秋の絶景でリラックス!紅葉登山のススメ

紅葉

スポーツの秋という言葉もあるように、秋は運動に適した季節です。暑くもなく寒くもない、涼しい空気のなかで、無理なくマイペースで身体を動かすことができます。

そんな秋に特におすすめなのが、紅葉登山です。秋の紅葉を楽しむという文化は、世代男女問わず古くから日本に根づいているものですが、現在では、これを目当てに海外から訪れる訪日客も少なくありません。

今回は、そんな紅葉登山の魅力をご紹介していきたいと思います。

紅葉登山の魅力!

日本気象協会の発表によれば、2018年秋の紅葉の見ごろは、北海道なら10月の中旬から下旬、東北・中国地方・四国では11月の上旬から下旬、関東・東海・九州では11月下旬から12月下旬までとなっています。

日本列島紅葉

秋が深まり、一斉に紅く染まっていく日本の山々。この時期の山でしか見られない、その美しい絶景を思う存分楽しめるというのが、紅葉登山の一番の魅力といえるでしょう。

しかも、紅葉がみられる山は日本全国に存在し、それぞれに色彩や風景、見どころも異なっています。

全ての絶景を制覇するのは簡単なことではありません。味わっても味わい尽くせないほど奥深い世界なのです。

また、紅葉登山は、ただ風景を眺めるだけのものではありません。山を登るという行為は最良の有酸素運動ともいわれており、心身に良い効果をもたらします。

登山による健康効果

登山は少しハードな有酸素運動であり、その分、身体に与える健康効果も大きくなります。具体的には、登山がもたらすメリットには次のようなものがあります。

● 全身の筋肉が鍛えられる

山の斜面を登ったり下りたりする登山では、平地でのウォーキングと違い、全身の筋肉をくまなく使います。例えば、登りでは腹筋、下りでは背筋、リュックなどを背負っていれば大胸筋も使いますし、当然ながら脚の筋肉も鍛えられます。

また、足場の悪い場所を歩けば、姿勢を維持しようとすることでバランス感覚やインナーマッスルも鍛えられるそうです。

こういった筋トレ効果により、ウエストや脚が引き締まり、姿勢も良くなるなど、スタイル改善の効果が期待できます。

さらに、筋肉が鍛えられることで、肩こりや腰痛、足の疾患など、全身で起こりうる様々な身体の不調をある程度予防できる可能性があります。

有酸素運動と同時に筋トレも行えるのが、登山の特徴といえるのかもしれません。

 

登山 女性

●基礎代謝アップ

筋肉を頻繁に使うので、血行が良くなり、代謝が活性化されます。基礎代謝がアップしますから、肥満防止やダイエットにも効果的です。

実際、登山で消費するカロリー量は、通常のジョギングやウォーキングとは比べ物にならないほど多いそうです。それだけ、脂肪も燃焼しやすいということですね。

●気持ちが落ち着く

山へ赴けば、大自然との出会いが待っています。絶景や森林浴を満喫しながら歩を進めることで、気持ちが穏やかになってリラックスできます。

ちなみに森林浴の効果については、ストレス減少や血圧安定、がんへの免疫強化など、医学界で医療への応用が研究されているほどのようです。

登山頂上

●前向きになれる

登山は、登り続ければ必ず山頂へ行き着きます。それゆえに、達成感を得られやすい運動といえるのかもしれません。達成した記憶というのは、自分に自信を持つことにもつながります。そしてそんな記憶の積み重ねは、人生をよりポジティブなものにしてくれるでしょう。

紅葉登山での注意点

秋ならではの絶景を堪能できる、健康に良い効果をもたらすなど魅力満載の紅葉登山ですが、秋山ならではの注意点もあります。

▼日照時間が短い

一年のうちで最も日が短い冬至が12月ですから、紅葉登山のシーズンにはすでにかなり日照時間が短くなっています。特に山中では木々や稜線が太陽光を遮るため、場所によっては暗くなるのがさらに早いです。登山計画をたてる際は、その点を充分に考慮すべきでしょう。

▼天候が変わりやすい

標高の高い秋山では、天候の崩れ方次第では雪が降ったり、晴れれば逆に夏のような暑さになることもあります。雨具はもちろんですが、時期やエリアによっては防寒具も準備しておくべきでしょう。

▼クマの活動が活発

秋はクマが冬眠に備えて活発に動き回っているため、登山をする際にはこの点も頭に入れておく必要があります。事前にクマの出没情報はしっかりチェックし、あまり人の気配がないエリアに立ち入る場合は常に警戒を怠らないようにしましょう。

熊と遭遇

これら以外にも、山には様々な危険があるのも事実です。経験がないうちは、まずは初心者向けの山を登ってみるのもいいかもしれません。

 

怪我や事故を起こさないよう安全面には十二分に配慮しつつ、ぜひ紅葉登山にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

エミタス整体

手根管症候群の概要

しびれる部位によって病症が異なりますが「手根管症候群」は、一般的には、親指、人さし指、中指、薬指の1/3にしびれと痛みが起こります。

手の平側はしびれますが、甲側や、小指と薬指の半分(小指側半分)にしびれは出ません。

この2本(小指と薬指)にしびれが出ていないようでしたら「手根管症候群」の疑いが高いです。

これは、「正中神経」の支配する領域が、手のひら側の親指~薬指の1/3に通っているからです。

症状が軽いうちは不快感はありますが日常生活は支障なく過ごせますが、進行していくと夜中に激痛としびれで目が覚めるほどにまで悪化してしまいます。

そして気が付くと親指の付け根の膨らみ(母指球筋)が痩せていき、細かな作業が困難になっていきます。

ここまで進行するとお医者さんからは「手術をしましょう」と言われるかと思います。

手首には手根骨と呼ばれる骨の近くに、横手根靭帯がトンネル状に存在しています。

そのトンネルの中には、手根管症候群の原因になっている正中神経や、手首や指を曲げるための筋肉や腱が9本も通っています。

一般的には、手根管症候群は手の使いすぎにより手根管を通す筋肉や腱が太くなり トンネルの中で正中神経が圧迫されしびれや痛みが起きると言われています。

※手首付近の骨折や脱臼、変形性関節炎症、腱鞘炎、痛風、腎透析によるアミロイド沈着、リウマチ、ガングリオン、なども手根管症候群の原因になります。

しかし多くの方の原因はそれだけではなく他にもあるのです。

なぜなら手術で手根管を切開し神経の圧迫を解いても症状が改善されない方が多くいらっしゃいます。

手根管症候群の真の原因は手首や手の周り以外の所にも存在している事が推測されます。

 

>>手根管症候群のトップページにもどる

エミタス整体

東京飯田橋院:千代田区飯田橋1丁目8−9−301 03-5213-4868

埼玉川越院 :埼玉県川越市広栄町17−9 049-257-5715

その「しびれ」は手根管症候群?チェック方法!

手根管症候群のチェック方法

 

手のしびれは日常生活においても辛い事だと思います。

チェック方法をまとめました。

 

・ファーレンテスト※是非ご自分でチェックしてみてください。

◎手首を圧迫し、しびれる状態を起しやすくし手根管症候群の疑いがあるかをチェックする方法。

①身体の正面で左右の手の甲を合わせる。(指は下に向く状態)

②手首が90度折れている状態をあえて作りだし30秒~60秒程様子をみます。

⇒⇒⇒しびれが強くなるようでしたら手根管症候群の疑いがあります。

※※しびれや痛みが強くなるようでしたら途中でやめてください。

 

・オーサイン※是非ご自分でチェックしてみてください。

◎親指と人差し指を近づけて「まる」を作ります。オッケーサインのような手の形です。

⇒⇒⇒まるの部分が上手く作れません。丸がつぶれてしまったり、いびつな形になってしまう場合、手根管症候群の疑いがあります。

 

 

・ティネル徴候検査

◎手根管部分を軽くたたいて徴候をみる検査。

①手根管部分(手のひら側・手首の少し上)を専用のハンマーで軽くたたく。

⇒⇒⇒指先にしびれがでます。

※感覚を丁寧に観察してみてください。指全体ではなく、小指にはしびれはありません。

さらには、親指と薬指(特に小指側)のしびれの度合いが異なり、親指の方が強く感じます。

脳卒中や首の病気などでも手のしびれが起きる場合があります。

 

※セルフチェックでわからない場合は病院を受診してください。

 

>>手根管症候群のトップページにもどる

エミタス整体

東京飯田橋院:千代田区飯田橋1丁目8−9−301 03-5213-4868

埼玉川越院 :埼玉県川越市広栄町17−9 049-257-5715

ばね指になりやすい人とは?

ばね指の痛みでお悩みの方は、思いのほかたくさんいらっしゃいます。どんな人がなりやすいのでしょうか?

 

一般的には20代~60代に多く、男女比は1:2~6ほどといわれ、女性に多い疾患といわれています。

 

手先を使う仕事をされている方、楽器を演奏される方、ゴルフやテニスなど道具を強く握るスポーツや、長時間のスマホやパソコンの操作をされている方でばね指に悩まされる方も多く、男性にも比較的多い症状です。

 

なぜ女性に多い疾患なのでしょうか?

 

女性は、妊娠中や出産後、そして更年期にホルモンのバランスが崩れやすくなります。そして、毎日の育児や家事などで手指をよく使うのも要因のひとつです。

 

このため、出産後にばね指を発症してしまう女性も多くいらっしゃいます。

 

産後はまだ赤ちゃんが小さいので病院に行くのもままならず、痛みを我慢して放置してしまうケースも多くみられます。毎日のおむつ替えに授乳、抱っこやお風呂に離乳食づくり…女性の手指は毎日大忙しです。

 

更年期の女性も要注意です。

 

更年期になると女性ホルモン(エストロゲン)が次第に減少していきます。エストロゲンは腱や腱鞘を柔軟に保ち、血管を拡張する作用があります。このエストロゲンが更年期になると減少してしまうため、血流が悪くなり腱や腱鞘の柔軟性も自然と低下してしまうのです。

 

今まで問題なくこなしていた普段の家事や仕事などで手指に痛みを感じることが増えていませんか?

 

この年代の女性が突然ばね指になってしまうのは、このエストロゲンの減少も大きく関係しているのです。

 

最近では家族の介護をなさっている方、介護職の方でばね指を発症してしまう方も多くいらっしゃいます。

 

育児や家事、仕事などで長時間同じ動作を続けていると、本人も気が付かない間に小さな疲労が少しずつ蓄積されてしまいます。

 

また、糖尿病を患っている方や人工透析を受けている方もばね指を発症することがあるので、注意が必要です。

 

また、ばね指は朝方に症状が強く現れ、日中になると症状が軽減するケースが多いようです。

 

これは寝ている間に指の関節や筋肉が固まってしまうからです。指のこわばりや痛みの症状は更年期の症状のひとつでもあります。先ほどの女性ホルモンのエストロゲンは直接関節に働きかけ、関節をなめらかに保つ作用もあります。このエストロゲンが減少することもこわばりや痛みの一因と考えられています。

 

寝ている間に関節や筋肉が固まってしまうと、血流も悪くなり本来備わっている回復力も低くなってしまうのです。

 

ただ、手指のこわばりや痛みの症状があっても実はばね指でなく、他の疾患が隠れている場合があります。更年期の女性が気を付けておかなければならない疾患は「関節リウマチ」や「へバーデン結節」、「甲状腺機能低下」などがあげられます。ばね指か、そうでないかの判断が難しい場合は専門の医師に診てもらいましょう。

(へバーデン結節についてはこちらをご覧ください)

 

>>「ばね指」に戻る方はこちらへ

読書の秋!その由来と、意外な健康効果

読書の秋

読書の秋、なんてよくいいますよね。

程よく涼しくなり、より一層秋が深まっていくこの時期は、まさに情緒的にも読書にピッタリの環境といえるのではないでしょうか?

読書というと、ただじっと本を読んでいるだけというイメージかもしれませんが、実はその行為が健康的にもプラスに働くことがわかってきています。

今回は、読書の秋という言葉の由来、そして読書がもたらす健康効果についてまとめてみました。

読書の秋の由来とは

毎年、秋になると、読書の秋という言葉を見かけることがありますが、そもそもこれはどのような経緯で生まれたのか、疑問に感じたことはありませんか?

実は「読書の秋」の由来は、古代中国の唐時代の詩人・韓愈(かんゆ)の漢詩『符読書城南詩』にあるといわれています。

その中の一文「灯火親しむべし」という言葉です。これには「涼しく夜の長い秋は灯火の下で読書をするのに適している」という意味が込められているそうです。

そしてそれが日本国内で広まるきっけになったのが、1908年に夏目漱石が朝日新聞に連載していた小説『三四郎』。

この作品のなかで、「灯火親しむべし」という一節が取り上げられています。

その後さらに、日本図書館協会が10月27日から11月9日までを読書週間とし、全国各地の図書館を中心に様々な催しを実施したり、報道機関を通じて紹介されることで、読書の秋として全国的に広まったとされています。

読書で得られる健康効果

読書をすることによって、健康にも良い効果が得られることがわかってきています。読書と健康は、イメージ的にはなかなか結びつかないので、意外に思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

脳細胞の活性化

脳
心理学者のアンネ・カニンガム氏は、「読書という行為は非常に複雑な認知力が必要になる行為である」と述べています。

確かに、本を読んでいると、その内容を理解したり、想像したり、自分の経験や記憶と照らし合わせたりなど、特に意識しなくとも脳は忙しく働いているのかもしれません。

また、例えばボールを蹴るなど行動に関連する文章を読むことで運動皮質が刺激されたり、ラベンダーという単語を読むことで嗅覚に関連する脳領域が活性化するなど、読書によって様々な脳領域が刺激を受けることも海外の研究者たちが突き止めているそうです。

読書という行為は、その内容を疑似体験することでもあるのかもしれませんね。オックスフォード大学の名誉教授ジョン・ステイン氏も、「読書は大脳のトレーニングだ」と主張しています。

また、カリフォルニア大学の研究チームが学術誌『the Archives of Neurology』で発表した内容によれば、幼少期から読書を続けている人は、アルツハイマー病の原因とされるベータアミロイドの形成が抑制されているとの事。

つまり、読書によってアルツハイマー病が予防できる可能性があるというわけです。他にも、同誌に掲載されたラッシュ大学メディカルセンターの研究結果によれば、認知力の低下を32%も遅らせる効果があるそうです。

リラクゼーション効果

リラックス
サセックス大学のデイビッド・ルイス博士が行った研究では、6分間の読書でストレスを68%も削減できるという驚きの事実が証明されました。

読書をするときに必要な集中力が、被験者たちの心拍数を下げて心身を落ち着かせ、筋肉の緊張を緩和していたそうです。

こういった研究結果から、読書は、音楽鑑賞や散歩、お茶を楽しむなどのリラックス法よりもはるかにリラクゼーション効果が高いといわれています。

ストレスは現代人の大敵ですから、こういった事実はとてもありがたい話ですよね。

また、これら以外にも、フィクションを読むことで共感力が高まる、読書に集中することで幸福感や充実感が高まる、孤独を感じさせにくくするなどの研究結果も発表されています。

読書をするときの注意点

読書は誰でも簡単にできるうえに心身に良い効果をもたらしますが、注意すべき点もあります。

まず、どうしても避けられないのが目の疲れです。長時間の読書では合間に休憩を挟む、暗い場所での読書は避ける、目と本の距離を適度に保つなどして、視力低下の原因にならないよう注意しましょう。

次に、電子書籍についてです。電子機器を使用する場合、目に悪影響のあるブルーライトを発するなど、紙媒体と違い目を余計に疲れさせる要素があります。睡眠障害の要因にもなるので、就寝前の使用はなるべく避け、それ以外でも積極的に休憩をとるなど対策をしっかり行いましょう。

注意点を挙げましたが、読書自体は、脳の活性化やストレス解消など心身に良い効果をもたらします。もはや日本の文化のひとつともいえる読書の秋、気になる本があれば手にとってみてはいかがでしょうか?

読書

 

エミタス整体

1 2 3