一次性変形性膝関節症と二次性変形性膝関節症とは

変形性膝関節症は、その発症原因によって「一次性変形性膝関節症」と「二次性変形性膝関節症」に区分されます。

 

■一次性変形性膝関節症
外傷や怪我などがない場合においては、変形性膝関節症は様々な要因が複雑に絡み合って発症に至るとされています。そのため原因の特定は難しく、そういった場合に分類されるのがこの一次性変形性膝関節症です。一次性変形性膝関節症を発症する場合、その原因は以下のようなものであると考えられています。

 

□加齢
中高年で発症するケースが多いことから、加齢が一因になり得るとされています。組織の老化が進むことにより軟骨が変性しやすくなるという考え方です。

□膝の酷使
激しいスポーツや重労働は、当然ながら膝へかける負担も大きくなります。適切なケアをしない場合、長期にわたって続けるほど変形性膝関節症の発症リスクも高まります。

□O脚
O脚である場合、関節に対して均等に負荷がかからず、膝の内側の軟骨がより摩耗しやすくなります。O脚であるほど変形性膝関節症になりやすい状態であるといえるでしょう。ちなみに、日本人はもともとO脚の傾向があるため、変形性膝関節症を発症しやすいといわれています。

□筋肉の衰え
下肢の筋力が低下するとその分、あらゆる動作で膝に余計に負担がかかるようになります。特に太ももの筋肉は、体重を受け止めつつ膝の動きを調整するといったように、膝関節の負担を補う役目を担っているので、その筋力が低下するとやはり関節軟骨への負荷も大きくなります。

□肥満
体重が増えるほど、単純にその重さ分、膝への負担も増加することになります。人間の場合、歩くだけでも体重の3倍程度の負荷が膝にかかるとされていますから、肥満の方が変形性膝関節症を患った場合はその原因は明白といえるのかもしれません。

□遺伝
独立行政法人理化学研究所、英オックスフォード大学、中国の南京大学他との国際共同研究により、変形性膝関節症の発症リスクを高める「アスポリン」という遺伝子が発見されています。この遺伝子を持つ場合、変形性膝関節症を発症する確率が2倍にまで高まるようです

 

■二次性変形性膝関節症
怪我や病気などで膝がダメージを負っているなら変形性膝関節症の原因は明らかな場合が多く、そういったケースに該当するのがこの二次性変形性膝関節症です。主な原因としては以下のようなものが挙げられます。

 

□膝周辺の骨折
膝まわりの骨折が膝関節にまで影響すると軟骨が痛みやすくなります。また、骨折時に変性しそのまま治癒した場合、膝関節が不安定になり軟骨に負担がかかるようになるケースもあるようです。

□関節軟骨の損傷
ダメージを受け膝関節の軟骨が損傷すると、その欠片が関節内を動き回り変形性膝関節症を引き起こすことがあります。

□膝蓋骨脱臼
膝蓋骨(膝の皿)を脱臼した際に適切な治療を行わなかった場合、膝蓋骨が不安定なままとなり、変形性膝関節症の一種である「膝蓋大腿関節症」を引き起こすことがあります。

□半月板損傷
半月板は、関節軟骨と同様に膝関節のなかでクッションの役割を果たしています。半月板が損傷するとその分、関節軟骨の負担が増え、変形性膝関節症を発症しやすくなります。主にスポーツをやっている方によく見られる原因です。

 

変形性膝関節症

エミタス整体

変形性膝関節症の進行度合いによる分類

変形性膝関節症はその進行の度合いによって初期・中期・後期に分けて診断されます。

■初期
膝関節の軟骨が変性し始めますが、初期の最初の段階ではまだ痛みはありません。膝の違和感や不快感が主な自覚症状です。そのまま症状が進行せず違和感だけを感じ続ける方もいらっしゃいますが、悪化する場合は、寝起きや歩き始めなどに膝が痛むようになります。ただしそれは一時的なもので、しばらく休めば痛みはなくなります。

■中期
膝関節の軟骨が摩耗し、削られて漂っているカスが、関節を包む結合組織「関節包」の「滑膜」を刺激します。すると骨膜は、異物を排除するために「関節液」を多く分泌し闘おうとします。この状態が、変形性膝関節症の炎症です。炎症が発生すると、患部は腫れ、熱とともに痛みを引き起こします。また、過剰分泌された関節液が膝の皿の上部に溜まり、いわゆる”関節に水が溜まった”といわれる状態になります。

中期の段階では痛みはハッキリと現れ、頻度も多くなります。膝が完全に曲がりきらない、伸ばしきれないというように膝関節の可動域も制限され、しゃがむ動作や正座、階段の上り降りも苦痛に。見た目にもわかるほど膝が変形し、負荷のかかる動作を行うたびにゴリゴリという異音を自覚するようになる場合もあるようです。

■後期
軟骨が完全に無くなり、むき出しとなった膝関節の骨同士が直接擦れ合うようになります。軟骨自体が無くなったので炎症は起こらなくなりますが、骨と骨がそのままぶつかり合うので常に激痛が発生します。じっとしていても痛むうえに膝の曲げ伸ばしが困難になるため、日常生活もままならないような状態に。また、関節の骨同士が噛み合わずガタガタの状態で、酷いO脚(ガニ股)となっているため、周りから見ても明らかに脚の異常が見て取れます。

末期ともいえるこの状態では動こうとする気力すらも失われ、心理的ストレスからうつ状態になる傾向も見られるようです。さらに、動かないことで筋力が著しく低下し、膝関節への負担がより大きくなるといった悪循環になってしまう場合も。

 

変形性膝関節症

エミタス整体

1 2 3