ホーム > 適応症例 > ジャンパー膝

ジャンパー膝を改善し、1ヶ月以内に競技復帰する方法

その膝の痛み、あきらめてはいませんか?

スポーツをする中で、走ったり、ジャンプしたり、という動作は基本です。

しかし、どんな基本動作も過ぎてしまえばスポーツ障害の原因となってしまいます。

「ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)」とは、ジャンプを頻繁に行うことによって起きる、スポーツ障害の一種です。

膝の痛みは、スポーツ時だけでなく日常生活を送る上でも辛いもの。
「ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)」の原因や治療法を正しく知ることで、確実な痛みの解消につなげていきましょう。

あなたはこんな症状ですか?

☑バレーボールやバスケットボールなどの最中に膝を痛めてしまった
マラソンやランニング中に膝が痛くなる
サッカー中のキックやダッシュが辛い
体操や新体操の跳躍、着地動作中、膝に痛みが伴う
陸上競技(幅跳び、走り幅跳び)中に膝が痛む
膝のお皿辺りが痛い
階段を上り下りすると、膝下が痛む
ジャンプをすると、膝に激痛が起きる
整形外科に通ってみても、一向に膝の痛みがよくならない

☑膝の痛みが長期間続いている

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)はどうして起こるの?その原因とは

 

ランニングやジャンプといった、膝の曲げ伸ばし動作を頻繁に行うことで発症のリスクが高まります。

仕事などで一日に何度も階段の上り下りをしたり、長距離を歩くような場合も注意が必要です。
具体的には、以下の原因が挙げられます。


[
膝の使い過ぎ]

膝のお皿の下にある「膝蓋靭帯(しつがいじんたい)」は、太ももの前面の筋肉につながっています。

ランニングやジャンプの準備として膝を曲げると、この太もも前面の筋肉が引っ張られると同時に「膝蓋靭帯(しつがいじんたい)」も引っ張られます。

そして、ジャンプの瞬間になると、引っ張られていた「膝蓋靭帯(しつがいじんたい)」は元の長さに戻ります。
こうした太ももの前面の筋肉と「膝蓋靭帯(しつがいじんたい)」の過度な収縮が繰り返されることで、「膝蓋靭帯(しつがいじんたい)」に傷がつき、炎症が起こるのです。

[膝の筋肉不足]

運動不足や加齢により膝の筋肉が衰えると、その分「膝蓋靭帯(しつがいじんたい)」への負担も大きくなります。

運動の習慣があまりない人が急に長時間の運動を行った場合には、それだけ「ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)」のリスクも高まります。

「ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)」になりやすい年齢は、通常10代~20代と言われていますが、この場合は、高齢者の方も注意が必要です。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の具体的な症状について

ここでは、症状の軽い方から重い方まで、4段階に分けてご紹介します。

[
1段階]
運動の後に膝の上や下に痛みを生じますが、ストレッチや日常生活には支障がないので、見過ごしてしまうことも少なくありません。

[
2段階]
運動を始めたばかりの時や運動後に痛みを感じますが、運動すること自体は可能なレベルです。


[
3段階]
膝の痛みがひどく、運動ができない状態。日常生活にも徐々に支障が出てくるため、早期の治療が求められてきます。

[
4段階]
歩くだけでも膝が痛い。症状が進むと「膝蓋靭帯(しつがいじんたい)」の断裂が起こります。

この段階になるとスポーツはもとより日常生活を送ることもままならなくなるため、回復には適切な治療が必要です。


その治療法、間違っていませんか?

「ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)」という診断名は分かったものの、何か月も痛みが引かない。

病院や整骨院へ通ったり、自分でもいろいろなセルフケアを試してみたけれど、一向に膝が楽にならない。

むしろ痛みが引くどころか、増している気がする。こうした時は、間違った治療法を行っている可能性があります。

[必ずしも効果的とは言えない治療法]

・ただ安静にしている

・むやみなテーピングやサポーターの使用

・ストレッチや筋トレ

・アイシング(湿布などで膝を冷やす)

・痛み止め薬やサプリメントの服用

・マッサージや指圧

・病院等で行う電気治療


誤った治療法を行うと、かえって膝の痛みがひどくなったり、症状が慢性化してしまうような結果につながります。

エミタス整体では、患者様のお体の状態に丁寧に耳を傾け、本来患者様ご自身が持っている自然治癒力を引出し、根本的な膝治療を行っていきます。


これ以上悪化させないために

「ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)」の主な原因には、太ももの前面の筋肉と「膝蓋靭帯(しつがいじんたい)」の過度な収縮が挙げられます。


太ももの前面の筋肉の動きに伴い、「膝蓋靭帯(しつがいじんたい)」が引っ張られることとなりますが、

その力があまりに強いと「膝蓋靭帯(しつがいじんたい)」がその力に耐えられず、痛みや炎症が起きてしまうのです。


そこで、まずは固くなった太ももの前面の筋肉を柔らかくほぐしていくことが必要になりますが、ストレッチなどでは、なかなか筋肉をゆるめることができないのが実情です。

それは、痛みがある時に無理なストレッチなどを行うと、かえって筋肉が抵抗をして、固い筋肉がますます固くなってしまうからです。

「ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)」になりやすい人には、普段から筋肉が緊張を起こしやすい動きをしている人が多いことも特徴です。

猫背で背中が丸くなっていたり、お尻が下がってしまうような姿勢になっていませんか?

エミタス整体では、こうした姿勢や普段の動き方がスポーツ時にも影響しているととらえ、当院独自の治療を行うことで、「ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)」に伴う膝の痛みを解消します。


ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の改善に向けて

ストレッチなどの痛みを伴う治療法が逆効果とするならば、果たしてどのような治療が適切なのでしょうか。

「一度は痛みが和らいだのに、しばらくしたらまた痛くなってきた」という場合は、普段の動作や姿勢に問題がある可能性が考えられます。

エミタス整体では、神経と筋肉の双方に働きかける治療を行うことで筋肉の硬直を緩和し、痛みを取り除いていきます。

膝のお皿の周辺やお皿の中の固い筋肉に対してもアプローチを行うことで、二度と痛みを繰り返すことのない、根本治療を実現します。

さらに、日常の動作や姿勢、スポーツ時の練習方法についても具体的なアドバイスを行い、患者様の健やかな生活をサポートします。

「痛みが完全になくなったので、またスポーツが楽しめるようになった」「膝が動かしやすくなったことで、毎日の生活が快適になった」

そうした状態になるまで、当院では患者様と徹底的に向き合い、しっかりとした施術を行って参ります。
時には、厳しいアドバイスをすることがあるかもしれません。

しかし、それもひとえに患者様の早期回復のためと思っております。

「ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)」は、けっして治らない症状ではありません。

適切な治療を行い、一日も早い回復を目指していきましょう。


ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、回復のその先へ。

「階段の上り下りがつらい」「膝の痛みでスポーツが楽しめない」「歩く度に膝が痛む」
今のあなたの膝は、そのような状態かもしれません。

痛みや動きづらさをストレスに感じていらっしゃる方もいるかもしれません。

それでも、「このつらさを何とかしたい」というお気持ちで、ここまで読み進んでくださったことでしょう。

「ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)」は、原因をきちんと把握し、適切な治療を行えば、確実に回復する症状です。

エミタス整体にご来院いただいた患者様の多くが、あなたと同じような症状や悩みを抱えていらっしゃいました。

そして、たくさんの方々が当院での施術を通じ、快適な毎日を取り戻されています。
「膝の痛みが取れたことで、座ったり立ったりが楽になった」
「歩くこと、走ることが楽しい」
「また、前向きにスポーツに取り組めるようになった」

そうした快適な日常を送っていただくために、当院スタッフが全力でサポートします。
まずは、どうぞお気軽にご相談ください。

あなたの生活に笑顔をプラスする、「エミタス(笑み足す)整体」。それが私たちの役目であり、ミッションです。