ホーム > 適応症例 > テニス肘

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)を最短で治す。
本当の原因とその治療法。

テニス肘とはテニスのバックハンドの動作で炎症を起こしやすくテニス肘と呼ばれています。

 

テニスなどのラケット競技をしている人に好発する怪我の1つです。肘に継続的な痛みが生じ、スポーツができなくなることもあります。特に中高年の方に生じる傾向があります。

 

でも実際はテニス以外で発症することが多いです。パソコンのマウス操作、手作業で機械を使うなど、手首を使い過ぎるような動作が多い方によく見られます。

 

中年以降の女性に起こりやすく、ペットボトルのキャップを開けたりタオルを絞ったり、ドアノブを捻るのような動作で肘の外側に痛みが強く出ます。

 

テニス肘の症状は具体的にどのようなものか。また、テニス肘はどのようなメカニズムで発症するのか。治療法はどうやっておこなっていくのか。これらのことについてみていきましょう。

テニス肘の症状

テニス肘は正式名称「上腕骨外側上顆炎」と呼ばれます。肘の外側、突起部分の筋肉の炎症が起こっていて、具体的以下の症状を発症することがあります。

 

・肘の継続的な痛み
・握る動作時に痛みを感じる
・モノを持ち上げるときに痛みを感じる

 

例えばテニスであれば、ラケットを握ったときに痛みを感じることがあります。また、雑巾やタオルを絞ったときにも、肘に痛みを感じることがあります。

テニス肘の原因

テニス肘という名の通り、テニスのような肘に負担がかかるスポーツをすることが発症します。特にストローク動作が肘に過度な負担をかけてしまうことがあります。

 

一方で痛みが出ているにも関わらず練習と続けてしまうと、テニス肘は悪化します。中高年の方は筋肉や関節が衰えていることもあり、症状を発症しやすいといえるでしょう。

テニス肘の間違った見解

テニス肘の原因はしばし使いすぎにスポットがあたります。運動のしすぎや肘の使いすぎが原因であるといわれることが多いのです。その原因も確かにあるのですが、気をつけなければならないことが他にもあります。

 

それは腕の使い方です。ラケットを持ったときの力の入り方、プレー中の筋肉の使い方、そして日常生活での腕の使い方。全てがテニス肘の原因になることがあるのです。

テニス肘の治療

テニス肘の治療ではプレーだけではなく日常の腕の使い方にも気を配る必要があります。筋肉が緊張してしまうと、より治療が困難になってしまう可能性があるでしょう。

 

治療のポイント2つ。1つ目は筋肉を柔らかくすること。スポーツによって硬くなってしまった筋肉をほぐしてあげれば、筋肉の回復を期待することができます。

 

そして、もう1つが生活の中で腕の使い方を見直すことです。治療中は腕に負担がかかる動作を極力控え、腕の回復に専念することが大切です。

治療に関しての注意点

テニス肘は自分で治療をすると、余計に悪化することがあります。それは筋肉の正しい緊張の取り方を知らなかったり、痛みを我慢して運動をしてしまうなどが原因です。痛みが継続していたり、激しくなっているときは早めに近くの整体へ行くようにしましょう。