鵞足炎で膝の内側が痛むだけでなく、腫れてしまう場合があります。

その場合、鵞足や鵞足滑液包に炎症が起きてしまっている可能性があります。

■鵞足滑液包(がそくかつえきほう)

鵞足部・内側側副靭帯、鵞足滑液包
鵞足滑液包とは袋状の骨膜に少量の滑液が入った組織で、鵞足部分の腱と骨が頻繁に接触する部分に存在します。衝撃を吸収するクッションのような役割を果たし、常に鵞足や膝関節を守ってくれています。鵞足滑液包があることで、私たちの膝関節は余計な負担をかけられることなくスムーズに動かすことができているのです。

 

しかし膝の曲げ伸ばしが過剰に繰り返され、鵞足滑液包への刺激が限度を超えてしまうと、その衝撃が吸収できなくなることで鵞足や鵞足滑液包に炎症が発生し、痛みがでるようになります。

それに伴い滑液が過剰に分泌されることで鵞足滑液包が膨らみ、見た目にも患部が腫れ上がってしまうのです。

 

>>「鵞足炎」に戻る方はこちらへ