新緑

野山に若葉が青々と生い茂る、新緑の季節となりました。森林浴を楽しむには最適の時期ともいえそうです。森林浴というワードは私たちには聞き慣れたものですが、実は森林浴って日本発祥の文化なのだそうです。

その起源は、1982年に林野庁によって発表された「森林浴構想」。森林に存在する、殺菌力を持つ独特の芳香を健康増進に役立てようというものです。

現在では、海外でもForest bathing、あるいはそのままShinrin-yokuとして注目されているそうで、米ワシントンポストが最新のフィットネストレンドとして紹介しています。

また、日本においては、林野庁や厚生労働省をはじめ各研究機関が森林浴の効果を科学的に検証し、医療などに役立てるための取り組みを進めています。

そんなわけで今回は、森林浴による健康効果と、それを語るうえで外せない重要な存在、フィトンチッドについてまとめてみました。

森林浴の効果

 

科学的にも実証されている森林浴の効果。実際、森林は人間の身体にどのような良い影響をもたらすのでしょうか。その代表的なものといえるのが、リラックス効果です。

森林に入ると、樹木の香りや美しい景観が癒やしを与えてくれます。普段、街で忙しい日常生活を送っているときにはなかなか感じられない心地良さです。

また、木々のさわめきも気持ちを落ち着かせてくれます。枝葉の揺らぎは「1/fゆらぎ」と呼ばれるもので、自律神経を整える効果があるそう。ちなみに1/fゆらぎは世界中で40年以上も研究されており、その効果はすでに科学的に実証済みとの事です。

日本医科大学の研究結果でも、森林浴が交感神経の活動を抑制することでストレスホルモンを減少させ、リラックス効果があるとしています。さらに、副交感神経が優位になるため血圧を下げる効果もあるそうです。

森林浴には、こうしたリラックス効果だけでなく、フィトンチッドと呼ばれる物質による驚くべき効能があるとされています。

朝

フィトンチッドによる効果

フィトンチッドとは、樹木などの植物が傷つけられた際に、その植物から発散される化学物質を指します。その特徴として注目されているのが、殺菌力。フィトンチッドが放出されると、その周囲の細菌は死滅するそうです。

この現象を1928年に偶然発見したのが、ロシアのボリス・トーキンという植物学者であるとされています。そして後に、日本の林野庁がこれを活用すべく森林浴構想を発表しました。

フィトンチッドについては、免疫機能を向上させる効果があることが医学的に認められています。2005年に森林総合研究所の研究成果で明らかとなった事実として、NK(ナチュラルキラー)細胞が活性化することが判明したのです。

NK細胞は免疫細胞の一種で、抗がん作用を有しています。フィトンチッドを全身に浴びることでNK細胞内の抗がんたんぱく質が増加、免疫機能が向上し、がん予防に効果があるそうです。

森の中にいるだけで免疫力が強化されるなんて、何だかちょっと不思議ですよね。

森林浴

森林浴の楽しみ方

森林浴は、人を選ばず誰にでも楽しめます。日本は豊かな自然に恵まれており、野山へ出向けばすぐにでも清々しい森の空気に触れることができるのです。

別に、森林浴だけを目的としなくても問題ありません。森林浴の楽しみ方は人それぞれです。

例えば、ウォーキングを兼ねて森の中を散策したり、主目的をハイキングとしても良いでしょう。森林に癒やされながら足腰も鍛えられます。

動物に興味があれば、森林はバードウォッチングに最適な場所といえます。地域によって違った鳥たちが観察できるので、全国の様々な森林をめぐってみるのも楽しそうです。

森によって異なるのは鳥の種類だけではありません。植物や昆虫なども多様です。自然のなかでありのままの生態系を観察できるのも、森林浴ならではの魅力といえるでしょう。

医学的にも確かな健康効果を認められている森林浴。ご自分なりの楽しみ方で、ぜひ健康増進に役立ててみてはいかがでしょうか?

森林浴

エミタス整体