スギ花粉

「今年の花粉症ひどい」「今年から花粉症になったという人が結構いる」という話をよく耳にします。日本国内で約25%もの人が発症しているとされる花粉症ですが、そのなかでも特によく知られているのが「スギ花粉症」ですね。スギ花粉症は、春に急増するスギ花粉を介して発症する疾患で、その患者数は2500万人にまでに上るとされているそうです。

しかし認知度が高い一方で、スギ花粉症のメカニズムや、どんな対策をすればいいのかなど、具体的なことはよく知らないという方も意外に多いのではないでしょうか?

今回、日本で最も発症数が多いとされるスギ花粉症の症状や原因、対策についてご紹介いたいと思います。

スギ花粉症の症状

スギ花粉症は、春に急増するとされている疾患です。医薬品事業を展開する協和発酵キリンの「花粉カレンダー」によれば、2月から4月までがスギ花粉のピーク、5月も要注意となっています。

以下が、スギ花粉症の主な症状です。

花粉症症状

・くしゃみ
・鼻水、鼻詰まり
・目のかゆみ、涙目
・咳
・肌のかゆみ

花粉症の一般的な症状としてくしゃみ・鼻水・鼻詰まり・目のかゆみ・涙目はよく知られてますよね。スギ花粉症の場合、さらに咳や肌のかゆみも加わるとされています。

こういった症状だけを見ると「たかが花粉症」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、悪化した場合は次のような症状が現れるケースもあります。

・喘息
・気管支炎
・頭痛
・発熱

これらのような症状がでるようになると、日常生活にも影響してしまうでしょう。一見、花粉症とは関係ないようにも見えますが、実は花粉症がこういった辛い症状を引き起こす場合もあるのです。

また、人によっては、一日中ずっと症状が続くことによってイライラや疲労感、思考力の低下や、外出する気がなくなるなど、精神的にも様々な影響を及ぼします。

スギ花粉症の原因・メカニズム

スギ花粉症は、スギ花粉をアレルゲンとする季節性アレルギー性鼻炎です。なぜ多くの人がスギ花粉症を発症するのかというと、次のようなものが主な原因と考えられています。

・アレルギー性体
・ストレスによる免疫低下
・遺伝
・大規模なスギ植林
・空気環境の変化

体質や免疫力の低下、遺伝は花粉症の身体的な原因といえます。スギ花粉症の急増については、農林水産省が1960年代から行ってきた、大規模なスギの植林が背景にあるようです。戦後復興のために推進したとの事ですが、ちょっと皮肉な話ですよね。

そして、アレルギー反応をさらに増幅させる要因といわれているのが、都市化による空気環境の変化です。車の排気ガスや工場の煙、光化学スモッグなどを毎日吸い込むことで、花粉症を発症させやすくしてしまうのです。

また、都市の地盤となっているアスファルトやコンクリートは、自然の土と違い花粉を吸着・分解しづらくなっています。当然ながら、大量のスギ花粉もそのまま飛散し続けます。

そんなスギ花粉が体内に入ると、具体的にどのような流れで花粉症に至るのでしょうか。以下にまとめてみました。

1.スギ花粉が目や鼻から侵入する
2.免疫システムが反応しIgE抗体を作る
3.IgE抗体が鼻・目粘膜の肥満細胞に付着
4.肥満細胞が花粉排除のため化学物質を分泌
5.花粉症の症状を引き起こす

花粉症メカニズム

肥満細胞が分泌する化学物質は、ヒスタミンやロイコトリエンと呼ばれるものです。これらの物質に鼻や目の粘膜が反応し、鼻水や鼻詰まり、くしゃみ、目のかゆみなどの症状を引き起こします。さらに人によっては、防御反応の一種として発熱を併発することもあります。

咳については、鼻で止められずさらに奥へ侵入した花粉に喉や気管支が反応したり、流れ込んで痰となった鼻水を排出しようとして起こるようです。

つまり、体内に侵入した花粉(アレルゲン)を免疫システムが排除しようとすることで引き起こされるのが花粉症というわけです。

スギ花粉症の対策方法

スギ花粉症には、どのように対処すればいいのでしょうか。煩わしい症状に悩まないようにするために、以下のような基本的な予防対策は知っておくべきでしょう。

▼外出時は完全防備
花粉情報をチェックし、花粉飛散量の多い日は、マスク・メガネ・帽子などで花粉に対しての防備を徹底しましょう。花粉が付着しにくいツルツルとした素材の服を着用するのも有効とされています。

▼帰宅時に手洗い・うがい・洗顔
まず玄関の外で衣服に付いた花粉を払い落とし、その後はさらに手洗い・うがい・洗顔で花粉を洗い流します。

▼窓やドアを閉めておく
花粉飛散量の多い日は、当然ながら窓やドアからも花粉が入り込んできます。油断は禁物です。

▼掃除をこまめに行う
花粉はもちろん、ハウスダストなども除去し、室内を常に清潔に保つことも大切です。

▼規則正しい生活を心懸ける
自律神経のバランスが乱れると免疫力の低下を招きます。不規則な生活は避け、食事ではバランス良く栄養を摂取し、睡眠を充分にとりましょう。

 

毎日、花粉飛散情報の気になるこの季節、自分にあった対策を見つけて、少しでも憂鬱さが和らげばいいですね。

エミタス整体