ホーム > 適応症例 > 鵞足炎

鵞足炎を最短で治す。
本当の原因と治療法。

あれ?痛くない!
鵞足炎の3つの本当の原因と
早期に改善させる方法とは?

ジョギング

 

あなたはこのような症状でお悩みではありませんか?

 

チェック 膝が痛くて歩くのもツラい
チェック 階段の上り下りが苦痛
チェック 正座ができない
チェック トイレでしゃがめない
チェック 落ちたものを拾うのも一苦労
チェック あぐらをかくのもツラい…

 

もしかしたら、その膝の内側に起こるツラい痛みの正体は「鵞足(がそく)炎」かもしれません。

膝の内側に起こる、しつこい痛み…。この不快な症状を引き起こす鵞足炎は、スポーツ選手に多いのですが、スポーツなどまったくやっていない方にもみられるのが特徴です。

 

 

歩くだけで膝の内側が痛むのは、毎日使う膝だけに本当にツラいですよね。

注射を勧められている…もしくはすでに注射をしているけどなかなか痛みがとれないという方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

でもご安心ください。膝の内側の痛みを引き起こす原因が必ずあるのです。

 

 

その原因が改善されれば、鵞足炎は必ず改善されます。

鵞足炎の改善に注射は必要ありません。

 

目次

  1. 1. 鵞足炎が回復した患者様の声
  2. 2. 鵞足炎の本当の3つの原因とは?エミタス整体で鵞足炎が早期回復する理由
  3. 3. 鵞足炎についてもっと詳しく
  4. 4. 鵞足炎の痛みを引き起こすメカニズムとは?
  5. 5. 鵞足炎になりやすい人の特徴やスポーツとは?
  6. 6. 鵞足炎の一般的な治療法とは?
  7. 7. 鵞足炎のQ&A

 

「鵞足炎」という症状名は、あまり聞きなれないかもしれませんが、膝の内側の痛みでお悩みの方は思いのほか多くいらっしゃいます。初期段階では、膝関節部分に痛みを感じ、何となく膝が曲げづらい、伸ばしづらいといった違和感から始まります。

はじめは簡単に治ると思い放置したり、湿布や自分でマッサージを繰り返しているうちに鋭い痛みになり、日常生活の様々な場面で痛みを生じるようになります。

 

 

膝周辺の筋肉の緊張が強い場合は、膝を完全に曲げたり伸ばしたりするのが困難になることもあります。

 

 

その状態でランニング、ジャンプやステップを伴う運動、スポーツや普段の生活を続けていくと次第にその活動中に膝の内側が痛むようになります。

 

 

鵞足炎の症状は、X線撮影(レントゲン)やMRIで確認できない場合があり、病院などでは異常なしと診断されてしまうケースも多いようです。

 

 

また鵞足炎の症状が悪化すると鵞足の内側でクッションの役割を果たす「鵞足滑液包」(がそくかつえきほう)に炎症が発生します。

つまりこの症状が「鵞足滑液包炎」いわゆる「鵞足炎」ということになります。

 

 

炎症が起こることで患部は腫れ、少しの刺激でも痛みが生じる正体になります。

症状が進行するとじっとしていても痛むようになり、当然ながら普通に日常生活を送るのも困難な状態になってしまいます。

「変形性膝関節症」を引き起こす可能性もあるため鵞足炎を治療しないまま放置し続けるのは危険であるといえるでしょう。

 

 

でも大丈夫です。鵞足炎は必ず改善します。ご安心ください。

 

 

そこで、鵞足炎でツラい思いをしてるあなたのために

エミタス整体ではこのホームページをご覧いただいた方限定で、初回料金を特別価格で施術させていただくことにしました。

新初回限定キャンヘ゜ーン2980円

 

理由は一つです。たくさんの患者さまに伺うと、「エミタス整体に通うまで1人で悩んでいた。」という声がたくさん上がってきたからです。

 

 

まずは一歩を踏み出し、私たちと一緒に鵞足炎のツライ症状も、改善していく嬉しい過程も共有できたらいいなと思っています。

 

 

鵞足炎を治すためにはまずその原因を知ることが大切です。

 

 

このページにはあなたの鵞足炎が治るために必要なことが書かれています。

しっかり読んでいただいてから、電話かメールにて通いやすい院に予約のお問い合わせくださいね。

 

 

※ご予約の際には「鵞足炎の初回割引のページを見ました」とお伝えください。

東京飯田橋院 03-5213-4868

埼玉川越院  049-257-5715

メールでお問い合わせの方はこちら

 

1. 鵞足炎が回復した患者様の喜びの声

ツラい膝の内側の痛み、どうやったら治るのだろう…と不安な毎日だと思います。エミタス整体には、何件も通ったけどそのしつこい痛みがなかなか改善されないという方が遠方からもいらっしゃいます。

 

鵞足炎が回復された方の声の一部を掲載いたします。みなさま今のあなたと同じように膝の内側の痛みでお悩みでしたが、当院の施術により回復されています。

 

あなたの今後の治療の指針になれば幸いです。

 

◆痛みもなくなり体のバランスも整えてもらいました

■53歳 女性 O.M様より

鵞足炎OMさん患者様の声画像

>>「鵞足炎・患者様の声 Oさん」はこちら

 

一ケ月後には走れるようになり間に合わないと思っていた大会にも出場

福島在住 男性 N様より

患者様の声 鵞足炎 男性 N

福島で陸上競技をしています。自分はけがするまで、自分の体と向き合うこともなくただ練習すればいいとケアを怠っていました。

その結果右ひざ内側の違和感に気づかず、ただ歩くのもくるしいわで悪化してしまいました。・・・

>>続きは「鵞足炎・患者様の声Nさん」をどうぞ

※個人の感想であり、成果などを保証するものではありません。

 

2. 鵞足炎の3つの本当の原因とは?
エミタス整体で鵞足炎が早期回復する理由

エミタス整体 飯田橋院内写真

 

■鵞足炎を引き起こす3つの本当の原因とは?

 

鵞足炎だからといって、必ずしも膝だけが原因とは限りません。では痛みを引き起こす本当の原因はどこにあるのでしょうか?

 

 

実は足首のズレや股関節が原因であったり、昔の足関節の捻挫が影響していたり、人によっては、腰痛が症状の一因になっていたり、背骨や骨盤のゆがみが関連していたりと、根本を探れば原因は人それぞれ異なっているのです。

 

 

①骨盤の歪みが原因となっているケース

膝の内側の痛みなのに骨盤?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。骨盤(仙腸関節)が歪んでしまうと股関節が影響を受けます。それにより股関節が歪んでしまい、膝にも負担がかかってしまうのです。もちろん膝だけでなく膝の下にある足首もズレてしまっている人がたくさんいらっしゃいます。X脚の方は鵞足炎を発症する可能性が高いので、特に注意が必要です。

 

 

②足首のズレが原因となっているケース

昔の捻挫が鵞足炎に影響を及ぼすことが実はとても多いのです。足首を捻挫すると外くるぶし(腓骨)が下がってしまい、そのままになってしまっている場合があります。足はたくさんの骨で形成されています。外くるぶしが下がったままになることにより、その足の骨(距骨)もズレてしまい、足に本来あるはずの「アーチ」が潰れてしまうのです。

足首のズレが膝に影響を及ぼし、それが股関節、骨盤を歪ませてしまい、体のバランスが崩れる原因となります。

 

 

③自律神経の乱れが原因となるケース

また意外に思われるかもしれませんが、自律神経の乱れが原因になっている場合もあるのです。オーバーワークであったり、睡眠不足が続いていたり、不規則な食生活であったり精神的、身体的なストレスであったり…と様々な要因で自律神経が乱れ、緊張状態が続くと、それと連動して筋肉も緊張して硬くなってしまうのです。それにより足首周りや骨盤の筋肉も硬くなってしまいます。

 

 

私たちの体は一部のバランスが崩れてしまうと、それに影響を受け体全体のバランスが崩れてしまうのです。

 

 

■エミタス整体で鵞足炎が早期回復する理由とは?

 

当院では、鵞足炎の痛みを引き起こしている骨盤や股関節の歪みであったり、関連している筋肉の硬さなどを、その根本原因をしっかり探り独自の方法により様々な歪みを調整し、その歪みにより過緊張を起こしてしまった筋肉を緩めていきます。

また皮膚や筋肉へのソフトなアプローチにより、自律神経のバランスも整えていくことができるのです。

 

 

それにより、鵞足炎のツラい症状が改善されていくのです。

湿布などで痛みが収まったとしても、本当の根本原因を改善させないと、再発を繰り返すことになってしまいます。

 

 

では、なぜ体や骨が歪んでしまうのでしょうか?

体を歪ませてしまう原因は、実は普段の生活での体の使い方であったり、クセなども大きく影響しているのです。そういったことをどれだけ意識していけるかということも、鵞足炎の早期回復のためにはとても大切になってきます。

 

 

エミタス整体では、鵞足炎のツラい「痛み」を引き起こしている原因を根本から改善し、あなたが再び安心してスポーツや運動を楽しめるように、また日常生活を快適に送ることができるよう全力でサポートいたします。

 

 

普段から気を付けてほしいことや、セルフケアなどもお伝えしておりますので、ぜひ日常生活に取り入れてくださいね。

 

エミタス整体

東京飯田橋院 03-5213-4868

埼玉川越院  049-257-5715

メールでお問い合わせの方はこちら

 

3. 鵞足炎についてもっと詳しく

そもそも「鵞足」って普段なかなか聞くことのない言葉ですよね。少し専門的になりますが、鵞足炎に関係する筋肉等について説明したいと思います。

鵞足というのは、膝の内側部分にある腱の付着部(骨に付いている部分)の呼び名で、その位置関係により「浅鵞足」「深鵞足」と呼ばれる2つがあります。鵞足炎はこの2つの鵞足部に何かしらの異常が発生してしまうのです。

 

>>鵞足炎の浅鵞足・深鵞足や関連する筋肉について詳しく知りたい方はこちら

    

4. 鵞足炎の痛みを引き起こすメカニズムとは?

鵞足炎の痛みを引き起こすメカニズムとはどういったものなのでしょうか?

膝の曲げ伸ばしをする際、膝が内側へ入る動作(外反)や膝から下を外側にひねる動作(外旋)で、まず鵞足と「内側側副靱帯」(ないそくそくふくじんたい)の摩擦が生じます。ちなみに内側側副靱帯というのは、太ももの骨とすねの骨とを結ぶ靭帯のことです。

鵞足炎・内側側副靭帯

鵞足と内側側副靱帯の間には、その摩擦ストレスから腱を守る鵞足滑液包があります。

 

>>鵞足滑液包について詳しく知りたい方はこちらへ

     

5. 鵞足炎になりやすい人の特徴やスポーツとは?

同じようにスポーツや運動を続けても、鵞足炎になる人とならない人がいます。その違いは一体何なのでしょうか?鵞足炎になりやすい人の場合、以下のような特徴が見受けられます。

▼X脚
スネが外側に向いたまま膝が内側に入ってしまい、文字通り脚が「X」のような形になってしまっている状態をX脚といいます。これは正式には「外反膝」とも呼ばれ、常に膝が外反している状態です。

鵞足炎は外反の動作が発症要因となるので、X脚の方はそれだけで既に鵞足炎を発症しやすくなっているといえます。当然ながら、X脚の状態で激しいスポーツや運動を行なえば、より一層、鵞足炎の発症リスクが高まります。

 

▼身体が硬い
動きがぎこちなかったり、何かと筋肉が緊張しがちな人は、鵞足を構成する筋肉も硬くなりやすいため鵞足炎を発症しやすいといえます。

これには、精神的に緊張しやすい人も含まれます。実はメンタルの状態も筋肉の硬さに大きく影響するのです。極度の緊張や不安で太ももなど関連する筋肉が固くなれば、やはり鵞足炎の発症リスクは高まってしまいます。

 

▼姿勢が悪い
足を組んで座る姿勢や猫背などの悪い姿勢が癖になるほど、骨盤のバランスが崩れていきます。

鵞足に関連する筋肉は骨盤と繋がっているので、普段の何気ない体の使い方が、骨盤の負担を大きくしてしまいそれに比例して鵞足炎を引き起こしやすくなってしまう場合もあるのです。

 

▼変形性膝関節症を患っている
鵞足炎と変形性膝関節症はどちらも膝の痛みが主な症状であり、密接な関係性があります。

痛みが発生する箇所は、鵞足炎の場合は膝関節の表面部分、変形性膝関節症は深層部分というようにそれぞれ異なっていますが、それでも同じ膝関節で起こる症状なので、変形性膝関節症を患っている方は合併症として鵞足炎も引き起こしやすくなっています。

変形性膝関節症を発症する時点で、既に膝関節にダメージがあるということですから、鵞足炎の発症リスクはかなり高いといえます。

 

逆に、鵞足炎にならない人の場合は、スポーツなどで膝関節に負荷がかかってもその疲労が抜けやすい状態にあります。

正しい姿勢で動作を行い、筋肉にも柔軟性があるなら、あらゆる場面において身体が受けるストレスを逃がしやすくなっているので、もともと膝関節や鵞足にもダメージが蓄積しにくいのです。

 

 

また、体の使い方等により鵞足炎を発症しやすいといわれているスポーツがあります。

 

>>鵞足炎を発症しやすいスポーツについて詳しく知りたい方はこちら

     

6. 鵞足炎の一般的な治療とは?

鵞足炎になってしまうと、とにかく痛みを軽減したいがために、よくある一般的なケアを行う方がいらっしゃいます。

ネット上でそういった一般的なケアを勧めている情報も見られますが、それにより鵞足炎の根本原因が改善されるわけではないので、行う場合は注意が必要です。

 

  • アイシング
  • ▶テーピング
  • ▶サポーター
  • ▶マッサージ
  • ▶ストレッチ

>>詳しくはこちら「治療によくある誤解」をどうぞ

これらのうちアイシング、テーピング、サポーターによるケアは、いわゆる対症療法と呼ばれるものです。

対症療法は一般的なケアですが、それによって鵞足炎の症状が改善することはありません。

もし症状がでなくなったとしても、根本の部分で改善していなければまた鵞足炎を発症してしまいます。鵞足炎は、再発の可能性が極めて多い疾患なのです。

 

鵞足炎の症状を改善し尚且つ再発も防ぎたいのなら、対症療法よりも根本療法による治療をおすすめします。

 

  

7.鵞足炎のQ&A

鵞足炎の患者様からよくご質問いただく内容です。ぜひ参考にしてください。

 

Q1.治療期間はどれぐらいかかりますか?

 

鵞足炎の症状やお体の状態は一人として同じではありません。一概に何回ですとは断言できませんが、数回で改善される方もいらっしゃればもう少しかかる方もいらっしゃいます。

治療期間はみなさま気になるところではあると思いますが、個人差が大きいところでもあるのです。まずは問診や検査等でお体の状態をみさせてただき、その際に治療期間などもお伝えしております。

 

 

Q2.再発を繰り返しているのですが…

 

当院では鵞足炎の原因は、体や骨の歪みであったり、それに伴う筋肉の過緊張により引き起こされていると考えます。このためいくら膝の内側に湿布や注射などで痛みをブロックしても、その根本原因が改善されない限りはいったん痛みがおさまったとしても、また再発を繰り返すことになってしまいます。

まずは、鵞足炎の症状を引き起こしている根本原因がどこなのか、そこを見つけ出すことが再発を繰り返さないためにはとても大切なことなのです。

 

 

Q3.痛みがある間は休んだ方がいいですか?

 

できれば痛みが強い間は、ランニングなどの過度な運動はお休みしてください。その方がトータルで考えると治療期間は短くてすみます。

ただ部活などでスポーツやっている方などは、大切な大会前であったり、部活最後の大会であったり…とそれぞれのご事情もあるかと思います。

その場合は運動しながら改善させていく方法などもお伝えしております。

 

 

Q4.自分でできるストレッチがあれば教えてください。

 

太ももの裏の筋肉やふくらはぎのストレッチが有効です。足首をゆっくりまわすことも効果があります。

ご自分でストレッチをする場合、勢いよくやらない、痛みがでるまで伸ばさないことを気を付けてください。

ハムストリングストレッチ

 

鵞足炎でお悩みの方は、ぜひ一度エミタス整体へお電話かメールでお問い合わせくださいね。

 

エミタス整体

東京飯田橋院 03-5213-4868

埼玉川越院  049-257-5715

メールでお問い合わせの方はこちら

 

平成30年10月更新