ホーム > 適応症例 > 半月板損傷

半月板損傷を最短で根本的に治す。
手術する前に確認したい治療法。

 

 

 

あなたの症状はどれですか?

チェックマーク_03膝が痛すぎて正座できない

チェックマーク_03膝の動く範囲が狭くなった

チェックマーク_03膝の曲げ伸ばしで違和感を感じる

チェックマーク_03膝に体重をかけると痛む

チェックマーク_03膝の外側や内側が痛む

 

 

膝が痛く、思うように動かせないのはとても辛いものです。

「もうこれからスポーツを一切楽しめなくなるのでは…」

と不安になられる方もいらっしゃるでしょう。

 

基本的には、半月板は損傷した箇所によっては再生することはないとされています。

でも、ご安心ください。

 

本当の原因を把握し適切な治療を施せば、半月板損傷の症状は取り除くことができます。

また思う存分、元気いっぱいにスポーツや運動を楽しむことができるのです。

手術を受けずとも改善が可能ですし、決して諦める必要はありません。

 

 

半月板損傷とはどういう症状でしょうか?

膝痛

 

半月板損傷とは、その名の通り半月板が損傷した状態を意味します。内側半月板を損傷するケースが圧倒的に多く、割合的には外側半月板の5倍にも上ります。

 

損傷の状態は様々で、変性断裂、外縁剥離、縦断裂、横断裂、水平断裂、複合断裂といった種類に分けられます。また、複合断裂にはさらに、フラップ状断裂、くちばし状断裂、バケツ柄断裂などがあります。

どのような病態であれ、半月板を損傷・断裂してしまった場合、以下のような症状が現れます。

 

・膝の内側や外側が痛む
・膝の曲げ伸ばしで痛みがでる
・膝に体重をかけると痛む
・膝の曲げ伸ばしができない
・膝に違和感がある
・膝周りが腫れている(炎症)

 

初期の主症状は、ズキズキとした痛み(疼痛)や、膝を伸ばした際に関節内で一瞬引っかかるような違和感です。

半月板損傷において、この引っかかりを感じる症状はキャッチングと呼ばれています。

また、損傷直後には内出血による膝関節内血腫がみられることもあります。

症状が進行したり、あるいはダメージが大きかった場合、半月板の断裂も大きくなり、激痛やロッキングと呼ばれる症状を引き起こします。

これは、欠けた半月板が膝関節に挟まり、ロック(鍵)されたかのように膝の動きが制限される病態を指します。

 

ロッキングが起こると膝の曲げ伸ばしが不自由になり、正座やあぐらができなくなったり、歩行困難にまでなってしまうケースもあります。

当然ながら、日常生活に支障をきたしてしまうでしょう。

それ以外にも、突然力が抜けて膝から崩れ落ちてしまうといった症状が起こることも。

この症状はギビングウェイ(膝崩れ・膝折れ)と呼ばれています。

また、半月板を損傷した方の約6割が「膝内側側副靱帯損傷」や「膝前十字靱帯断裂」を併発しているようです。

 

半月板とは何か?

膝(側面と正面)

 

半月板とは、大腿骨(だいたいこつ・太ももの骨)と脛骨(けいこつ・すねの骨)の間にある軟骨組織を指します。厚さは4mm程度で三日月型の形状をしており、内側と外側にそれぞれひとつずつあります。

 

内側半月板
内側側副靭帯(ないふくそくふくじんたい)や半膜様筋腱(はんまくようきんけん)と連結しています。可動性が低く、過負荷を受けた場合に損傷しやすいとされています。

 

外側半月板
靭帯との連結はありません。可動性は内側半月板の2倍とかなり高く、損傷頻度は少ないでようす。

その半月板がどんな働きをしているのかというと、膝関節にかかる衝撃を吸収するクッションの役割を担っているのと同時に、関節の動きを円滑にするローラーベアリングのような機能も有しています。

 

膝は、運動時は常に身体の全体重を支えている部位といえます。そのため常に負担は大きく、かかる負荷は歩くだけでも体重の約3倍、階段の上り降りなら4~5倍、走る動作では約7倍にまで増加します。

 

そんな負荷のなかでも、膝関節が自在に動くように機能しているのが半月板です。半月板があるからこそ関節の位置が安定し、スムーズに膝の曲げ伸ばしができるのです。

 

そんな半月板ですが、外縁部以外は血液が通っていないため、損傷した場合は、半月板のほとんどの箇所は自己修復が不可能といわれています。

また、半月板の奇形として、円板状半月と呼ばれるものもあります。発生率は約5%程度と低いですが、円板状半月である場合、軽微な負荷でも損傷しやすいようです。

 

 

一般的に言われている半月板損傷の原因とは?

半月板損傷の原因は、大まかに3つに分けられます。

回旋による過負荷

回旋とは、ひねる動きのことです。半月板損傷は、大腿骨(太ももの骨)や脛骨(すねの骨)にひねりの力が加わることで起こり得ます。
膝をひねる動きには、つま先が内側に向く方向に脛骨をひねる内旋運動、つま先が外側に向く方向へひねる外旋運動の2つがありますが、その両方が半月板に負荷を与えます。

 

急激な方向転換や、ジャンプして着地した際の膝回旋、平泳ぎでの水を蹴る動きなど、膝をひねる動作を繰り返したり、急激にひねったりすることで過負荷が加わり、限界を迎えると半月板が損傷してしまいます。

外傷

スポーツでの接触プレーや、仕事中の事故、あるいは日常のなかでの転倒など、外傷によって膝に過剰な負荷が加わった場合にも半月板損傷は起こり得ます。

加齢による変性

半月板は、加齢によって変性していきます。そのため、40歳以上になると軽微な負荷でも半月板損傷が起こりやすくなります。

 

ただしこれら3つは、あくまでも半月板損傷に至る原因であり、痛みが起こる原因とは必ずしも言い切れません。

また、外傷はともかく、回旋運動が多いスポーツをしている人や高齢世代でも、半月板損傷を経験していない人はたくさんいらっしゃいます。

痛みが起こる原因や、半月板を損傷する人としない人の違い。そこには、本当の原因というものが関わってきます。

 

当院が考える痛みを引き起こす本当の原因とは?

半月板損傷は、膝への過剰な負荷や外傷によって起こりますが、痛みを引き起こしている原因は別にあります。本当の原因を把握して対処しなければ半月板損傷の痛みは改善しませんし、治ってもまた再発してしまう可能性があります。

半月板は軟骨組織で構成されており、知覚神経は通っていません。つまり、半月板の損傷自体が痛みを引き起こすわけではないのです。それでは、なぜ半月板損傷で痛みが発生するのでしょうか?

実は、痛みを感じているのは膝関節を取り囲んでいる関節包や滑膜です。

膝関節略図(横から見たところ)

半月板は、膝を曲げると膝の後方へ移動し、膝を伸ばすと前方へ戻ります。損傷することで半月板がささくれてしまい、動く際に関節包や滑膜を刺激するため痛みが起こるのです。

 

そしてその刺激を増長させているのは、硬くなった筋肉です。膝関節の動きに関わる筋肉が硬くなっているせいで、痛みが増してしまうのです。また、筋肉・筋膜・腱が、大腿骨や脛骨を通じて半月板に偏った圧力をかけていることも痛みが起こる原因になります。

 

そもそも、偏った圧力をかけ続けることが半月板損傷を起こす、ともいえます。

間違ったフォームや悪い姿勢、膝に負担を強いる歩き方・走り方などが膝への過度なストレスを生み、半月板へ余計に圧力をかけてしまうのです。

 

硬くなった筋肉は、その圧力をさらに増長させます。そのため、日頃から身体的ストレス・精神的ストレス・生活習慣の乱れなどで筋肉が緊張し硬くなっている人は、筋肉が柔軟性を保っている人よりも半月板損傷のリスクが高いといえます。

つまり、半月板損傷の痛みや、半月板を損傷する根本原因は、その人の筋肉の状態と深い関係性があるのです。

 

半月板損傷の一般的な治療法とは

 

 

半月板損傷の治療法について、様々な誤解も広まっているようです。症状を早く改善したいからといっても、焦ってはいけません。以下のような治療法は、治るどころか悪化してしまうケースもあるので注意が必要です。

 

アイシング
痛みの根本原因が筋肉の硬化にあるのに、患部を冷やしてしまっては症状がさらに悪化してしまう可能性があります。筋肉は、冷やすとより硬くなる性質があるのです。症状を改善したいなら、むしろ身体を温めたほうが効果的です。

 

テーピング
テーピングは可動範囲を制限して痛みを抑えるのに効果的ですが、この方法で痛みの根本原因が解消されることはありません。また、テーピングを続けることで、動きを制限された部分の筋肉がどんどん衰えてしまいます。

 

サポーター
サポーターを使用すると、膝をひねる際の痛みが緩和され、安心感が生まれますが、それゆえに、無理にスポーツや運動を継続してしまいがちです。痛みの元が解消されないまま動き回るのは、症状を悪化させてしまう要因になります。

 

痛み止め
湿布や鎮痛薬は、一時凌ぎの効果しかありません。ただ痛みを感じなくなるだけで、実際に治療効果があるわけではないのです。「もう治ったみたい」と錯覚し運動を続けてしまうと、さらなる怪我や事故につながる危険性もあります。

 

マッサージ
欠けた半月板の組織などがある患部や、その周辺にマッサージを行うと、さらに余計な刺激を与えてしまいます。刺激が加わるほどに筋肉が緊張してしまうので、マッサージはおすすめできません。

 

ストレッチ
半月板損傷においては、ストレッチも細心の注意が必要です。インターネット上によくあるような、不特定多数に推進しているストレッチ法や、自己流のストレッチを行うのは危険です。

 

手術
手術という選択肢も確かにありますが、安易に選ぶべきではありません。実は、手術をしたからといって、必ずしも痛みが消えるわけではないのです。また、半月板を切除した場合、膝関節がより不安定になってしまう可能性もあります。

 

これらの治療法を続けても症状が改善しなかったり、むしろ悪化してしまったのなら、やはりその方法は間違っていると言わざるを得ません。特に手術に関しては、後遺症などのリスクもありますからあまりおすすめできません。

ヒアルロン酸注射をしても改善しないこともあります。

 

なぜ、エミタス整体で半月板損傷が早期に改善するの?

施述風景1

 

エミタス整体では、一時的な効果しかない対症療法ではなく、原因を根本から取り除く根本療法を提供しています。

痛いところだけが原因ではないかもしれません。他の場所に原因がかくれている可能性もあるのです。当院ではその根本原因を探り施術をおこなっていきます。

 

半月板損傷においては、膝周辺の筋肉を緩めつつ、股関節周りや太ももの内側、外側、すね、ふくらはぎ、足首など、必要に応じて身体全体の筋肉も柔らかくしていきます。筋肉が緩むことで痛みは軽減されていきます。

 

同時にズレてしまった関節を調整することで、固まった箇所の動きがスムーズになり、望ましくない姿勢や動作のクセも改善します。

 

 

治療当日は、まずカウンセリングや問診、検査をしっかり行います。半月板損傷といっても、先ほど述べたように根本原因が患部周辺のみとは限りません。身体全体を診て患者さんの状態を的確に把握することが、痛み改善への第一歩となります。

 

施術開始後は、ゆったりした空間でリラックスしていただいています。エミタス整体で提供する施術は、優しい刺激によるものですので女性の方や小さなお子様までみなさま安心して受けていただいております。筋肉の緊張が起こらないよう、低刺激による働きかけを行うので、初めての方でもご安心です。

 

 

施術終了後は、ご自身でできるセルフケアや再発防止のために普段の体の使い方などをアドバイスさせていただいております。ぜひ日常生活に取り入れていただき早期改善を一緒に目指していきたいと考えています。

 

 

エミタス整体の施術による効果は、痛み改善だけではありません。自律神経が調整され筋肉が柔軟性を取り戻すことで、身体のゆがみも解消され、間違ったフォームや姿勢、負担を与える動作のクセなども修正されていきます。

 

 

また、身体が本来の動きを取り戻すため、スポーツや運動でのパフォーマンスアップも望めます。

 

 

損傷した半月板は再生しないケースがほとんどですが、痛みや可動域は確実に改善していきます。

諦める必要はありません。

ぜひ私たちと一緒に、再びスポーツや運動を楽しめる快適な生活を取り戻していきましょう。

半月板損傷の回復に関する注意点とは?

半月板損傷を回復させていくうえで、注意点があります。

 

まず重要なのは、少なくとも通院中は、膝に負担を与えるスポーツや激しい運動を避ける必要があります。せっかく施術を行っても、また新たに膝へ過度な負担を与えてしまっては痛み早期改善への道のりが残念ながら遠のいてしまいます。可能であれば、通院中は休養を優先することをおすすめしています。

 

また、症状が引き起こされる原因には自律神経の状態も関連しています。筋肉の過緊張は、自律神経がバランスを崩した場合にも起こり得るのです。つまり、自律神経のバランス改善が痛みを治すことにもつながります。

 

 

自律神経を正常なバランスに調整していくうえで、実は以下の点がとても重要なのです。普段の生活でもぜひ意識してみてください。

 

・睡眠を充分にとる
・身体をよく温める
・バランス良く栄養を摂取する

 

自律神経が正常に機能することで、人間が本来持つ自然治癒力が充分に発揮され、施術との相乗効果で筋肉が柔軟性を取り戻していきます。

半月板損傷で来院され施術を受けた方の喜びの声

 

・当院に来院する前どのような事で悩んでいましたか?

半月板損傷

・様々な治療院がある中で何が決め手となって当院に来院されましたか?

HP 病院での診察で回復する期待が持てなかったが、治ると明記されていたため。

・当院に対してどのような期待や不安がありましたか?

整体の通院経験がなかったため患部を直接施術する事の不安、悪化しないかどうか。

・実際に来院されていかがですか?

痛みもなく患部だけでなく体全体を整えていただき満足感があります。

気持ちよく痛みを忘れてしまうこともありました。

・施術前と後を比較してどうですか?

最初は劇的な効果を感じることはありませんでした。

10回位の通院との言葉通りその頃から一気に改善され、13回目の現在は痛みもほぼ無くなり足の曲げ伸ばしも楽になりました。

・院長の説明は分かりやすかったですか?

分かり易かったです。

・その他何かひとことお願いします。

本当に治るのか不安な気持ちでしたがほぼ痛みもなくなり通院して良かったです。

ありがとうございました。

来院動機は膝痛み、原因ははっきり分からないけれども、剣術稽古の疲労かもしれません。

飯田橋院にて一回だけの治療の影響は効果的です。

完全になっていないが足の具合が楽になりました。

院長の説明は分かり易くて安心と信頼が出来ました。

治療後日々に症状の変化を感じて精神的に励みになりました。問題は足の内側の筋肉です。

これから症状は改善になるために治療を集中的に頑張ります。何卒よろしくお願い致します。

 

当日はこんなことをします

お電話でのご予約はこちらから

※予約の時には「ホームページを見ました」とお伝えください。

飯田橋TEL
川越TELWEB予約

当院が独自に開発したエミタス式ケアで原因を特定

問診

症状の原因を見つけることが施術のスタート。

丁寧な問診に加え、独自の検査で原因を徹底追求。

仮説と検証(施術)を繰り返して症状改善に導きます。

リラックスできる空間での優しい丁寧な施術

飯田橋院内画像

完全予約制なので出入りする人も限られていて、落ち着いた空間で施術が受けられます。

また、施術はとてもソフトでミリ単位で関節を整えて行きます。

完全予約制のため、しっかりと施術時間も確保でき、待ち時間もありません。

院内風景2

完全予約制のため予約時間に合わせて来院することができ、施術までの時間で待ち疲れすることなくスムーズに施術が受けられます。

専門用語を使いません!分かりやすい言葉で丁寧に説明します。

問診から「いつから痛いのか」「何をすると痛いのか」「痛みがなくなったら何がしたいのか」患者様の立場に立ってお話を伺います。

身体の状態に合わせての通院間隔もしっかりとお伝えしていきますので安心して来院できます。

専門用語は使わずに小学生でもわかるように説明していきます。また患者様の生活スタイルに合わせて日常生活のアドバイスなどもいたします。

痛い場所だけでなく、そのほかの関係のある場所も施術していきます。

施述風景1

痛みが出ている場所も施術していきますが、その痛みを引き起こしている場所以外での原因になっている場所を施術していきます。

身体の状態によっては全身施術していくこともあります。

健康情報を配信

健康情報配信

LINE@やニュースレターを使い定期的に健康情報を配信いたします。日常生活に役に立つ情報や季節に合った情報をお伝えしています。

働く人を応援します

飛行機の中

平日は20時まで土曜日は18時まで施術をしています。遅い時間まで仕事を頑張っているにも関わらず施術を受ける機会がないのは危険です。夜も施術を行なっているので安心してお越しください。

 

 

来院から施術に至るまで

① 問診票に記入していただきます。

問診

まずはじめに問診票の記入をしていただきます。

気になっている症状、思い当る原因、悩んでいることなど、相談したいことがあればなんでもご記入してください。

分からないことは何でも質問してください。

② カウンセリング   

ご記入していただいた問診票をもとに、お話を丁寧に詳しく聞いてまいります。

どんなときに痛むのか、どんなことに困っているのか?良くなったら何がやりたいのか?などをお伺いいたします。

③お身体の状態を説明しつつ優しい施術をしていきます。

施述風景3

カウンセリング、検査をもとにオーダーメイドの施術を行います。一番リラックスできる姿勢、ツラくない姿勢で行い、骨を整え筋肉を柔らかくし、身体のバランスを整えていきます

④ 分かりやすいお会計

飯田橋受付

施術が終わった後は、自宅でのセルフケアなどをお伝えしお会計と次回予約をして終了です。

 

お電話で予約を承ります。

 

お電話でのご予約はこちらから

※予約の時には「ホームページを見ました」とお伝えください。

飯田橋TEL
川越TELWEB予約

毎日悩まされる辛い症状を

全力でサポートします。

エミタス整体

飯田橋院

あなたの強力なパートナーです。

「この症状は、加齢のせいなので治りません」
「変形が終われば痛みは引くので、痛み止めを飲んで様子を見ましょう」

整形外科や整骨院を何か所も回り一向に良くならず、薬を処方され飲み続けていたり、痛みに対してばかりで、その場では少し痛みがひいてもすぐに元に戻ってしまい何をして良いかも分からず、とりあえず様子を見て症状が改善されず悪化してしまう方は多いです。

しかし本当に、このまま何もしないで放っておくしかないのでしょうか?

一生このままの状態なのでしょうか?

安心してください!原因となっているものを取り除き処置していけばあなたのお悩みの症状は根本的に改善していきます。

エミタス整体は「笑顔と挑戦」という理念にもとずいて日々の施術をおこなっています。

私たちは身体の状態を整え良くしていくことで、あなたの笑顔が「美しい笑顔に変わるお手伝い」をすることができます。

しかし私たちだけが頑張ってもダメで、あなたと私たちがお互いに協力し2人3脚で1歩ずつ進んでいくことが大切です。

私たちは、笑顔を増やしつなげていくために常に挑戦しています。

そしてその挑戦があなたの生活に笑顔が増えその笑顔が周りにもつながってほしい。という思いで日々の施術に取り組んでいます。

本当は、身体の不調を抱えずに、治療院や整体、病院などには縁がない生活の方が望ましいのかもしれませんが、もし今お身体に不調を抱えお悩みであれば一度エミタス整体に足を運んでみてください。

必ずあなたの力になります。

飯田橋・スタッフ

院情報・地図

院名

エミタス整体飯田橋院

所在地

東京都千代田区飯田橋1丁目8−9
ニューシティハイツ飯田橋301

営業時間

平日 9:00〜20:00

土・日曜・祝日 9:00〜18:00

予約について

完全予約制

料金について

当院は民間療法の整体院ですので、保険診療はできません。
当院の施術料金は、「〇分〇〇円」という時間制ではなく、「1回〇〇円」という料金設定です。その日のお体の調子や状態によって施術時間が前後する場合があります。

初診料 3,000円(税込)
施術料

小学生     5,000円(税込)

中高生  6,000円(税込)

一     般  7,000円(税込) 

※初回は「初診料」+「施術料」の料金がかかります。二回目以降は「施術料」のみとなります。

地図

最寄駅

飯田橋院地図

お電話でのご予約はこちらから

※予約の時には「ホームページを見ました」とお伝えください。

飯田橋TEL
川越TELWEB予約