触ってしまいがちですが、肉離れになってしまった場合、むやみに触ってはいけません。

 

急性期の場合は患部を安静にし、アイスノンなどで患部を冷やすことをしましょう。

 

しかし冷やしてばかりでは肉離れは早期に完治していきません。

 

急性期を過ぎた場合は、温め筋肉を柔らかくしていく必要があります。

 

食用のお肉でもそうですが、冷やすと固くなり温めると柔らかくなります。

 

人間の筋肉も同様でずっと冷やしているといつまで経っても柔らかくなりません。

ですから急性期を過ぎた場合はすぐに温めるようにしましょう。

 

しかしそうなると、「急性期が終わるタイミングはいつ?」と思うかもしれません。

 

基本的にお風呂に入って温まった時に‘‘痛みが強くなるか‘‘という事を目安にしてください。

 

痛みが強くなった場合はまだ温めず、強くならなかった場合、またはラクになる場合は冷やす事を、止めできるだけ温めてください。

肉離れが起きてしまったら?!正しい対処法とは?

急性期の肉離れで患部を冷やす際、小さなアイスノンや冷水でほんの少し冷やしただけという対処をする方がいますが、これでは意味がありません。

 

症状を起こした瞬間の対処というのは、以降の治り具合にも関わってきます。しっかりと、正しい対処法で行いましょう。

1.痛みにうずくまったら動かない・触らない(揉んだりさすったりしない)
2.アイスノンや氷水をいれた袋で患部をギンギンに冷やす。
3.とにかく安静!患部を動かさない!
4.治ったと感じてもすぐ動かさない!(痛みが無くなっても筋肉が固いままだったり、身体に歪みが残っている状態では再発のリスクが大いにあります。)

 

再発してしまう人の特徴として、

 

・違和感が残っているが運動に復帰した

・強い痛みが消えたので通院を止めた

・歪みは残っているが痛みが消えたので通院を止めた

・痛みが消えてから普段の生活で何も気を付けなくなった

・運動後は肉離れが起きた場所を必ず冷やす

 

上記のような特徴に当てはまる方は、特に注意してください。

痛みが無くなったからとはいえ完治しているわけではありません。

 

風邪は治りかけが一番ぶり返しやすいです。肉離れも例外ではありません。

 

治りかけは、痛みも弱くなり気持ちも緩んでしまうため一番症状がぶり返しやすいです。

 

一度無くなりかけた痛みがもう一度出てくるほど悲しいことはありません。

 

肉離れ直後の処置、急性期を過ぎてからの処置には十分に注意を払いましょう。

肉離れの治療をする際に気を付けることとは?

肉離れが起きてしまった場合、症状が軽いとうずくまるほどの強烈な痛みがない場合もあります。

 

段々と日を追うごとに痛みが増し、筋肉痛じゃないと気が付いた時には初期対応が遅いために治りも遅くなってしまいます。

 

痛みが翌日になっても強くなっている場合、思い当たる節がある場合は「患部を冷やす」ということがオススメです。ただ、上でも書いたように冷やしているだけではなく、その後は温めるようにしましょう。

 

また筋肉痛だと勘違いしたまま放置するのは危険ですので、痛みが強い場合は早めの受診をお勧めします。

 

そこで、肉離れで本当にツラい思いをしてるあなたのために

 

エミタス整体ではこのホームページをご覧いただいた方限定で、初回料金を特別価格で施術させていただくことにしました。

新初回限定キャンペーン2980円

 

初回割引をはじめた理由は1つだけです。

 

患者さんの中で「エミタス整体に通うまで1人で悩んでいた。」という声がたくさん上がってきたからです。

 

そして初回の料金で悩んで、一歩踏み出せていない方がいることを知ったのです。

 

まずは一歩を踏み出し、私たちと一緒にツライ症状も、改善していく嬉しい過程も共有できたらいいなと思っています。

 

肉離れを治すためにはまずその原因を知ることが大切です。

 

このページにはあなたの肉離れが治るために必要なことが書かれています。

 

しっかり読んでいただいてから、電話かメールにて通いやすい院に予約のお問い合わせをしてください。

 

そして、そのときにはあなたの症状をくわしく教えてくださいね。あなたのツラい痛みに真摯に対応させていただきます。

 

※ご予約の際には「初回限定割引キャンペーンのページを見ました」とお伝えください。

東京飯田橋院 03-5213-4868

埼玉川越院  049-257-5715

メールでお問い合わせの方はこちら