今週末は絶好のお花見日和ですね。
日本の春といえば桜。桜といえばお花見ですが、実は桜は、見て楽しむ以外に、食材としても用いられています。

「桜って食べられるの?」と疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。でも、実は普通に食べられます。そして、あまり知られていませんが、桜には意外な健康・美容効果があるのです。

桜

桜の健康・美容効果

桜はただ美しいだけではありません。桜の花や葉には、健康・美容に効果がある、身体に良い成分が含まれています。

具体的にどんな効果があるのかというと、以下のような3つの効果があるとされています。

 

▼抗糖化作用

桜の花のエキスには、コラーゲンの糖化を抑制する作用があります。コラーゲンが糖と結びつき劣化してしまう糖化反応を防いでくれるのです。これはつまり、老化の予防に効果があるということです。

コラーゲンは、人間の体内の全たんぱく質のうち30%をも占める重要なたんぱく質です。健康や美容に欠かせない物質であることは言うまでもないでしょう。桜の花の成分がそれを守ってくれることで、美容的にも次のような効果が期待できるといわれています。

・肌荒れ予防
・乾燥肌の改善
・潤いアップ
・毛穴が目立たなくなる
・美白効果

 

▼コラーゲンの生成促進

桜の花の抽出物は、線維芽細胞のうち、コラーゲン格子形成を増加させる作用があるとされています。つまり、コラーゲンの生成が促進されるということです。コラーゲンの量が充実することで、肌のハリや弾力が保たれ、美肌を維持できます。

体内でのコラーゲン生成能力は加齢によって減少していってしまうので、美肌をずっと維持するためには外部から摂取することも必要です。桜の花には抗糖化作用もありますから、その役目としてはまさに適任ですよね。

 

▼抗酸化作用

老化を早めてしまう原因として酸化もよく知られていますが、桜の葉の成分がそれを予防してくれます。桜の葉に含まれるクマリンという成分に抗酸化作用があるのです。

また、桜の葉には抗菌作用もあります。皆さまご存知の桜餅に桜の葉が使われているのも、古くからの知恵といえるでしょう。

桜餅

 

桜の香りがもたらす効果

桜はそれほど香りが強くはありませんが、塩漬けにすることで香りが引き立つそうです。そして、その香りには次のような効果があるとされています。

・鎮静作用

・リラックス効果

・血圧を下げる

・喘息の症状緩和

・二日酔いの予防

満開の桜の下で日本人がお花見をしたくなるのも、そんな桜の香りに密かに惹かれているからなのかもしれませんね。

桜と女性

日本気象協会による2018年の桜の満開予想では、東北地方では4月下旬、北海道では5月中旬頃までがピークとなっています。お花見に行かれる方は、飲み過ぎにはくれぐれも注意しつつ、食に香りに、ぜひ存分に桜を楽しみましょう。

エミタス整体