ホーム > 適応症例 > モートン病

モートン病を引き起こす本当の原因と効果的な治療法

モートン病とは?

足の裏

 

 

「足の先が痛い!でもどこが痛いのかわからない」

「足裏の内側からしびれてくる」

 

足先や足の内側に原因不明の痛みやしびれがあるのなら、それはモートン病かもしれません。主に足の人差し指、中指、薬指の間に「ピリピリ、ジリジリ」と刺すような痛みが走る症状です。しびれや、患部に塊があるような違和感を覚えることもあります。

 

 

 

モートン病はマイナーな疾患であるため、病院へ行っても原因がわからず、誤診されてしまうことがあります。医師にすらあまり知られていない疾患なのです。でも、だからといって諦める必要はありません。

 

 

痛みやしびれは、身体からのSOSのサインです。

 

 

身体が不調をきたしているのなら、そこには必ず原因があります。本当の原因を把握し、治療によってその根本を改善することで、モートン病は必ず治ります。

 

 

 

モートン病の症状

モートン病は、足指間に痛みやしびれを伴う末梢神経障害であるとされています。ちなみに、1876年にトーマス・G・モルトンによって発表され、モートン病(モルトン病)と名付けられたそうです。主な症状は、次の通りです。

 

・足の中指と薬指の間が痛む
・足の人差し指と中指の間が痛む
・つま先立ちをすると足裏が痛む
・歩いていると足指や足裏がしびれる
・ハイヒールを履いていると痛みがでやすい
・足指の間にコブ状の腫れがある

 

モートン病の特徴として代表的なのが、足の”人差し指・中指・薬指”それぞれの間に集中して痛みがでるという点です。その痛みは、まるで電気が走ったかのような鋭いものから、ズキズキするような鈍い痛み、灼熱感を伴う痛みまで人によってさまざまです。

 

 

 

歩いているときや、幅が狭く窮屈な靴(ハイヒールなど)を履いているときに痛みがでやすいようです。また、バレエや社交ダンスなど、ダンサーの方でつま先や前足に荷重がかかり続けている場合にもでやすい症状です。発生しやすい環境としては、フローリングなど硬い床の上です。ダンサーの方で特に、ふとももが鍛え上げられたタイプの方で大腿四頭筋を過剰に使うことが引き金となり、足先や足の内側に原因不明の痛みやしびれが発生するのもモートン病の特徴です。

 

 

 

また、モートン病を患うと、足指の間がコブ状に腫れてくることがあります。これは「モートン神経腫」と呼ばれるもので、一種の腫瘍です。ただし悪性腫瘍ではなく、癌化しない良性腫瘍であるとされています。

 

 

 

モートン病の原因

モートン病の原因はまだあまり解明されていませんが、一般的には、神経が圧迫されることで発症し痛みやしびれを引き起こすと考えられています。足の指は、「深横中足靭帯」によって繋ぎ止められており、その間を「指神経(趾間神経)」と呼ばれる感覚神経が通っています。

 

 

 

そしてその周囲でクッションの役割を果たし、様々な衝撃や負荷から足を守っているのが「滑液包」と呼ばれる組織です。また、足の中指と薬指の間には、指神経が交錯する「神経腫」が存在します。

 

 

 

■モートン病発症のメカニズム
外部からの何らかの刺激に滑液包が耐えられなくなると、まず滑液包が炎症を起こします。その炎症が指神経を圧迫してしまい、痛みやしびれなどの症状を引き起こすケースが多いようです。つまり、滑液包炎がモートン病につながるということです。

出典:自由が丘ひばり整爪院様

 

 

 

また、足の中指と薬指の間が腫れているのなら、それはモートン神経腫かもしれません。神経の塊である神経腫が圧迫されることで、神経腫そのものが肥大化しているのです。このように、モートン病は神経が圧迫されることで引き起こされますが、これらの神経は感覚神経と呼ばれるものです。そのため、少なくともモートン病だけが原因で機能障害が起こることはないとされています。

 

 

 

■どんなことがモートン病につながる?
モートン病になる要因として最も代表的なのが、普段履いている靴です。幅が狭く窮屈な靴であるほど、モートン病の発症リスクは高くなります。幅の狭い靴を履くことで足指同士の間隔も狭くなり、神経が圧迫されやすい状態になってしまうのです。

 

 

 

また、足のオーバーユースが足指や足裏に過度の負担を与えて、モートン病の発症につながる場合もあります。スポーツや趣味のマラソン、移動量の多い作業などで、特に急激に運動量を増やした際に症状が現れたら、それはオーバーユースが原因かもしれません。

 

 

 

モートン病になりやすい人

一般的に原因がはっきり解明されていないモートン病ですが、それでも人によって、なりやすい条件というのも実はあります。以下に当てはまる方は注意が必要かもしれません。

 

 

 

■扁平足(偏平足)
扁平足とは、足の裏が平らで、土踏まずがほとんどみられない足のことを指します。歩く際に、通常、体重が親指側へ移動するはずが、人差し指・中指・薬指の付け根あたりで止まってしまい、モートン病の発症箇所となる滑液包や神経腫に負荷がかかりやすくなります。

 

扁平足

 

 

■外反母趾
幅の狭い靴などで圧迫されて親指の先端が曲がってしまい、その結果、親指の付け根が外側へ突き出てしまった状態を外反母趾といいます。親指が正常に機能しないため、体重移動が不安定になりやすくなってしまっています。

外反母趾_ の図

 

 

 

 

■内反小趾
内反小趾は、小指が親指側へねじれるように変形し、小指の付け根が外側へ出っ張ってしまっている状態です。これもまた、足裏のバランスが不安定であるため、モートン病を発症しやすくなっている状態といえます。

 

内反小趾_の図

 

 

■開帳足
本来、足指の付け根は、衝撃を上手く吸収するためにやわらかな横アーチを形成しているのですが、開帳足の場合、横アーチが崩れて平らに広がってしまっています。この状態で過剰な負荷が加えられると衝撃を上手く吸収できず、神経への圧迫も避けられないでしょう。

出典 :フットケアのことならドクター・ショール

 

 

 

■ハイヒール
実はモートン病は、女性の発症が圧倒的に多いとされています。その要因のひとつと考えられているのが、ハイヒールです。ハイヒールはつま先部分が非常に狭くなっており、しかもかかとが高くなっているため、余計に足指付近に負荷がかかりやすくなっているのです。

 

 

基本的に、土踏まずがなかったり、足指の変形によってアーチが上手く機能していない方は、モートン病など足の疾患を発症しやすいといっていいでしょう。また、現時点で足が正常だとしても、ハイヒールなど幅の狭い靴を愛用している方は注意が必要です。

 

 

 

足部アーチは、3つのアーチ構造があります。

 

・縦アーチ(内側)
・縦アーチ(外側)
・横アーチ

 

このアーチを変化させて地面の凹凸、傾斜に足部を適合させて立位を保持すると同時に、衝撃を吸収し運動エネルギーを身体の移動の推進力にしています。縦アーチ(内側)は、土踏まずの部分にあたります。アーチが足への衝撃を分散させます。

 

 

 

また、指で地面をけれるように足裏の足底筋膜を緊張させるようなシステムもあります。
縦アーチ(外側)は、ふくらはぎにある下腿三頭筋を効率よく作用させるために強固な構造になっています。 横アーチは、内外側の縦アーチの間に存在し、中足部と後足部の固定性と柔軟性に関与しています。

出典:bodycaremanual

 

 

 

モートン病を引き起こす本当の原因とは?

モートン病になりやすい条件に該当していたとしても、全員が必ずモートン病になるわけではありません。その原因の大元をたどっていけば、筋肉の硬化や身体のゆがみが絡んでいるケースがほとんどです。そしてそれらは、患部周辺だけにあるとは限りません。足指や足裏に症状がでているとしても、足だけが原因というわけではないのです。

 

 

 

例えば、股関節にゆがみがあれば下半身のバランスが崩れて足に余計な負担がかかり、足の筋肉を継続的に緊張させてしまいます。

出典 :滋賀大津気功ヒーリング様

 

 

 

過剰に緊張した筋肉は硬くなり、血流が悪化。充分に機能できなくなることで柔軟性を失い、衝撃や刺激への耐性が弱くなってしまいます。その結果、モートン病などの症状がでることになります。

 

 

 

基本的に、足の筋肉が硬くなっていたり、筋力が低下している人ほど、衝撃を吸収するためのアーチを上手く維持できず、オーバーユースにも足が耐えられなくなるのかもしれません。

 

 

また、そのような状態は足指も変形しやすくしてしまうでしょう。モートン病になりやすい人でも、日頃からしっかりケアをしていれば、筋肉の柔軟性や身体のバランスも正常な状態を保てますが、それをせず放置することで、発症リスクをより高めてしまうのです。

 

 

 

モートン病を治療しないまま放置すると

モートン病は、悪化するほどに痛みやしびれが強くなるといわれています。治療をせずに放置したままでいると、最終的には痛みやしびれのせいで歩けなくなってしまう可能性もあります。それまで当たり前にできていた行動ができなくなるというのは、とても辛いでしょう。

 

 

 

しかしそれだけではありません。モートン病を放置することで、その症状は徐々に全身へと広がっていきます。最初は足指や足裏だけにでていた症状が、脚全体から腰、首や肩などへも派生していく可能性があるということです。

 

 

 

また、持続する不快な症状は精神的にも悪影響で、自律神経のバランスを不安定にしてしまいますから、自立神経失調症につながる危険性もあります。

 

 

 

足は、身体全体を支えている部位ですから、足の疾患を発症しているということは、すでに身体のバランスが不安定な状態にあることを意味します。痛む足をかばって歩くうちに姿勢が悪くなり、腰痛も起こるようになった、というようなこともよくある話です。

 

 

 

モートン病を疑う症状が現れたのなら、痛みやしびれが他の部位へ連鎖してしまう前に、できる限りお早めに治療を受けられることをおすすめします。

 

 

モートン病のよくある誤解

モートン病の治療法は、誤って認識されている例も多々あります。なかには、症状の進行具合によっては効果のある治療法もあるかもしれませんが、必ずしも全ての治療法が正しいとは言い切れないのが現状です。

 

 

 

モートン病を早く治したいからといっても、焦ってはいけません。次の治療法をすでにやっているあるいは検討しているのなら、今一度考え直してみましょう。

 

 

 

▼テーピングやサポーター
テーピングやサポーターは補助的なもので、モートン病を根本から改善できるわけではありません。それどころか、痛みを感じにくくなることで無理にでも動けてしまい、それが症状の悪化につながる可能性があります。また、これらで補助した状態で筋肉が付いてしまうと、外した後に下肢のバランスが不安定になってしまうでしょう。

 

 

 

▼インソール
インソールもまたその場しのぎのもので、これだけで筋肉の柔軟性を取り戻せるわけではありません。足裏への衝撃や負荷はある程度軽減できますが、ただそれだけの補助用具なのです。靴に装着した状態に慣れてしまうのもある意味危険といえます。インソールがある限り、足は自身の機能を充分に発揮しようとしなくなるでしょう。

ヒールカップインソール画像

 

 

 

▼アイシング
筋肉は、冷やすと緊張して硬くなる性質があります。モートン病の場合、すでに足裏の筋肉が過度に緊張している状態なので、アイシングを行うことでさらに筋肉が硬くなり、血流が悪化してしまいます。身体の自然治癒力を弱めるような悪循環が続いてしまうので、アイシングはおすすめできません。

 

 

 

▼マッサージ
神経が圧迫されることで発症するのがモートン病なので、マッサージでさらに圧迫したり、刺激を与えるのは危険です。身体が元気なときなら問題ないのですが、そうでない場合、患部にとってマッサージは刺激が強すぎるのです。

 

 

 

▼ストレッチ
痛みやしびれがでている間は、ストレッチもおすすめできません。特に自己流で行うストレッチは、症状をより悪化させてしまう場合があります。ストレッチを行うのなら、担当の施術家の指示を仰ぎましょう。

 

 

 

▼手術
症状の進行具合によっては手術が有効なケースもありますが、安易に選択するのはおすすめしません。実際、手術をしたのに痛みが治らなかったという方もいらっしゃいます。

 

 

 

これらの治療法では、根本の原因が足以外にあった場合には何の効果もありません。一時的に治ったように見えても、やがて再発してしまう可能性が高いといえます。モートン病を治し、再発も防ぐためには、根本の原因を改善し筋肉の柔軟性を取り戻す必要があるのです。

 

 

エミタス整体での治療方法

エミタス整体では、モートン病の治療を随時承っております。エミタス整体で提供するのは単なる一時的な治療ではなく、根本療法と呼ばれるものです。

 

 

 

必要な箇所ごとに適切な働きかけを行い、筋肉の緊張をゆるめ、血流を良くし、自律神経のバランスを正常に整えることで、本来、人間が持つ自然治癒力を最大限にまで高めます。症状を引き起こしている要因を取り除き、自然治癒力が本来の機能を取り戻せば、モートン病は必ず改善していきます。その後はもう、足の痛みを気にせずどこへでも元気に歩いていけるようになるのです。

 

 

 

治療当日は、まずカウンセリングや問診、検査を入念に行います。モートン病に関しても、患者さん一人一人、それぞれに根本原因が異なっているのが当たり前です。患者さんごとに、身体全体をあらゆる視点から見て働きかけが必要な箇所を見極めることが大切なのです。

 

 

 

施術が開始されたら、後は楽な姿勢でリラックスしていただいて構いません。エミタス整体で提供するのは、そのまま眠ってしまう方もいるほどの優しい施術です。整体のイメージとしてありがちな、バキバキという音や痛みを伴うものではありませんので、初めての方もぜひご安心いただければと思います。

 

 

 

施術終了後は、必要に応じて、自宅でもできるセルフストレッチや、生活習慣についてのアドバイスなどを指導させていただきます。足の痛みやしびれに不安を感じているのなら、ぜひエミタス整体にお任せください。他の治療法では良くならなかったという方も、諦める必要はありません。

 

 

モートン病の治療に関する注意点

モートン病の治療を進めていくうえで、注意点があります。

 

モートン病を悪化させる要因のひとつが、幅の狭い窮屈な靴です。発症要因でもあるので、当然といえば当然ですね。もしそういった靴を常用しているのなら、少なくとも治療継続中はそういった靴を履くのは避けていただくのが無難です。

 

 

 

せっかく治療を施しても、靴によって足に過度の負荷を与えていては、完治までの期間もどんどん長引いてしまいます。これを機に買い替えてみる、ということでしたら、靴はなるべく慎重に選びましょう。モートン病に関しては、再発を予防するうえでも靴選びが重要です。具体的には、次のような靴は避けるべきです。

 

 

 

▼足先が狭くなっている靴
モートン病で最も避けるべき靴の特徴です。足指同士の間隔が狭くなり、神経を刺激してしまいます。足に力が入りにくくなって不安定になるため、足に関連する様々な疾患の発症リスクも高まります。

 

 

 

▼かかとが高すぎる靴
ハイヒールなどもそうですが、かかとがやたらと高い靴は、履いているだけで常に坂道を下るような姿勢になってしまいます。足先に過度の負担がかかるため、モートン病が悪化するのは間違いないでしょう。

 

 

 

▼サイズが大きすぎる靴
窮屈な靴がダメなら、逆にサイズが大きければいい、というわけでもありません。自分の足の大きさに見合っていない靴は、靴の中で足が安定せず、筋肉に余計な負担を与えてしまいます。

 

 

 

▼クッション性が強すぎる靴
クッション性や反発性が強い靴は、一見、足に優しいように思えますが、必要以上に衝撃を吸収してしまうと逆効果になります。人間本来の足の動きがしづらくなるのです。そして筋肉がそれを補おうとすることで、モートン病の悪化を招きます。

 

 

 

▼重い靴
重量のある靴は、それだけで足に負担がかかります。

 

 

靴を選ぶ際は、自分の足の幅に対し細すぎない靴を選択しましょう。ヒールの高さも3cmが限度だと考えてください。

 

 

他の注意点としては、治療継続中はなるべく安静に過ごすということが第一です。スポーツや重労働などは避け、治療に専念することで、より早期の改善が可能になります。生活習慣に気を配るというのも重要なポイントです。自律神経が正常に働くほど自然治癒力も高まるので、毎日充分な睡眠をとり、食事ではバランス良く栄養を摂取することを心懸けましょう。

 

 

 

モートン病は、放置するほどに悪化し痛みやしびれが強まりますが、逆に、早期に治療を行えばその分、完治までの期間も短くなります。「足が痛くて歩きづらい…」「足の指のあたりが腫れてきている」など、足に違和感を感じた際は、なるべくお早めにエミタス整体までご相談ください。