インフルエンザ3種の特徴と知っておくべき予防法

冬にこそ気をつけたい病のひとつに、インフルエンザがあります。インフルエンザウイルスは、冬の乾燥によって水分が蒸発、軽くなって空気中を浮遊することで人へ感染します。寒さで体温が下がると免疫機能が低下し、そういった空気中のウイルスに感染しやすくなります。冬はまさに、インフルエンザが蔓延しやすい気候なのです。

 

まだインフルエンザにかかったことがない方にとっても、決して他人事とはいえません。いきなり発病し日常生活に大きな影響を及ぼしたり、病態によっては死に至ることもあるのがインフルエンザの怖さです。

そんなわけで今回は、インフルエンザの種類ごとの症状や、予防法についてご紹介させていただきます。

インフルエンザの種類と症状

インフルエンザと一言にいっても、細かく分類すればその種類は膨大です。

一般には、人に感染するインフルエンザは大まかに3種類に分けられ、それぞれA型、B型、C型と呼ばれています。それぞれのインフルエンザの症状や特徴は次の通りです。

■A型インフルエンザ

大きな流行の発端となるインフルエンザで、さらに144種類もの亜型に分けられます。厚生労働省の発表によれば、今年から来年にかけては、シンガポールA型(H1N1)と香港A型(H3N2)の流行が予想されています。

A型インフルエンザの症状は重く、38以上の高熱、のどの激しい痛み、関節痛や筋肉痛のほか、肺炎や脳炎、脳症など重篤な合併症を引き起こすこともあります。

■B型インフルエンザ

A型ほどではありませんが、よく流行するタイプです。今年から来年にかけては、テキサスB型(ビクトリア系統)とプーケットB型(山形系統)の流行が予想されています。

B型インフルエンザは、下痢や腹痛など消化器官によく症状がでるのが特徴です。発熱、筋肉痛、関節痛などの症状も現れますが、A型に比べ程度は軽い場合が多いとされています。

■C型インフルエンザ

C型は、5才以下の幼児が発症することが多いとされるタイプです。ただし一度かかれば免疫ができ、それがずっと持続するので、二度発症することは稀のようです。

C型インフルエンザの症状は鼻水が多くでる程度で、比較的に軽いようです。

 

インフルエンザを予防するには?

インフルエンザを予防するにはまず人混みを避けるのが一番ですが、日常生活を送るうえでそれはなかなか難しいことでしょう。しかし以下のような予防法なら、誰にでもできて且つ有効といえそうですので、ぜひ実施することをおすすめします。

●うがいと手洗いの徹底
ウイルスはいつどこで付着するかわかりません。他人の咳やくしゃみ、ドアノブやキーボード、電話の受話器などあらゆるものが感染源になり得ます。外出後はうがいと手洗いを徹底し、のどや手を清潔に保ちましょう。

手洗いうがい

●湿度を保つ
室内が乾燥していると、インフルエンザウイルスは空気中を漂い続けます。加湿器などで適度に湿度を保ち、ウイルスの拡散を防ぎましょう。

加湿器

●マスクを使用する
マスクで空気中のインフルエンザウイルスを遮断するのは難しいようです。しかしマスクを着用することによって、鼻や口を保湿・保温することができます。侵入経路の湿度を保てるので、そういった意味でインフルエンザの予防に役立ちます。

マスク

●ワクチン
厚生労働省によれば、インフルエンザワクチンは一定程度の予防効果が認められているそうです。また、重症化を防ぐという点では高い効果があるとしています。インフルエンザワクチンの予防接種は地域の医療機関で受けることができ、費用は全国平均で3500円程度とのことです。

ワクチン

インフルエンザにかかってしまったら

インフルエンザを発病すると、それだけで日常生活に大きな影響を及ぼします。この時期に身体に異常が感じられたのなら、まずはできるだけ早く医療機関を受診しましょう。インフルエンザの症状は急速に進行するので、最初が肝心です。

病院

その後は、症状が完治するまで自宅療養となります。他の人へ感染させないためにも、外出は控えましょう。

療養中は、水分補給をこまめに行いつつ、睡眠をしっかりとることが大切です。動ける状態なら、簡単でも構わないのでなるべく積極的に食事をとり、栄養を摂取することも回復への近道となります。

 

年末年始、何かとお出かけの機会が多くなりますが、

皆様、風邪など引かずお過ごし下さい。

エミタス整体

冬に出やすい目のクマを予防して美肌を保つには?

秋が終わり気温が徐々に冷え込みつつある今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。冬はただ寒いだけでなく、空気が乾燥しているため、美肌を保つのがなかなか難しい季節でもあります。

そんな冬に出やすくなるのが、目の下のクマ。クマがあると実年齢より老けて見えたり、何となく暗い印象になったり、不健康に見えたりしてしまいます。

目のクマを予防できるとしたら、どんな方法が有効なのでしょうか。目のクマの種類、冬に目のクマが急増する理由とともにご紹介したいと思います。

目のクマの種類

目のクマには実は3つの種類があり、一般的にはそれぞれ青クマ、黒クマ、茶クマと呼ばれています。これら3種類にはどのような違いがあるのか、特徴や原因を以下にまとめてみました。

目の下にクマができた女性

■青クマ

青黒く見えるのがこのタイプです。目の下を引っ張ると薄くなるという特徴があります。ただし薄くなるだけで、完全には消えません。目の周りの毛細血管への血流が低下することで、薄い皮膚から毛細血管が青黒く透けて見える状態になります。主な原因として、眼精疲労や睡眠不足などがあります。

■黒クマ

目の下にくぼみができ、その影が黒く見えている状態です。上を向くとあまり目立なくなります。黒クマになる原因は、コラーゲンの減少や加齢で目の周りの脂肪が萎縮し、目の下がくぼんでしまうことにあります。また、皮膚のたるみが黒クマを目立たせている場合もあります。

■茶クマ

色素沈着により目の下が茶色っぽく見えてしまうタイプです。目をこすることで生じる摩擦の刺激、紫外線によるダメージ、化粧品でのかぶれなどが原因になります。刺激から肌を守るための反応としてメラニンが作り出され、それがシミのような色に見えてしまうのです。

ある調査によれば、割合としては青クマが最も多く、次いで茶クマ、黒クマとなっています。ただし高齢であるほど、加齢が影響する黒クマのほうが出やすくなっているようです。

冬に目のクマが急増する3つの理由

冬に特に出やすくなる目のクマは、その多くが青クマや茶クマのようです。しかしなぜ、冬になると目の下にクマが出やすくなるのでしょうか。

まず一つ目の理由として、冬の寒さが影響しているといえます。気温の低下は身体の冷えを引き起こしますから、血行不良になりやすいのです。そうして目の周りも血の巡りが悪くなってしまうと、目の下の薄い皮膚が青黒く見える状態、いわゆる青クマになってしまうというわけです。

二つ目の理由として挙げられるのは、空気の乾燥です。乾燥した空気は肌の潤いを奪い、バリア機能を低下させます。その状態で刺激が加えられることでメラニンが生成され、茶クマになってしまうのです。

そして三つ目は、冬ならではの日照時間の短さです。日照時間が短いとビタミンDの生成量も減少し、それがセロトニンの分泌量にも影響します。セロトニンが不足してしまうと自律神経のバランスが乱れがちになり、ストレスが溜まりやすくなります。特に女性にとってはストレスは美の大敵。目元に生じたダメージも回復しづらくなってしまいます。

目のクマ対策

冬に出やすい目のクマを予防するにはどうしたらいいのでしょうか。その方法としては、次のようなことが有効といえそうです。

●肌の保湿
肌の乾燥を防ぎ、潤いを保つことが目のクマの予防にもなります。乳液や保湿美容液、目元用パック、アイクリームなどで保湿ケアを行いましょう。コラーゲン配合のアイクリームなら黒クマの予防にも効果があります。

美容クリーム

●血流を良くする
常に血流を良くすることで青クマは予防できますし、代謝も活性化されるのでダメージを受けた肌も回復しやすくなります。目の周りを優しくマッサージしたり、程よく熱したホットタオルで目を温めるのが効果的です。目の下の皮膚は特に敏感ですから、強い刺激にならないようくれぐれも注意しましょう。

ホットタオルで目をケア

●セロトニンを増やす
セロトニンは、人間の身体の様々な機能を調整するだけでなく、”幸せホルモン”と呼ばれるほど精神の安定にも密接に関わっている物質です。セロトニン生成を積極的に促すことで、心身の調子が整い、ストレスへの耐性が強くなります。ストレスが溜まりにくい身体を作ることは目のクマ予防にも有効といえます。

セロトニン

 

冬はいろいろと楽しいイベントが多い季節です。相手に暗い印象を持たれないようにするためにも、目のクマ対策をしっかりと行い、いつも目元をスッキリさせておきたいですね。

エミタス整体

手根管症候群の症状って?

手根管症候群の主な症状

患者さんから寄せられた、主な症状です。

 

指に常にしびれや違和感がある

・指先が思うように使えず洋服のボタンかけに時間がかかる

・お財布の小銭をなかなかつかむことができない

・指先を触ると紙を1枚はさんでいるような感覚の悪さ(にぶさ)がある

・皿洗いや包丁を使用することが困難になる

■指先に力が入らない

・持った物を落とす

・お箸がうまく使えない

・仕事で文字を書くのが困難になった

・パソコンのキーボード操作が困難になった

・庭仕事でハサミが上手に使えない。

■痛みがある

・包丁を握ると痛い(握りづらくなった)

・夜中にしびれや痛みで目が覚める

・赤ちゃんを抱っこする時に痛みがでる

■手の形状の変化

・親指の付け根の膨らみが痩せてきた

 

このような症状があり、しびれや痛みによって普段の生活に支障をきたしている方は少なくありません。

手根管症候群は放っておいても改善されず症状が進行してしまいます。

 

>>手根管症候群のトップページにもどる