ホーム > 適応症例 > ヘバーデン結節

必読!ヘバーデン結節の本当の原因と最短で改善させる方法!

なぜあなたのへバーデン結節は治るのか

出典:https://style.nikkei.com/woman

 

指の痛みのせいで雑巾を強く絞れない

・長い時間パソコンの文字を打つ事が出来ない

・力が入れられなくてペットボトルのふたが開けられない

・缶のプルタブが思うように引けない

・包丁がしっかりと握れない

・ズキズキ痛み何もやる気が起きない

・軽くコツンとぶつけるだけでも涙が出るほど痛い

 

あなたはどのような症状で1番お悩みでしょうか?

 

指に痛みが強く出ていると、ちょっとしたことで痛みがでて、何もする気が起きなくて痛みがでる怖さがいつも付きまとい、「本当にに治るのかな?」「一生このままの状態だったらどうしよう・・・」

 

など不安や痛みからイライラする日々、家族にあたってしまったり、落ち込んでしまう日もあると思います。

 

しかし、ヘバーデン結節の痛みは適切な処置をしていくことで早期に改善することができるのです。

 

今の痛みが無くなった時のことを思い浮かべて下さい。

 

 

もう常に指をかばう必要もありません。パソコンの文字だって長時間打てるようになります。

 

ペットボトルでも缶でも好きな場所、好きなタイミングで好きなものが飲めるようになります。

 

突然おそってくる痛みにもおびえる必要もありません。

 

 

指先は生活をしていく中でとても大切な場所です。

動かしたり、どこかに「コツン」とぶつけただけで強い痛みが出る状態は1日でもはやく

改善したいですよね。

 

 

また症状が悪化したことを考えると、痛みで指が使えなくなってしまうのではないかと不安になることもあると思います。

 

 

へバーデン結節でツラい思いをしているあなたのために

エミタス整体ではへバーデン結節のあなた限定で、初回の料金を特別な価格で施術させていただくことにしました。

へバーデン結節 初回料金キャンペーン画像

 

初回割引をはじめた理由は1つだけです。

 

へバーデン結節の患者さんの中で「エミタス整体に通うまで1人で悩んでいた。」という声がたくさん上がってきたからです。

 

そして初回の料金で悩んで、一歩踏み出せていない方がいることを知ったのです。

まずは1歩を踏み出し、私たちと一緒にツラい症状も、改善していく嬉しい過程も共有できたらいいなと思っています。

 

 

へバーデン結節を治すためには、まずその原因を知ることが大切です。

 

このページにはあなたのへバーデン結節が治るために必要なことが書かれています。

しっかり読んでいただいてから、電話かメールにて通いやすい院に予約のお問い合わせをしてください。

 

そして、そのときにはあなたの症状をくわしく教えてください。

 

※予約の時には「へバーデン結節の初回割引のページを見ました」とお伝えください。

 

東京飯田橋院 03-5213-4868

埼玉川越院  049-257-5715

メールでお問い合わせの方はこちら

1.へバーデン結節・患者様の声

 

ご参考までにエミタス整体で施術を受けた方の改善例をご紹介します。  

へバーデン結節・患者様の声 60代女性

 

へバーデン結節・患者さんの声 Yさん

私は2年前からへバーデン結節で悩んでいました。

職業柄、手指を使うことが多いので、これ以上痛みが強くなったら仕事ができなくなると思い、エミタス整体で施術を受けることにしました。

整形外科では「老化が原因だからしょうがない。変形が止まれば痛みもなくなるよ」と言われ痛み止めの薬を飲んでいました。


エミタス整体で施術を受けることになって痛みはみるみるうちによくなっていってすごく驚きました。

老化と言われて諦めかけていたので痛みがかなり軽減したことはすごくうれしいです。

指だけに原因があるのではなく腕や肩など他の場所にもたくさん原因があるのだとよくわかりました。

また、私生活で気をつける事や、セルフケアなども教えてもらい元の状態に戻らないように毎日頑張って続けています。

 

前と同じ状態にはもう戻りたくないので、これからもよろしくお願いします。

埼玉県在住 Y.Oさん 50歳 女性

2.へバーデン結節とは?

へバーデン結節イラスト

 

へバーデン結節とは、手指の第1関節の変形性の関節症をいいます。

人差し指から小指にかけて第1関節が赤く腫れたり水膨れのようなコブができます。

 

一般的には40代以降の女性に多く発症し、手を多く使う職業の方に多いと言われています。

 

実際にエミタス整体に来ている患者さんも40代〜60代の女性が多く

 

「子供がまだ高校生で朝に弁当を作るのが苦痛です。」

「洗濯物が多く、痛みが酷い時は主人に手伝ってもらっています。」

「母の介護を前のようにすることができません。」

 

痛みが伴う場合、指の曲げ伸ばしで強い痛みが走り、物を強く握ったり持ったりすることがつらくなり、このような家事や介護をすることが苦痛になってしまいます。

 

へバーデン結節の大きな特徴としては関節の変形と痛みで、両手に起き得る疾患で、かつ1本の指がヘバーデン結節にかかると、他の指もかかってしまう場合が多い疾患です。

 

へバーデン結節は指の第1関節の変形の事を言いますが、類似している疾患としてブシャール結節と関節リウマチがあります。

 

へバーデン結節が第1関節に発症することに対しブシャール結節は第2関節に発症する変形性関節症です。

 

※リウマチの症状として初期症状では、指の第2関節や第3関節に変形が起こりやすく、ブシャール結節と鑑別する事が大切です。

 

またリウマチは破壊性の関節炎で発見が遅れると全身の関節が破壊され強く変形してしまうような病気です。

 

ご自身の判断だけでなく、迷ったらまず検査を受けることをオススメします。

 

3.こんな治療は早期回復から遠ざかってしまいます。

 

・局所の固定・安静

・局所のテーピング

・ステロイド注射

・薬物療法(飲み薬、湿布、塗り薬)

 

このような治療法は、その場の痛みを少しでもラクにさせるための処置ではありますが、へバーデン結節が根本から改善するものではありません。

 

ですから一時的に痛みが治まることはあっても根本的な原因は痛みが解決したわけではないので、再発したり他の指がへバーデン結節になってしまう可能性はおおきいです。

 

痛みというのは氷山の一角のようなもので、その土台には痛みを引き起こしている直接的な原因や生活習慣などの根本的な原因となっているものが大きくあります。

 

ですから痛みが起きている土台となる部分を治療と平行して取り除いていかなければならないのです。

 

 

変形や痛みが強い場合手術をススメられることがあります。

 

手術を行うことで変形が矯正され見た目がきれいになったり、変形により動けなくなっていた関節が動くようになることはあるのですが

 

手術後固定をしている期間は指を全く使えないです。

 

そして関節固定術などの手術を行うと第1関節が動かなくなるため指を握りこむことができなくなったり細いものが握れなくなってしまいます。

 

手術は根本の原因がなくなっているわけではないので、他の指がへバーデン結節になる可能性があり、1度手術をすると2度目3度目と手術をする方もいらっしゃるそうです。

 

手術をした事で痛みがなくなり以前のように使える保証はないですし、手術には必ずリスクがつきものです。手術という最終手段を撮る前に1度相談してほしいです。

4.へバーデン結節の原因

 

西洋医学では原因不明と言われてしまう症状もたくさんありますが、どんな症状にも必ず原因があり、へバーデン結節も例外ではありません。

 

 

体はとてもシンプルです。原因を突き止め取り除いていけば必ず症状は改善していきます。

一般的にへバーデン結節の原因と言われているものは

 

 

・加齢によるもの

・手を良く使う仕事をしている

・遺伝

・更年期によるホルモンバランスの乱れ

コーヒーの飲みすぎ

 

 

このような事が原因として言われています。

しかしこのような条件が揃ってしまえばへバーデン結節になるのか、というとそうではありません。 

 

へバーデン結節の本当の原因

 

へバーデン結節が痛んでしまう場所は指の第1関節です。 関節は骨と骨のつなぎ目がうまくかみ合っているおかげで私たちの関節はスムーズに動かす事ができるのです。

しかし何らかの事が原因で、骨と骨の間が狭くなっていたり、ズレてしまう事で 関節が正しい方向へ動けなくなってしまい、筋肉や周辺の組織が無理に引っ張られ 痛みや違和感が出ている場合があります。

 

 

へバーデン結節の方は肩甲骨から指先にかけての筋肉が強く緊張してしまっている方が非常に多いです。

ですから肩甲骨周りから指先にかけての筋肉の緊張を解いていくことはへバーデン結節の指の痛み、こわばりを改善させていくうえで非常に大事になりますし、肩甲骨周りから指先の筋肉の固さが結果としてヘバーデン結節をひきおこしてしまうのです。

 

 

このような原因に対して適切な施術ができれば、ヘバーデン結節の痛みは5~8回ほどの施術で痛みが無くなっていきます。

 

しかし適切な処置をおこなっていても一度変形してしまった骨は確実に元に戻るとは言えません。

 

 

また「母も同じように指が変形しているのですが遺伝も関係ありますか?」と質問される事があります。

 

 

親子で同じ症状が出てしまうのは、生活習慣や動作が似ているからです。

似た味付けの食事、似た動作をしていく事で体内環境や関節のズレる場所、筋肉が緊張する場所も似てしまうため、同じ症状が出てしまうのです。

5.へバーデン結節のあなたへ

「へバーデン結節は、加齢のせいなので治りません」

「変形が終われば痛みは引くので、痛み止めを飲んで様子を見ましょう」

 

へバーデン結節と診断を受けその聞きなれない言葉に

何をして良いか分からず、とりあえず様子を見て症状が改善されず悪化してしまう方は多いです。

 

しかし本当に、このまま何もしないで放っておくしかないのでしょうか?

一生このままの状態なのでしょうか?

 

安心してください。

 

へバーデン結節の痛みは適切な処置をすることで早期に改善していきます。

 

 

・ 手の指の第一関節が(赤く)腫れている

・手指の第一関節が変形している

・第一関節の上に「水ぶくれ」のようなものができている

・何もしなくてもズキンズキン神経痛のように痛む

・誤ってどこかに軽くぶつけるだけでも涙が出るほど痛い

・酷い時はペンやお箸を握れないほど激痛を感じる

・指を曲げる、動かすと痛い

 

 

へバーデン結節と一口に言っても、痛みの出る場所、変形の仕方その症状は十人十色です。

しかし原因となっているものを取り除き処置していけば早期に根本的に改善していきます。

 

私たちにあなたがへバーデン結節の苦痛から解放され笑顔になれるお手伝いをさせて下さい!

最後にもう1度お伝えさせてください。

へバーデン結節でツラい思いをしているあなたのために

エミタス整体ではへバーデン結節のあなた限定で、初回の料金を特別な価格で施術させていただくことにしました。

へバーデン結節 初回料金キャンペーン画像

 

初回割引をはじめた理由は1つだけです。

 

へバーデン結節の患者さんの中で「エミタス整体に通うまで1人で悩んでいた。」という声がたくさん上がってきたからです。

 

そして初回の料金で悩んで、一歩踏み出せていない方がいることを知ったのです。

まずは1歩を踏み出し、私たちと一緒にツラい症状も、改善していく嬉しい過程も共有できたらいいなと思っています。

 

 

へバーデン結節を治すためにはまずその原因を知ることが大切です。

 

このページにはあなたのへバーデン結節が治るために必要なことが書かれています。

しっかり読んでいただいてから、電話かメールにて通いやすい院に予約のお問い合わせをしてください。

 

そして、そのときにはあなたの症状をくわしく教えてください。

 

※予約の時には「へバーデン結節の初回割引のページを見ました」とお伝えください。

 

東京飯田橋院 03-5213-4868

埼玉川越院  049-257-5715

メールでお問い合わせの方はこちら

 

 

私たちと一緒に頑張ってみませんか?