自律神経とは?

 

病気は自律神経のアンバランスから始まると言われるほど、体の免疫システムが正しく働くか働かないかは「自律神経」の働きにかかっています。

 

自律神経とは自分の意思とは関係なく身体に入ってくる刺激や情報に反応して体の機能をコントロールしている神経のことです。

 

呼吸をする、汗をだす、体温を調整する、食べたものを消化する、排泄、睡眠など自分の意志とは関係なく、生命を維持するのに重要な身体の機能を無意識でコントロールしているのが自律神経です。

そのために、自律神経には安定した調整力が必要です。

この「自律神経」には互いに正反対の作用をする交感神経副交感神経の2つに分けられお互いが24時間、365日休まずにバランスを取り合って調整しています。

 

交感神経が働くとき      →     副交感神経はお休み

副交感神経が働くとき     →     交感神経はお休み

 

交感神経の役割

「交感神経」とは活動する神経で、車に例えるとアクセルの役割があります。交感神経が働くのは、仕事、運動、家事、育児、勉強など行動をしたり興奮しているときです。

こんな時の交感神経の役割は

 □血管の収縮(狭くなる)

 □血行の低下

 □体温の低下

 □心拍数が早い

 □呼吸が浅くて速い

 □血圧が上がる

 □胃腸の動きを抑制する(働きが悪くなる)

 

副交感神経の役割

「副交感神経」は“休息”を担当する神経で、車で例えるとブレーキです。

 

休んだりくつろいでいるとき、安心を感じているときや、睡眠中もこの副交感神経が担当します。太陽が沈む時間から徐々に活発になり、眠っていれば深夜にピークを迎え、朝になるにつれ収まっていきます。ただし、副交感神経が働いている時に内臓器は活発に動いています。

副交感神経の働きは交感神経とは逆で以下のようになります。

 □血管の拡張(広くなる)

 □血行の促進

 □体温の高い

 □心拍数が遅い

 □呼吸が深くてゆっくり

 □血圧が下がる

 □胃腸の動きを活発にする

 

副交感神経が正常に働くと

①神経の伝達がスムーズになるので身体の異常が脳に伝わるし、脳からの修復の指令も身体の各部分にきちんと伝わる。

②血液が流れやすいので栄養・酸素・体温が全身に送られる。

③リンパが流れやすいため老廃物や疲労物質を排出しやすい。

 

副交感神経の働きが正常だと、睡眠中にしっかり疲労回復できるので朝から元気に活動ができます。

自律神経の図

出典:http://health.suntory.co.jp

自律神経のバランスを崩す原因と症状

自律神経のバランスを崩す原因には、身体に無理を強いる肉体的なストレスや、悩みや心配ごとなどの精神的なストレスです。

身体の無理や、悩みを抱え続けると交感神経が過緊張状態になり、副交感神経の働きが抑制されて体温が低下します。そして、血流が悪化してさまざまな体調不良や病気が起こります。

 

例えば、

肩こり、手足のしびれ、頭痛、腰痛、ひざ痛、各部の神経痛、顔面マヒ、関節リュウマチ、五十肩、痔、静脈瘤、歯周病、脱毛、めまい、耳鳴り、高血圧、脳梗塞、心筋梗塞、狭心症、しもやけ、冷え性、アトピー性皮膚炎(大人)、線維筋痛症、月経困難症、子宮筋腫、子宮内膜怒りっぽい、すぐに悲しくなる、情緒不安定、不安感、ネガティブ思考、やる気が出ない、集中できない、などです。

 

このように、自律神経の乱れは、身体の不調に大いに関係があります。

足底筋膜炎、モートン病、そして子供の成長痛と言われているシーバー病も自律神経の乱れが原因で痛みを起こすこともあれば、自律神経の乱れが治癒を阻害することもあります。そのため痛みの改善には自律神経を整えることも非常に重要です。

 

エミタス整体

東京飯田橋院:千代田区飯田橋1丁目8−9−301 03-5213-4868

埼玉川越院 :埼玉県川越市広栄町17−9 049-257-5715