ホーム > 適応症例 > 腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアを引き起こす本当の原因と効果的な治療法

腰椎椎間板ヘルニアとは?

「重い物を持ったら腰に激痛が…」「最近、脚がしびれるようになって辛い」など、腰を襲う突然の激しい痛みや、脚にしびれのような不快感があるなら、それは腰椎椎間板ヘルニアによるものかもしれません。

 

腰椎椎間板ヘルニアは、ぎっくり腰(急性腰痛症)の原因としても代表的な疾患で、初期は激しい痛みに襲われることもあります。

 

その激痛のせいでかなり不安になられる方も多いと思いますが、本当の原因を把握し適切な治療を施せば、腰椎椎間板ヘルニアは必ず改善します。

 

腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰椎椎間板ヘルニアの主な症状は以下になります。

・突然の激しい腰痛
・咳やくしゃみで痛みが悪化する
・腰だけでなく下肢にも痛みやしびれ
・慢性的な腰痛
・脚に力が入りにくい
・間欠性跛行
・排尿・排便障害

一般的に、腰椎椎間板ヘルニアはぎっくり腰などの急激な腰痛から始まることが多いようです。ただしその激痛はずっと続くわけではなく、しばらく安静にしていれば治まります。しかし急性腰痛が治まったとしても、症状自体が治ったわけではありません。

放置していれば、次第に慢性腰痛症へと移行していきます。悪化するほどにその痛みの範囲は広がり、やがてお尻周辺や脚にも痛みやしびれがでるようになります。また、筋肉の萎縮によって足に力が入りにくくなったり、痛みやしびれの辛さから歩いたり止まったりを繰り返す「間欠性跛行」と呼ばれる症状が現れることも。いずれ排尿や排便に障害がみられたら、それは重症のサインといっていいでしょう。

症状の出方には個人差がありますが、基本的に、病態が進行するほど徐々に症状が重くなっていく傾向が強いようです。

腰椎椎間板ヘルニアを発症すると、その不快な症状から、「立っているだけでも辛い」とか「座った状態から立ち上がるのが辛い」と訴える方もいらっしゃいます。腰や脚は、身体全体を支え体勢のバランスをとる重要な部位ですから、それが不調をきたすことで、日常生活に与える影響も大きくなってしまいます。

 

腰椎椎間板ヘルニアの原因

腰椎椎間板ヘルニアは、背骨の腰部分(腰椎)で、クッションの役割を果たす「椎間板」が変性することで発症します。通常、椎間板の中心部にはゲル状の組織「髄核」があり、その周りを「線維輪」と呼ばれる組織が取り囲んでいます。正常な状態ならばこれらが衝撃や負荷を吸収できるのですが、何らかの要因で限界を迎えると、圧力に耐えきれなくなり変性してしまうのです。

線維輪に亀裂が生じていたり、髄核が押し潰されていても、まだ髄核が飛び出すほどではない場合は椎間板性腰痛症、髄核や線維輪が飛び出してしまった場合を腰椎椎間板ヘルニアといいます。なぜそのように変性してしまうのかというと、一般的には次のようなことが要因になると考えられています。

・椎間板組織の老化
・遺伝

腰椎椎間板ヘルニアは、その椎間板の状態によってさらに4つのタイプに分けられます。

■脱出型
衝撃や負荷によって線維輪が損傷し、線維輪から髄核が飛び出してしまった場合は、この脱出型に該当します。組織が損傷するため痛みが強くでやすいのが特徴です。ただし、飛び出た髄核を免疫細胞が異物とみなして消滅させることもあるようで、比較的に回復しやすいという面もあります。腰椎椎間板ヘルニアで最もよくみられる病態とされています。

■膨隆型
髄核と線維輪がセットで丸ごと飛び出してしまうタイプです。組織の損傷はありませんが、それゆえに免疫細胞が機能せず、症状が長引きやすいという特徴があります。

■穿破脱出型
線維輪を飛び出した髄核が、さらにその先にある「後縦靭帯」をも突き破ってしまった病態です。脱出型と同様に、飛び出た髄核を免疫細胞が異物とみなして消滅させる場合があります。

■遊離脱出型
線維輪を飛び出し、後縦靭帯を突き破った髄核が、一部分離し脊柱管内の別の場所へ移動した病態です。これもまた、免疫細胞の働きによって自然消滅する場合があります。

このように、同じ腰椎椎間板ヘルニアでも病態は様々ですが、いずれも椎間板から組織が飛び出し、近くを通る神経を刺激することが痛みやしびれの原因となります。ちなみに、腰だけでなく下肢にも症状がでるのは、坐骨神経を刺激するためとされています。坐骨神経は腰から足の先にかけて通っているとても長い神経です。この神経が刺激されることで発生する痛みやしびれなどの症状は、「坐骨神経痛」とも呼ばれます。

また、排尿・排便障害が起こっているのなら、馬尾神経が圧迫されている可能性があります。馬尾神経は、その名の通り馬の尻尾のような神経の束です。とても重要な神経であるため、腰椎椎間板ヘルニアによってこの神経が圧迫されている場合は、それだけで重症とみられることがあります。実際、排泄がスムーズにできなくなったら、生活自体が困難になってしまうのは言うまでもないでしょう。

5つの椎間板によって変わる病態

人間の背骨は約30の椎骨で形成され、そのうちの5個が腰椎となっています。腰椎は上からL1、L2、L3、L4、L5と呼ばれ、それぞれの椎骨間でクッションの役割を果たす椎間板は、例えばL1とL2の間ならL1/2と表記されます。ちなみに「L」は腰椎を意味する英語「Lumbar」から取ったもののようです。また、L5の下は仙骨(Sacrum)なので、その間の椎間板ならL5/Sとなります。

腰椎椎間板ヘルニアは、各5箇所の椎間板のうち、どの椎間板が変性するかによっても症状が異なります。

■L1/2の椎間板ヘルニア
腰の上あたりや、太ももの前、内側に痛みがでやすいとされています。また、太ももの前や内側に、しびれや筋肉の萎縮がみられ、特に膝を伸ばす筋力の低下に注意が必要なようです。

■L2/3の椎間板ヘルニア
腰から背中、股関節周辺、太ももの前や外側に痛みがでやすいとされています。太ももの前や外側に、しびれや筋肉の萎縮、そして膝を伸ばす筋力の低下などがみられます。

■L3/4の椎間板ヘルニア
お尻から太ももの後ろや外側、足首に痛みがでやすいようです。また、足の背屈がしにくくなるというケースもあります。

■L4/5の椎間板ヘルニア
仙腸関節から股関節、脚の外側や足指まで、広範囲にわたって痛みやしびれが起こります。足の親指に力が入らなくなったり、足の背屈がしにくくなるという例もみられます。

■L5/Sの椎間板ヘルニア
お尻の真ん中や太ももの裏側、ふくらはぎ、かかとから足裏、足指に痛みやしびれが起こります。また、つま先で立ったり歩いたりするのが困難になるようです。

腰椎椎間板ヘルニアで圧倒的に多いのがL4/5とされています。腰を曲げる際の支点であるため、負荷がかかりやすいのかもしれません。基本的に、下であるほど体重による負荷もかかりやすく、椎間板が傷みやすいといわれています。

 

<h3>腰椎椎間板ヘルニアを引き起こす本当の原因</h3>
椎間板の老化が進行したからといって、誰もが必ず腰椎椎間板ヘルニアを発症するわけではありませんし、発症したとしても、必ず痛みやしびれが起こるわけではありません。腰椎椎間板ヘルニアになって症状がでる人とでない人、その違いは何なのかというと、そこには筋肉の過緊張が関わっています。

筋肉はゴムのような組織で、緊張すると縮む性質があります。筋肉が縮んで硬くなると、その付着部の骨を引っ張ってしまい、変性を促してしまいます。つまり、本当の原因は筋肉の硬化にある、ともいえるのです。ではどのようなことが筋肉を過度に緊張させてしまうのかというと、その要因としては以下のようなものが考えられます。

▼肉体的ストレス
重労働や激しいスポーツなどでのオーバーユースの他に、悪い姿勢をする癖や、連日の睡眠不足なども、筋肉を過剰に緊張させる要因となります。

▼化学的ストレス
アルコール、タバコ、食品添加物なども、蓄積することで筋肉へ過剰なストレスを与えます。また、水や空気の汚染などもこれに含まれます。

▼精神的ストレス
極度のプレッシャー、怒りや悲しみ、様々な恐怖症や心配性など、精神的なストレスも全身の筋肉に大きな影響を与えます。

こういった様々なストレスが積み重なることで筋肉が硬くなっていき、腰椎椎間板ヘルニアの発症リスクを高めてしまうのです。逆に、筋肉が常に柔軟性を保ち、あらゆるストレスに対応できれば、椎間板の老化が進行してもある程度は筋肉が補ってくれますし、発症しても痛みを感じないというケースもあります。

腰椎椎間板ヘルニアを治療しないまま放置すると

腰椎椎間板ヘルニアの多くは急性腰痛から始まり、やがて慢性腰痛へと移行していきます。治療をしないまま放置することで、症状は徐々に悪化していき、痛みやしびれに加え、排尿・排便障害などもでるようになるでしょう。間欠性跛行が頻繁に起こり、ほとんど歩けないような状態になってしまう可能性もあります。

腰椎椎間板ヘルニアを放置したせいで症状が悪化し、以下のようなお悩みを抱えている方がいらっしゃるのも事実です。

・痛みが続くせいであまり眠れない
・痛みのせいで長く座っていられない
・脚に力が入らず、すぐ転んでしまう
・足の感覚がなく、上に上がらない

痛みも辛いですが、下半身麻痺の状態になってしまうと、生活自体が困難なものになってしまいます。腰に違和感のある方や、ぎっくり腰をやってしまった方、あるいは「腰椎椎間板ヘルニアだけどもう諦めてる」という方も、症状がさらに進行してしまう前に、なるべくお早めに治療を受けられることを強くおすすめします。

 

腰椎椎間板ヘルニアのよくある誤解

腰椎椎間板ヘルニアを早く治したいからといっても、安易にいろいろな方法を試すのはおすすめできません。それが正解といえる治療法ならいいのですが、なかにはあまり正しい方法とはいえないものもあります。具体的には、以下のような対処法は注意が必要です。

▼アイシング
筋肉は冷やすことでより緊張し、硬くなってしまいます。また、血の巡りも悪くなるので、身体が一生懸命に血流を送り患部を治そうとしている働きをも阻害してしまうことになります。アイシングは、症状を改善するどころか、逆に悪化させてしまう危険性があるのでおすすめできません。

▼痛み止め
湿布や鎮痛薬などの痛み止めは、一時的な効果しか期待できません。痛みが消えたからといって、決して治ったわけではないのです。また、痛みを感じなくなることで無理にでも動けてしまうため、そういった意味でも危険であるといえます。

▼腰痛ベルト
コルセットや腰痛ベルトといった補助器具もまた、症状を根本から改善するものではありません。また、長期間装着し続けると、その状態で筋肉が付いてしまい、いざ外したときに全身の筋肉のバランスが崩れてしまっている可能性もあります。

▼マッサージ
腰椎椎間板ヘルニアの状態では、マッサージを受けるとダメージになってしまう危険性があります。元気なときなら問題ないのですが、異常が発生している身体にとっては刺激が強すぎるのです。

▼ストレッチ
ストレッチに関しても様々な情報が発信されていますが、それらは不特定多数に公開しているもので、あなたの身体に合ったストレッチ法とは限りません。自己流で行うのも危険です。

▼手術
病態や進行度合いによっては手術が有効な場合もありますが、安易に選択するべきではありません。「手術をしたけど治らない」という方が実際におられるのも憂慮するべき点です。高額な費用を支払ったのに結果がでない、なんてことになれば、後悔してもしきれないほどでしょう。

これらは、安易に信頼してはいけない治療法といえます。もちろん、実際に効果があり治ったのならそれでいいのですが、残念ながら、いろいろな治療法を試した結果まったく効果がなかった、という方が少なからずいらっしゃるのが現状です。

エミタス整体での治療方法

エミタス整体では、腰椎椎間板ヘルニアの治療を随時承っております。エミタス整体で提供するのは、決して一時的ではない、症状を根本から改善するための施術です。筋肉の緊張をゆるめ、血流を良くし、自律神経のバランスを整えることで、本来人間に備わっている自然治癒力を最大限にまで高めます。筋肉が柔軟性を保ち自然治癒力が正常に機能する、ストレスが抜けやすい身体を手に入れてみませんか?

治療当日は、まず患者さんの状態を把握するため、カウンセリングや問診、検査を入念に行います。腰椎椎間板ヘルニアは、腰椎のどの部分の椎間板が異常をきたしているかによっても症状が異なりますし、腰椎の疾患だからといって腰周りだけが原因とは限りません。別の部位に根本原因が潜んでいる場合もあるのです。患者さんごとに、調整が必要な箇所を適切に把握することが重要となります。

施術が開始されたら、楽な姿勢でリラックスしていただいて構いません。整体といえばバキバキと音を鳴らす痛そうな施術をイメージする方もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心ください。エミタス整体で提供するのは、とても優しいオーダーメイドの施術です。事前に患者さんの状態を把握したうえで行うので、無理な刺激を与えるようなことはいたしません。

施術終了後は、生活習慣についてのアドバイスや、患者さんのお身体に合ったストレッチなど、自宅でできるセルフケアについて指導させていただきます。症状をできるだけ早期に改善するためにも、ぜひ参考にしていただければと思います。

エミタス整体では、適応範囲外と判断した場合には施術をお断りさせていただくこともあります。逆にいえば、当院で治療が開始されたのなら、それは症状が必ず改善するということです。無理に治療を長引かせるようなこともありませんので、初めての方でもぜひ安心してご来院ください。

 

腰椎椎間板ヘルニアの治療に関する注意点

少なくとも治療継続中は、重労働や激しいスポーツなど、腰に負担をかける運動は避けましょう。痛みやしびれなどの症状がでている時点で、身体はすでに悲鳴を上げています。そんな状態でさらに筋肉にストレスを与えたら、当然ながら治療効果は充分に発揮されません。可能ならば、休養をとるなどしてなるべく安静に過ごすことをおすすめします。

ただし、ある程度症状が改善されてきた場合は、無理のない範囲で、少しずつでも適度な運動をするよう心懸けましょう。ずっと寝たきりのような過ごし方では筋力が著しく低下してしまい、かえって症状の悪化や再発を招きます。過度の安静もまた、身体にとっては毒なのです。

また、生活習慣が乱れているのなら、積極的に改善していくことも大切です。完治したとしても、その後また同じように身体にストレスを与えるような生活をしていたら、症状が再発するリスクが徐々に高まってしまうでしょう。具体的には、以下のような点に気を配るようにしてください。

・充分な睡眠をとる
・栄養バランスの良い食事
・お酒やタバコは控える

夜はしっかりと身体を休め、食事では必要な栄養素をバランス良く摂取するということが、自律神経にも好影響を与えます。自律神経は自然治癒力とも密接に関係しているので、体調を整え症状を早期に改善していくうえで、生活習慣の改善は必要不可欠なのです。

 

腰椎椎間板ヘルニアは、悪化するほどに症状が重くなり、且つ治りにくくなってしまう疾患です。しかし逆に、早期に発見し治療を行えば、その分、回復までにかかる期間も短くなります。腰に違和感を感じたり、痛みなどの症状がでた際は、なるべくお早めにエミタス整体までご相談ください。