昨年12月頃から感染拡大が始まったとみられる新型コロナウイルスですが、まだまだ収束しそうな状態ではありません。国内や海外で増加した感染者数、亡くなった方の数、自粛の様子や経済への悪影響など、連日暗いニュースが報道されるなかで、コロナ疲れ(コロナ鬱)なんて言葉まで生まれています。

長期戦を覚悟しなければならない状況のなかで、どのようにコロナ疲れと向き合っていけばいいのでしょうか。コロナ疲れで起こりやすい心身の不調、解消法や対策などをまとめてみました。

コロナ疲れ?

コロナ疲れとは、文字通りですが、新型コロナウイルス関連の様々な騒動や自粛、あるいは報道によって心身がストレスを受け、疲弊している状態を指すようです。

国内や海外で日に日に増加する感染者と死者、有名人の感染などのショッキングなニュースを毎日見ていれば、恐怖や不安を感じるのも当然です。そういった感情も身の安全を守るうえである程度は必要ですが、過度の恐怖や不安は大きなストレスになってしまいます。

また、感染拡大にともない全国各地で自粛が呼びかけられています。楽しみにしていたイベントが中止になったり、不要不急の外出を控えることで、自宅に引きこもりがちになっている方も少なくないでしょう。こういった閉塞的な状況もまた、ストレスが溜まる要因になっているように思います。

さらに、自粛による経済へのダメージや今後の生活を考えれば、焦りや不安が強くなるのも仕方ありません。いつ終わるかもわからない先行きの見えない状況、というのは特にメンタルに悪影響を及ぼします。

日本産業カウンセラー協会(JAICO)によれば、このような状況は心身に様々な不調を起こす可能性があるそうです。

・疲れがとれない
・睡眠障害
・頭痛や腹痛
・抑うつ
・不安感
・肩こり
・イライラ
・意欲の低下

これらのような症状がうつ病にも似ていることから、コロナ鬱とも呼ばれているのかもしれません。

 

春はメンタルが不安定になりやすい

 

春という季節は、もともと気持ちが不安定になりやすいといわれています。その理由としてまず挙げられるのが、環境が変化しやすい時期であるということです。

4月に新年度が始まるにあたり、新学期を迎えたり、仕事の環境が変わったり、引っ越して新居での生活がスタートするなど、何かしら環境が変わる人は少なからずいらっしゃるかと思います。

環境が変われば人間関係も変化しますし、そういったなかで不安になったり、慣れない仕事で失敗してしまったりと、ストレスを感じることもあるでしょう。ちなみに、4月の環境の変化は5月病のきっかけになりやすいともいわれています。

また、気候に関しても、春は一年のうちで最も寒暖差が激しく、気圧が変動しやすい季節とされています。気温や気圧が変化すると、それに適応しようと自律神経が働くことでエネルギーを消耗しますから、無意識のうちに身体に負荷がかかりやすくなってしまいます。

環境の変化という点では、現在、恐ろしいウイルスがいつの間にか身近にまで蔓延しているという状況です。これは生活の根本が揺らいでしまうほどの大きな変化であり、このような突然生まれた状況が、余計にメンタルを不安定にさせやすくなっています。

 

気持ちを落ち着かせるには?

コロナ疲れを解消し、気持ちを安定させるにはどのようにすればいいのでしょうか。

まず基本として大切なのは、充分な睡眠をとることバランスの良い食事をとることです。睡眠や食事は免疫力を高めるうえでとても重要です。メンタル面においても、まずは身体が元気でなければ気持ちもポジティブにはなれません。

そのうえで、身体を動かすことはコロナ疲れの解消に効果的です。日中の身体的な活動はセロトニンの分泌を活性化し、気持ちを安定させてくれます。例え自粛の最中であっても、適度の運動は行うべきでしょう。外でのウォーキングやジョギングなどは、厚生労働省も「感染リスクは低い」としています。また、室内ならば、筋トレやストレッチでも気分転換できるかと思います。

 自宅で体操

コロナ疲れの予防という意味では、情報に振り回されないようにすることも大切です。もちろん、状況を把握するうえでニュースを見ることも必要ですが、テレビやネットにずっと張り付いていたら緊張が延々と持続してしまいます。

また、数ある情報のなかにはデマが紛れ込んでいる場合もあります。例を挙げれば、全国で発生したトイレットペーパーの買い占め騒動もまた、デマが拡散されたことで起こったものでした。正確な情報を得たいのなら、政府・医療機関の公式ホームページを見るのが最も妥当でしょう。

気持ちを落ち着かせるためには、あえて何も考えない時間をつくるということも大切かと思います。あまり外に出ずに済むような趣味に没頭したり、読書や音楽、映画鑑賞などを楽しむのもいいでしょう。自粛を機に、部屋の掃除や模様替えをするのも気が紛れるのではないでしょうか。全て悪いことばかりではなく、自宅にいるからこそできることもあるはずです。

 

家族で掃除

うがい、手洗い、免疫力の強化、咳エチケットなどにはしっかり気を配りつつ、前向きな気持ちで一日一日を乗り切っていきましょう。

咳エチケット

エミタス整体