ホーム > 適応症例 > 坐骨神経痛

坐骨神経痛を最短で治す。
本当の原因とその治療法。

痛み止めの薬、注射、コルセット、マッサージ、安静・・・
残念ながら、これらの方法で坐骨神経痛のしびれや痛みが無くなることありません。

 

 

 

 「腰からお尻、太ももの裏、ふくらはぎ、足先までの、ビリビリと電気が走るような痛みとしびれ…30分と座っていられない」

 

OLのAさんはそう言って来院されました。

 

Aさんは一日中パソコンに向かって仕事をしています。

 

痛みとしびれの苦痛から姿勢を変えたり、正座をしたり、ボールをお尻の下に入れたりと

色々工夫していますが、なかなか落ち着いて業務に集中できません。

 

責任感が強いため、仕事に妥協も出来ないので毎日命懸けです。

 

仕事はやりがいもあり大好きですが、仕事中のしびれの強さを想像すると仕事に行くのが憂鬱になります。

 

何とかしようと、お医者さんでレントゲンやMRIを撮り、薬、湿布、電気治療、牽引、注射、、、言われたことは行っているが、一向に良くならない。

 

強い痛み止めの薬のせいで、胃もボロボロ。

 

マッサージに週3回通っていた時もありますが、マッサージの直後はスッキリするが数時間経つと、悪化しているような気がして通院するのを辞めました。

 

大好きなスポーツや登山も1年以上行っていない。

 

しかし、諦めないで下さい。

 

このような坐骨神経痛の方でも、ご自分の体の状態を正しく知り、本当の原因に沿った治療方法を取っていけば、必ず改善します。

 

そこで、坐骨神経痛で本当にツラい思いをしてるあなたのために

エミタス整体ではこのホームページをご覧いただいた方限定で、初回料金を特別価格で施術させていただくことにしました。

 

新初回限定キャンペーン広告画像

 

 坐骨神経痛は時間が経ってしまうとどんどん治りにくくなってしまいます。当院に来院される坐骨神経痛の患者さんは、長い間痛みや痺れに耐えていた方がとても多くいらっしゃいます。

 

 

ここでは、あなたの「坐骨神経痛」の症状を、最短で改善するために必ず知っておいて欲しいことを、くわしくご説明します。

 

このホームページを読むと

坐骨神経痛が、いままで何をやっても改善されなかった本当の理由が分かるようになり、あなたにとっての正しい治療法が見えてきます。最後までしっかりと読み進めてみてください。

 

しっかり読んでいただいてから、電話かメールにて通いやすい院に予約のお問い合わせをしてください。

 

そして、そのときにはあなたの症状をくわしく教えてくださいね。あなたのツラい痛みに真摯に対応させていただきます。

 

※ご予約の際には「坐骨神経痛の初回割引のページを見ました」とお伝えください。

東京飯田橋院 03-5213-4868

埼玉川越院  049-257-5715

メールでお問い合わせの方はこちら

 

 

現在の治療法を続けていても、坐骨神経痛が治らない場合治療法が間違っているかもしれません。

坐骨神経痛は必ず治ります。

 

しかし、坐骨神経痛を発症し、数ヵ月治療しても痛みがあまり変わってなかったり、あまり改善が見られない場合、

 

治療法が間違っていたり、あなたの身体にはその治療が合っていないかもしれません。

 

坐骨神経痛は正しい治療をしていけば、注射や痛み止めの薬などでごまかさなくても、ツラい痛みや痺れは無くなっていきます。

 

そして、薬などを長い期間飲み続けていると治りが遅くなってしまうことが多々あります。

 

また薬だけでなく、下記のような治療法は坐骨神経痛の治りを妨げてしまうものばかりです。現在このような治療法を行っていないか確認してみてください。

 

このような治療法は坐骨神経痛の治りを妨げる!

■鎮痛剤(ロキソニン、トラムセット、リリカ等)
神経障害性疼痛治療薬
筋緊張弛緩剤
血管拡張薬
外用薬(湿布、塗り薬としての消炎鎮痛剤)
ステロイド注射、ブロック注射
電気、低周波、レーザー治療
マッサージ
ストレッチ
コルセット
温熱療法
手術

これらの治療法で症状がよくならないという患者さんが、当院には多く来院されています。

痛みを抑える、血流を良くする、筋肉をゆるめる、ほぐす、温める、痛いところを固定する、手術で異常を取り除く、、これらの治療の目的もさまざまです。

上記の治療法が悪いとは言いませんし否定もできませんが、これらの治療法は、どんな症状何が原因で出ている症状なのか?ということは関係なく、同じアプローチしかしていきません。

 

ですから、あなたの症状を起こしている本当の原因が何なのかを考えた場合、これらは一時的に症状を抑えるための対症療法にしかなり得ません。


効果のない治療を長く続けていると、体が疲弊し、より緊張を強め、早期回復から遠ざかってしまいます。

当院では、お体の状態を注意深く検査しながら施術をしていくことにより、初回から効果を感じて頂ける方が非常に多いです。

通常5回から8回で日常生活に支障が無くなっていきます。

 

患者さん一人ひとりの坐骨神経痛の症状を起こしている根本の原因を見極め、無駄なく最短で完治させる道筋を示していきます。

 

現在まで坐骨神経痛が治らなかった原因

 

エミタス整体には、整形外科、病院、治療院をたくさん回り、どこへ行っても改善されず、クモの糸をもつかむ思いで来院される患者さんが多くいらっしゃいます。

 

「痛み止めを飲むと一時的にラクになるので、薬の効果が切れたらまた飲みます」と言う患者さんは多くいらっしゃいます。

 

しかし痛み止めの薬というのは、その場しのぎで痛みを誤魔化しているだけであり、坐骨神経痛は治っていません。

 

例えば、風邪を引いて熱がある人に、解熱剤を飲ませると熱は下がります。しかし熱が下がったからと言って風邪は治っているでしょうか?

 

解熱剤を飲んでいるから熱が下がり一時的に体が軽くなっているだけなのですが、これで「風邪が良くなった」と勘違いをし動き回ってしまったら、解熱剤が切れたころにはさらに風邪が悪化しているかもしれません。

 

坐骨神経痛に対して、痛み止めや注射を打つのも同じです。注射や薬を使い、痛みが無いからと言って、

根本の原因を治さず運動をしたり体に負担をかけてしまうと、坐骨神経痛を悪化、慢性化を加速させ治りづらくさせてしまいます。

 

坐骨神経痛をご自身で正しく理解しない限りは治りません

出典;http://soukaikan.jp/pages/cat2/000610.html

出典;http://soukaikan.jp/pages/cat2/000610.html

坐骨神経痛を一刻も早く治していくためにはご自身で、坐骨神経痛がどんな症状なのかを知っておく必要があります。

 

坐骨神経痛の症状や特徴も良く分からないまま、多くの治療院やお医者さんでで治療を受けても、時間とお金を無駄にしてしまう可能性があります。

 

お尻から下肢にかけて痛みや痺れ、ツッパリ感がある症状のことを坐骨神経痛と言います。

 

人によっては腰痛を伴う場合もあります。

 

坐骨神経痛は、病名ではなく病気による症状のひとつです。例えばインフルエンザにかかって咳が止まらないとしたら、病名はインフルエンザであって「咳」ではありませんね。


しかしインフルエンザでもなく、原因がわからない場合は「咳」が病名として扱われます。

坐骨神経痛の場合も同じで、椎間板ヘルニア等の原因がはっきりしていれば、その疾患による症状のひとつとして扱われます。

 

原因は何であれ、坐骨神経が何らかの原因によって圧迫されたり刺激を受けることで生じる痛みや痺れのことを総称して坐骨神経痛と呼ばれるのです。

 

坐骨神経痛は、坐骨神経が何らかの要因により圧迫され、痛みや痺れが出てきます。

一般的には、「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」「腰椎分離症」などの脊柱に問題があり、神経を圧迫し坐骨神経痛の症状を起こすと言われています。しかし、このような疾患があったとしても問題ありません。

 

エミタス整体独自の施術はこれらの症状の患者さん改善例も多いです。これらの症状もまず、関節のズレや歪みを治していく必要があります。特に仙骨や仙腸関節の歪みやズレを治していくことで改善していきます。

 

簡単に言ってしまうと、坐骨神経痛は、骨盤周りに歪みがあることにより、その周辺に付いている筋肉や靭帯が硬くなり坐骨神経を圧迫して症状を引き起こしているのです。

 

坐骨神経の圧迫を取り除くためには、過緊張を解かなくてはなりません。しかしマッサージやストレッチ等で柔らかくしようとしても、仙骨、仙腸関節の歪みやズレから来ているものですのであまり効果がありません。

 

 

エミタス整体では、筋肉にある感覚受容器に「特殊な働きかけ」をすることで自律神経を整え、過緊張を起こしている筋肉を緩めていきます。(FMT整体施術理論)

関節のズレが整い、更に筋肉が緩むことで痛みを軽減させていきます。

また、固まっている場所の動きがスムーズになり、望ましくない姿勢や動作も修正することができます。

 

むやみにマッサージやストレッチをして刺激を与えることで、余計に緊張を強くし、痺れや痛みを悪化させてしまいます。

もう坐骨神経痛で苦しむ必要はありません

坐骨神経痛イメージph

 

・片側の腰からお尻、太ももの裏、ふくらはぎ、足の先にかけてビリビリとしびれて痛い!

・歩くのがつらい、駅から職場までの間に、痛みと痺れで何回もしゃがみ込んでしまう。

・座っていると痛くなる、ずっと立っていなければならない。

・痛くて寝られない、どうやって寝たらよいかわからない。

・足の裏の皮が厚ぼったくなった感じがして不快である。


もう治らないかもしれない… この思考を今日限りで手放してください!

「この辛い症状から解放されて、集中力を最大限発揮して仕事も勉強もサクサクこなせるようになりましょう!」

「痛みやしびれに悩まされることなく、スッキリとした朝を迎え、夜もぐっすり眠れるようになりましょう!」

坐骨神経痛は改善法さえ間違えなけれは必ず改善される症状です。
当院ではそのお手伝いができます。

 

参考までに、これまで当院で施術を受けた方からのお手紙を紹介します。

患者さんからのお手紙

buchi

 

yamagutisann

 

%e5%b1%b1%e5%b4%8e%e3%81%95%e3%82%93

ここでは載せきれなかった患者さんからのお手紙を読みたい方はこちらをクリックしてください。

 

次は、あなたが良くなる番です。

 

坐骨神経痛が良くなった時のことを想像してみてください。

 

・痛みを気にすることなく思いっきり眠ってください。

・ゴルフやランニング、サイクリングを思いっきり楽しんでください。

・辛かったデスクワークや立ち仕事も集中できます。

・心から笑顔でいられます

 

痛みや痺れから解放され、一度しかない人生を思いっきり楽しんでください。坐骨神経痛は、体に適切な働きかけをすれば、しっかりと改善します。

 

あなたの症状を早期回復させていくために、時には厳しく指導をする場合がありますが、私たちはそれくらいあなたの症状に真剣に向き合います。ですから私たちを信じてついてきてください。

 

そして、あなたの本当の笑顔を見せてください。