ホーム > 適応症例 > 四十肩・五十肩

四十肩・五十肩を最短で治す。
本当の原因とその治療法。

四十肩・五十肩

最近、加齢に伴って肩が痛み出した。

 

40代・50代に突入すると体の節々が痛くなったり、関節の可動域が狭くなることってありますよね。

 

肩に関していえば四十肩や五十肩なんて呼び方をします。

 

40代・50代の中年以降の方に多く発症する疾患で肩が痛い、腕が上がらない、後ろに回せない等の症状が現れます。


症状により腕や背中まで痛む方もおられ、時には、髪がとかせない、結べないというような「結髪障害」や帯やブラジャーがつけられない「結帯障害」など、腕が上がらない回せないというような運動障害を伴い、日常生活に支障をきたすこともあります。


これではとっても辛いですよね。

 

四十肩・五十肩は一度なってしまうと、実は治療が難しい症状です。

 

また、自分で無理に治そうと思うとより悪化してしまうなんてこともあります。

 

では、一体どう対処していけばいいのか。具体的にみていきましょう。

四十肩・五十肩の一般的に誤った情報

四十肩・五十肩は加齢で起こる老化現象と捉えられがちです。

 

「四十肩・五十肩は、耐えていれば治る!」そうおっしゃる方がいます。

 

しかし、これはれっきとした病気であること。具体的には「肩関節周囲炎」と呼ばれます。

 

年だから肩が上がらない。痛みがあるのは仕方がない。それは間違った見方なのです。

 

肩の関節に炎症が起こっていて、それが原因で痛みや可動域の縮小が起きている。そのため、きちんとした治療が必要です。

具体的症状とは?

四十肩・五十肩では具体的に以下の症状を発症します。

 

・安静時でも痛みを感じる
・就寝中でも痛みを感じ、起きてしまう
・腕をあげることができない
・着替えをするのが困難になる
・吊革につかまれない

 

肩を使う動作全般において、不自由を感じることでしょう。常に痛みを感じることもありますから、精神的にもかなり負担となってしまうことがあります。

 

四十肩・五十肩は非常にツラい症状です。この症状から脱するためには一刻も早く治療を行うことが大切です。

また、肩が思うように動かないイライラから、無理やり動かしてしまい症状を悪化させ、今以上にツラい思いをしてしまう方もいます。

 

もちろん無理やり動かしていしまうと、完治するにも時間がかかってしまいます。

 

ツラい症状から一日でも早く解放されるためにも、無理やり動かしたりはしないようにしてください。

四十肩・五十肩はどうして起こる?

出典;www.medicitalia.it

出典;www.medicitalia.it

 

 

四十肩・五十肩は筋肉が固まってしまうことが原因といわれています。

 

これは日常的に使いすぎていたり、反対に筋肉が衰え硬直してしまった結果と一般的に考えられます。

 

肩関節の周辺組織に炎症や癒着が発生し肩の運動を阻害すると考えられています。

 

 

例えば、肩をあげる動作は日常の中であまりすることはありませんよね。

 

このような状況が長期間続くと、筋肉が固まってしまうのです。そして、ふとしたとき筋肉を動かすと痛みを発症させるのです。

 

また四十肩・五十肩はデスクワークの方に多いです。デスクワークの方は同じ姿勢を長時間行っていることが多く、人によっては数時間の間パソコンと向かい合い仕事に熱中する場合もあります。

 

さらに、その数時間パソコンに向かっている間の姿勢が、猫背のような姿勢だった場合、身体を歪ませた状態で固めてしまう事になります。

 

このような時間が長ければ長いほど、肩は固まっていき癒着してしまいます。

 

ですから業務中の姿勢も四十肩・五十肩の症状を加速させる要因になってしまうのです。

 

また猫背のような姿勢は骨盤を後傾させてしまいます。

 

背中には脊柱起立筋という筋肉が付いているのですが、この脊柱起立筋は大まかにいうと後頭部から骨盤に向かって付いている筋肉です。

 

この筋肉が固くなっている状態だと、まず猫背が改善されていかないですし、単純に背中や肩甲骨周りの固さは取れていきません。

 

肩の症状だからといい、肩回りだけを治していくのではなく骨盤からしっかり整えていかないと、症状が思ったように改善されて行きません。

 

また精神的要因が四十肩・五十肩を促進させる場合もあります。

 

プレゼンをしていたり、偉い人と会ったりするときなど、特に長時間何かを、していなくても疲れがドッと出ることがあると思います。

 

これは、精神的な不安により身体が身を守ろうとし、身体に力を入れ固めているのです。特に肩回りには力が入りやすく固まりやすいです。

 

ですから精神的要因で体に力が入りやすい人は、深呼吸をこまめにし力を抜いていく必要もあります。

 

 

※普段の生活習慣がかかわる症状として慢性疲労症候群などもあげられます。

四十肩・五十肩の治療方法とは

施術

整形外科や病院での基本的な治療としては消炎鎮痛剤の服用、もしくは注射をする保存療法です。

 

また理学療法をしていくこともあります。これは理学療法士と一緒にストレッチを行い、関節の可動域を広げていき、徐々に症状を緩和していくことを目的としています。

 

しかし残念なことにこれらの治療法で早期に完治していく方は類い稀です。

 

消炎鎮痛剤のお薬や、注射はその場凌ぎの対処に過ぎません。これらのクスリを使い、痛みが改善されていったとしても、根本的な原因である身体の歪みや、筋肉の癒着等は絶対に取れていかないからです。

 

薬の服用や、注射で痛みが消えてしまった場合、再発する可能性はかなり高いです。

 

まずは身体の歪みを整えていく必要があります。

人の身体の構造上、筋肉は骨と骨に付いています。身体に歪みがある状態というのは骨がズレている状態です。

 

筋肉が付いている両端の骨がズレていたら間に付いている筋肉はそれだけで張りや捻じれが生まれてしまいます。

 

筋肉だけに働きをかけるだけでなく、まずは身体の歪みや骨のズレを整えていき、そこから筋肉に対してアプローチをかけていくようにしていかないと、早期に治すことは難しいですし、再発もしやすいです。

 

エミタス整体では、筋肉にある感覚受容器に「特殊な働きかけ」をすることで自律神経を整え、過緊張を起こしている筋肉を緩めていきます。

関節のズレが整い、更に筋肉が緩むことで痛みを軽減させていきます。

また、固まっている場所の動きがスムーズになり、望ましくない姿勢や動作も修正することができます。

治療に関しての注意点

× 画像

 

 

四十肩・五十肩は通常8回~12回の施術で改善していきます。しかし治療を始めても、日常生活を何も変えずにいると

数ヶ月から数年単位で治療が必要なこともあります。そして、焦ってしまうと症状が悪化してしまうなんてこともあります。

 

治療で大切なのは治療を長い目で続けていくということ、また肩の状態を常に把握し、焦らずゆっくりと行っていく。これが治療で最も大切なことです。