地域によって差はありますが、スギやヒノキの花粉飛散量はまだまだ多い状態です。特にヒノキ花粉は、これからがピークとなる地域もあるでしょう。花粉症の方は今しばらく辛抱が必要かもしれません。

でも、花粉症でない方も油断は禁物です。なぜなら、花粉症であるかないかに関わらず発症する可能性のある、花粉皮膚炎という疾患が存在するからです。

花粉

花粉皮膚炎の症状

花粉皮膚炎とは、スギやヒノキ等の花粉が皮膚に付着することで起こる炎症を指します。季節の変わり目には肌が荒れやすいといわれますが、それとはまた少し異なるものです。花粉皮膚炎を発症すると、下記のような症状が現れます。

・肌荒れ

・かゆみ

・肌の赤み

・肌のヒリヒリ感

・湿疹

これらの症状は、目の周りや頬をはじめ、口元、あご、首などに現れます。酷い場合は顔全体に症状がでることもあるそうです。また、症状の度合いは花粉の飛散量に比例し、風が強い日は特に症状がでやすくなるといわれています。

花粉皮膚炎の原因とメカニズム

花粉皮膚炎の特徴としては、肌への花粉の付着が引き金になるという点が挙げられます。季節の変わり目に起こる肌荒れが紫外線や乾燥が起因であるのに対し、花粉皮膚炎はあくまでも花粉が原因なのです。

ただの肌荒れだと思い込んでいたら実は花粉由来の肌トラブルだった、なんてこともあるかもしれません。そこを勘違いしていたら、その肌荒れはなかなか治らないでしょう。

花粉がどのようにして肌の炎症を引き起こすのかというと、そこには人間の身体に備わった防衛機能が関係しています。

大量の花粉が舞っている状況で身を晒していると、露出した皮膚表面から花粉が何度も侵入することになります。そうするうちに免疫系が花粉をアレルゲンとして認識するようになり、ときに過剰なアレルギー反応を起こしてしまうのです。

花粉皮膚炎はそのアレルギー反応の結果として発症するものですが、花粉が付着したからといって誰もが花粉皮膚炎になるわけではありません。

一般的には、敏感肌や乾燥肌の人が花粉皮膚炎になりやすいといわれています。敏感肌や乾燥肌である場合、角層のバリアが弱いため、本来なら防げるはずの花粉の侵入を許してしまいやすいのです。
 
花粉皮膚炎は、花粉症ではない人でも発症する可能性があるとされています。それまで花粉症とは無縁だったとしても、「最近肌が荒れやすい気がする」なんて方は予防に気を配るべきかもしれません。

花粉皮膚炎の予防・治療法

花粉皮膚炎を予防、あるいは治療するにはどのような対策が効果的なのでしょうか。基本ともいえる一般的な方法をまとめてみました。

●肌を露出させない
まず重要なのは、花粉が皮膚に付着するのを防ぐことです。一度良くなったとしても、花粉が肌に触れれば花粉皮膚炎の再発を招くこともあります。外出時はなるべく肌の露出が少ない服装を選ぶほか、マスクやメガネなどを使用し花粉から肌を守りましょう。

●こまめに保湿する
花粉が皮膚表面から体内に侵入してしまうのは、肌のバリア機能の低下が原因です。こまめに保湿を行い、バリア機能を保ちましょう。花粉が付着しても、体内への侵入を阻止できれば花粉皮膚炎は予防できます。日頃のスキンケアはやっぱり大切ですね。

●付着した花粉を処理する
飛散量の多い日は、衣服等にも大量の花粉が付着しているはずです。帰宅時は、部屋に入る前に念入りに花粉を払い落としましょう。ちなみに、肌に付着した花粉もシャワーなどで洗い流せます。

●肌に刺激を与えない
洗顔料は敏感肌用のものを使い、肌への負担をなるべく抑えましょう。洗顔時は、しっかりと泡立ててから顔を洗うことで、洗浄力を維持したまま肌への刺激を軽減できます。

●処方薬
花粉皮膚炎を治したいなら、最も確実なのは皮膚科を受診することです。抗アレルギー薬やステロイド剤など、症状に適合した薬を処方してもらえます。特に、症状が重い場合は、迷わず医師に相談するべきでしょう。

花粉皮膚炎は、一見、防ぎようがない肌トラブルにも思えてしまいますが、対策を行えば行った分だけ、ある程度は予防できます。ネットやテレビで簡単にチェックできる花粉情報も参考にしつつ、飛散量の多い日はしっかりと肌をガードし、スキンケアを欠かさないようにしましょう。

 

 

参考

2019.4.9

エミタス整体