手のしびれを起こす原因は手根管症候群だけではありません。

「手にしびれがあるから」と手根管症候群と決めつけ、治療を進めていたら思うように症状は改善されません。

一体どんな疾患が、手根管症候群と似た症状を引き起こすのでしょうか?

 

・脳の疾患(脳卒中・脳出血・脳梗塞・くも膜下出血・脳腫瘍など)

脳は体の動作すべてに指令をだしていて、神経を支配しています。

脳の中で出血が起きていたり、血管が詰まったりしてしまうと、脳の細部まで血液が行き届かなくなり、脳機能がダメージを受けます。ダメージを受けた場所が手に関与する場所だと手にしびれが起きます。

しかし脳にダメージがあった場合、しびれのほかに、ろれつが回りにくくなっていたり、めまいや吐き気、運動障害などの症状もあります。

 

しびれ以外にも麻痺・ろれつが回らないなどの症状がありましたら、迷わず救急車を呼んでください。

・肩こり・首こり・血行不良

長い時間の間同じ姿勢をしていたり、よく重たいものを持つ方、そのような事が積み重なると、肩や首は血行不良になっていきます。

血行不良が起きると組織に老廃物が溜まってしまい、肩・首のコリや手のしびれを起こしてしまいます。

 

・頸椎の疾患(頸椎ヘルニア・頚椎症・頸椎後縦靭帯骨化症など)

首の骨がズレたり変形することにより首を通っている神経が圧迫されてしまいしびれが起こってきます。

手だけでなく肩や腕にも痛みや痺れが起こることが多い

 

 

・脊髄の疾患(脊髄腫瘍、脊髄損傷など)

脊髄は、脳と手や足など体のいたるところと連絡を取る役割をしています。

触れた感覚などの知覚、手足を動かすための刺激伝達や反射機能を支配している神経の大きな束です。

この脊髄に腫瘍が出来たり傷がついてしまうと、損傷した部位から下がマヒを起こしたり、軽いものだとしびれを起こしたりしてしまいます。

 

脊髄は日常生活を不自由なく送るうえで非常に大切な場所です。交通事故、スキー・スノーボードでのクラッシュなど首に大きな負荷が掛かかってしまうようなことは事前に防げるように注意が必要ですね。

 

そのほかこのようなことが原因でも痺れが発生していきます。

・自律神経障害

・末梢神経の圧迫(胸郭出口症候群・肘部管症候群など)

・内科の疾患(甲状腺機能低下症・糖尿病など)

・過度のストレス(環境の変化、薬の飲みすぎによるむくみ)

 

※手指にしびれが出る疾患を記載させていただきましたが、上記の症状が見られる場合は、病院で検査を受けてください。

 

 

>>手根管症候群のトップページにもどる

エミタス整体

東京飯田橋院:千代田区飯田橋1丁目8−9−301 03-5213-4868

埼玉川越院 :埼玉県川越市広栄町17−9 049-257-5715