スギ花粉

花粉飛散のピークである春は、花粉症の方にとっては辛い時期でもありますよね。花粉症といえば、その代表的な症状のひとつに鼻詰まりがあります。

鼻詰まりとは、文字通り鼻が詰まってしまう状態を指します。鼻詰まりになることで、呼吸がしづらくなったり、目の前の物事に集中できなくなるなど心身ともに不快な状態に陥ってしまいます。

春に限らず鼻詰まりは一年中起こり得ますが、そもそもなぜ鼻詰まりになってしまうのでしょうか。

鼻詰まりの原因

鼻詰まりは何らかの疾患が原因で発症するようです。またその際、くしゃみ、鼻水、鼻血、嗅覚異常、不眠などの症状を伴うことが多いとされています。

鼻詰まりの原因となる疾患としては以下がよく知られています。

■鼻炎
ウイルスや花粉などの異物が鼻に侵入すると免疫機能が働き、くしゃみや鼻水などの防御反応が起こります。

その際、鼻腔内の下鼻甲介と呼ばれる組織が炎症を起こし3〜4倍にまで肥大するため、鼻の中が狭くなって鼻詰まりになります。

風邪やインフルエンザウイルスなどが原因である場合は急性鼻炎、花粉症なら季節性アレルギー性鼻炎、ダニやハウスダストなどが原因なら通年性アレルギー性鼻炎と呼ばれます。

■副鼻腔炎
細菌やウイルスなど異物の侵入によって鼻の周りにある副鼻腔に炎症が起こる疾患です。

副鼻腔内では、通常は粘膜から粘液を分泌し、線毛という毛が鼻腔へと粘液を押し出しています。しかし炎症が起こるとそれが上手く機能しなくなったり、副鼻腔と鼻腔を繋ぐ管が塞がってしまい、異物や粘液が排出できなくなって膿が溜まり続けます。

その結果、鼻腔にも粘性の高い鼻水が溜まるようになり鼻詰まりなどの症状を引き起こします。

■鼻中隔彎曲症
左右の鼻腔の間にある仕切りは鼻中隔と呼ばれていますが、これはほとんどの人が成長過程で左右のどちらかへ湾曲していくそうです。

その度合いは人それぞれですが、湾曲が強すぎると鼻腔が部分的に狭くなり鼻詰まりの原因になります。

■鼻茸
副鼻腔の炎症が長引くと、鼻腔内に鼻茸と呼ばれるポリープができることがあるそうです。

当然ながら鼻の中が狭くなってしまうため鼻詰まりが起きやすくなります。

鼻詰まりを放置すると

鼻詰まりになると、息苦しくなってどうしても口呼吸になりがちです。そういった状態を放置していると、どのようなリスクがあるのでしょうか。

鼻は五感の嗅覚を担うほか、呼吸時に異物の侵入を防ぐフィルターの役割も果たしています

鼻詰まりになっても口で呼吸はできますが、口呼吸ではフィルターがないためウイルスや雑菌などの異物をそのまま吸い込んでしまいます。

当然ながら感染症などの発症リスクは高くなるでしょう。

また、鼻呼吸では吸い込む空気が加湿されるのに対し、口呼吸ではそのまま口の中が乾いてしまい、口内環境にも影響を及ぼします。

通常、唾液が口腔内を清潔に保つ働きをしていますが、乾燥すると唾液量が不足し雑菌が繁殖し放題になるため、虫歯や歯周病のリスクも高まるそうです。

睡眠時には、口呼吸によってのどの奥が狭くなるため、いびきが酷くなったり、睡眠時無呼吸症候群の原因になる可能性があることも指摘されています。

意外なリスクとしては、鼻詰まりによって耳にまで鼻水が流れ込むことで中耳炎を併発する場合もあるとのこと。鼻の最奥部にある上咽頭は耳管によって耳と繋がっているそうです。

鼻詰まりを解消するには?

鼻詰まりを解消するための最も簡単なセルフケアとしてよく知られているのが、ホットタオルなどで鼻を温めるという方法です。

温めることで鼻全体の血流が良くなるため、鼻が通りやすくなります。

また、面白い方法としては、片方の脇の下にボールやペットボトルなどを挟むと、その反対側の鼻の通りが良くなるそうです。

なぜこれが有効なのかというと、脇の下を通る交感神経が鼻甲介と繋がっているため、刺激することで鼻の血管を収縮させ通りを良くすることができるとのこと。

少し手間はかかりますが、鼻洗浄(鼻うがい)で直接、鼻腔内を洗い流すのも効果的かもしれません。現在では、専用のキットが通販やドラッグストアなどで簡単に手に入ります。

簡単にできる鼻詰まりの解消法をいくつかご紹介しましたが、これらはあくまで応急処置的なセルフケアです。

症状が酷かったり長期化している場合は、やはり専門の病院で医師の診断を受けるべきでしょう。

エミタス整体