免疫力アップで風邪知らずの健康体に!

今年の1月はインフルエンザが大流行し、患者数は過去最多となりました。厚生労働省の発表によれば、医療機関の受診者数は約222万人とのこと。警報レベルとまでいわれていましたよね。ピークは過ぎましたが、まだまだ油断は禁物といった状況でしょう。

そしてインフルエンザだけでなく、風邪をひきやすいのもまた今の時期です。これらのような感染症を予防するには、免疫力をアップさせることが有効といえます。

 

免疫力とは?

免疫力とは、体内に侵入したウイルスや細菌、発生したがん細胞、その他の異物などを監視し、必要とあらば即座に駆除する免疫系の力を指します。日々の健康を維持するうえで、なくてはならない自己防衛力です。

自己防衛免疫

免疫系には様々な種類がありますが、大まかに粘膜免疫全身免疫(自然免疫、獲得免疫)に分けられます。

粘膜免疫
目、鼻、口、腸管などに備わる粘膜は、ウイルスや細菌を防ぐための最初の防衛システムになります。まずはここで侵入を食い止め、異物を体外へ排出します。涙や鼻水、唾液も決して無駄に出ているわけではないのです。

鼻水カム

自然免疫
体内に侵入してきたウイルスや細菌に、真っ先に反応し攻撃するのが自然免疫です。主に、白血球に含まれる好中球、マクロファージ、樹状細胞、NK(ナチュラルキラー)細胞などが対応します。これらは独立した単細胞生物のように行動し、病原体を見つけ次第、即座に撃退してくれます。

マイクロファージ

獲得免疫
自然免疫で対応できなかった病原体と闘うのが獲得免疫です。T細胞、B細胞と呼ばれるリンパ球が対応します。個々の病原体を判別し記憶するため、同じ種類の抗原が2度目に侵入した場合は、より強力に反応し排除します。

免疫細胞の約6割は、腸内に存在するといわれています。腸は、毎日いろいろな食物を消化・吸収し、排泄へとつなげている器官です。

腸内細菌

体内に取り入れられる食物のなかには、人体にとって有害なウイルスや細菌が混ざっている場合もありますから、特に重点的に監視が必要なのかもしれませんね。

免疫力が低下する原因

免疫力が低下すると、インフルエンザや風邪などの感染症にかかりやすくなるほか、肌荒れやアレルギー症状、お腹の不調などを引き起こしやすくなってしまいます。

でもなぜ、免疫力は減退してしまうのでしょうか。

その原因としては、次のようなことが考えられるそうです。

ストレス
ストレスによって自律神経のバランスが乱れると内分泌系にも異常が生じ、結果として免疫細胞の働きが弱まってしまいます。仕事での重圧や人間関係のストレスなど精神的なものだけでなく、過度の疲労、飲酒や喫煙、暴飲暴食など肉体的なストレスも同様です。

栄養不足
免疫細胞の主成分となるたんぱく質や、免疫細胞を保護するミネラル、ビタミン群などが不足していたり、偏っていると免疫力は低下します。免疫細胞の多くは腸内にいますから、毎日の食事はとても重要です。

睡眠不足
睡眠中は免疫細胞の働きが活発になるとされています。睡眠時間が不足すると、充分に免疫が機能していない状態で朝を迎えなくてはいけません。大塚製薬・乳酸菌B240研究所によれば、睡眠時間が7時間未満の人は、8時間以上の人に比べて風邪の発症率が約3倍となったそうです。

運動不足
ほとんど身体を動かさないような状態が続くと血液やリンパの流れが悪くなり、免疫力が低下する要因になります。

冷え
身体の冷えも免疫細胞の働きを鈍くさせるそうです。厚生労働省が運営するヘルスケアラボでもその点について指摘しています。身体が冷えやすい冬にインフルエンザや風邪が流行しているという相関関係を見ても、やはり冷えには注意するべきでしょう。

免疫力アップの方法!

免疫力をアップすれば、病気になるリスクを減らすことができます。賢く免疫力を高めて、風邪知らずの健康体を目指しましょう!

腸内環境を整える
免疫力アップには、まず腸内環境を整えることが必要不可欠です。ヨーグルト、味噌、納豆などの発酵食品や、全粒穀物、食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖、緑茶などが腸内環境改善に有効とされています。

また、たんぱく質やビタミン、ミネラルは免疫細胞を活性化させるそうです。結局のところ、バランスの良い食事が一番、ということでしょう。

食事

適度な運動
適度な運動は血流を良くし、程よく身体を温めます。身体が温まれば、自然と免疫力も高まります。ウォーキングやジョギングなど自分のペースで無理なく続けられる運動で、健康な身体を作っていきましょう。

ウオーキングする人

充分な睡眠
免疫細胞は睡眠中に活性化しますから、毎日よく眠るだけでも、免疫力がアップし感染症の予防になります。しっかり熟睡できるような良質の睡眠なら、より効果が高いそうです。

睡眠

楽観性
意外かもしれませんが、笑いやユーモア、楽観性が免疫力を高めるという研究データも発表されています。でも確かに、いつも笑っていられればストレスとは無縁になりそうですよね。

ポジティブな人

 

エミタス整体

一酸化炭素中毒とは?その症状と発生メカニズム

地域にもよりますが、寒い冬には暖房が必須ですよね。特に東北や北海道ともなると、暖房がなかったら暮らしていけないほどの寒さです。しかしそんな暖房器具も、使い方に注意しなければならない場合があります。なぜなら、状況によっては一酸化炭素中毒に陥る危険性があるからです。

一酸化炭素中毒とは?

一酸化炭素中毒とは、一酸化炭素を長時間吸入することによって起こる中毒症状を指します。一酸化炭素は人体にとって猛毒ともいえる有害な物質であり、それを大量に吸い込んでしまうことで下記のような症状が現れるとされています。

・頭痛

・めまい

・吐き気

・判断力の低下

・視覚異常

・意識障害

一部の症状は風邪に似ているうえに、一酸化炭素自体が無色無臭であるため、吸い込んでいることを自覚しづらいのが厄介なところです。また、意識喪失するほど重症な場合は死に至るケースもあることから、サイレントキラーとも呼ばれているそうです。

CO中毒

一酸化炭素中毒が発生するメカニズム

全身の細胞は、血液によって運ばれた酸素を取り込んで呼吸しています。

血流(酸素を運ぶ)

具体的には、肺から取り込まれた酸素が赤血球中のヘモグロビンに結合し全身へと運ばれているのですが、一酸化炭素が侵入するとトラブルが生じます。

一酸化炭素は、ヘモグロビンと結合しやすい性質があるのです。その親和性は、酸素の約250倍ともいわれています。

一酸化炭素にヘモグロビンを取られて酸素が結合できなくなることで、血液が酸素を運べなくなり、その結果、全身の様々な細胞が酸欠に陥ってしまいます。

また、一酸化炭素は、それ自体が人体にとって有害な物質です。吸入するほど血液中の一酸化炭素濃度が高くなり、それに比例して症状も重くなります。

一酸化炭素中毒になりやすい状況

東京消防庁の資料によれば、年間を通して最も一酸化炭素中毒の発生件数が多いのは12月〜1月、次いで2月となっています。つまり、冬に起こりやすくなっているのは確実といえそうです。

特にどんな状況で一酸化炭素中毒になりやすいのかというと、一般的には以下のような事例が多いそうです。

積雪時の車内

大雪により車が立ち往生すると、排気ガスを放出するマフラーが雪に埋もれ、ガスが車内に逆流してしまいます。JAFがこういった状況を再現して行ったユーザーテストによれば、分単位で一酸化炭素濃度が急上昇、3時間後には致死レベルとなったそうです。

換気の悪い屋内

窓を閉めっぱなしの部屋でストーブなどの暖房器具を長時間使ったり、ガスコンロやガス湯沸し器などのガス機器を使用すると、一酸化炭素中毒のリスクは極めて高くなります。

冬場のキャンプ

冬にキャンプをする際、外が寒いからと、テント内で七輪、練炭、ガスコンロ等を使用してしまうと、狭い空間の中で一酸化炭素が発生し中毒の危険が高まります。

これら以外にも一酸化炭素が発生する状況はあるでしょうし、冬に限ったことでもありませんが、特に上記のようなケースは危険な状況であるといえます。

一酸化炭素中毒を予防するには?

一酸化炭素中毒を未然に防ぐにはどのようにすればいいのでしょうか。

まず大切なのが、常に換気に気を配ることです。一酸化炭素は、不完全燃焼が起こることで発生します。そして、その不完全燃焼は酸素不足が原因となります。酸素を供給することで、一酸化炭素の発生を防ぐことができるというわけです。

換気

キャンプ時にテント内で火器を使用する場合も同様ですが、中が狭い分、換気には特に注意すべきでしょう。基本的には、テント内で火器を使用するのはやめておいたほうが無難です。それでも使用するのなら、一酸化炭素警報機を用意しておくことをおすすめします。通販サイトなどで簡単に手に入りますし、冬場にキャンプに行くならなるべく携帯しておきましょう。

車に乗り大雪で立ち往生しているケースでは、エンジンを切るのが最善策です。しかし当然ながら暖房は使えなくなってしまいます。雪が降る地域では、こういった非常時に備えて、毛布や防寒着などを車内に用意しておくのが賢明かもしれません。どうしても暖房を使いたいのなら、マフラー周辺をこまめに除雪するというのも有効なようです。

一酸化炭素は有毒な物質であるという認識を常に持って、日頃から意識して中毒の予防に気を配っていきましょう。

エミタス整体